就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働き子育ては時間がなく忙しい!家事の時短法とイライラしないコツ

共働き子育ては時間がなく忙しい!家事の時短法とイライラしないコツ

共働きで子育てをしている家庭では、「とにかく時間がなくて、家事が全然できない」と悩んだりイライラしたりする方は多いのではないでしょうか。今回は、共働き夫婦の子育ての毎日のスケジュールや、少しの工夫でできる家事の時短方法、イライラしないコツなどをご紹介します。

共働き子育ては忙しくて毎日が戦争!

1日のスケジュールについて

共働きをしながら子育てをする方は、とにかく忙しい毎日を送っていますよね。共働きで子育てを頑張っている友人に毎日のスケジュールを聞いてみました。

5:00  夫と自分のお弁当を作り、メイクなど自分の準備
6:00  夫出勤、洗濯機を回す
6:30  洗濯物を干す
7:00  子どもを起こして一緒に朝ごはん、子どもの保育園用意
8:00  子どもを保育園に送り、会社へ出勤
9:00  仕事
17:00  仕事終わり
17:30  保育園お迎え
18:00  夜ご飯作り
19:00  夫帰宅、家族で夜ご飯
20:00  子どもとお風呂
21:00  子どもの寝かしつけ、子どもが寝てから後片付けや、洗濯物をたたむ
22:30  自由時間
23:00  就寝

帰ってからは忙しすぎる

育児をしながら仕事をしているママの毎日は本当に忙しく、時間があっという間にすぎてしまいますよね。特に、仕事が終わって帰宅してからは嵐のように毎日がすぎていくのではないでしょうか。

仕事から帰宅してからは、料理や洗濯、掃除などやることが山ほど残っていることが多いですよね。家事をスムーズに進めていければよいですが、小さな子どもがいると「ママあそぼ~」「のど乾いた」など子どもに手がかかり、家事がなかなか進みません。

子どものお世話をしているとあっという間に時間がすぎ、「全然家事ができていない」と結局毎日時間に追われてしまう方も多いです。子どもを寝かしつけてから家事をすると「毎日寝るのが0時を回る」というママもいます。

体調管理はつねに気が抜けない!

共働き夫婦で1番大変なことが、子どもや自分の体調管理かもしれないですね。子どもが体調不良になってしまうと、保育園に預けられないので夫婦のどちらかが仕事を休まなければなりません。保育園によっては37℃の熱があると預ってもらえない所もあるので、子どもの体調管理は常に気をつけないといけません。

また、ママの体調を整えることも大切です。仕事と育児、家事で疲れている体は抵抗力が弱く、体調を崩しやすい状態です。子どもから風邪などがうつってしまうことが多いですが、職場からうつることもあるので、帰ってからの手洗い、うがいはかかせないですね。

仕事をしていると、子どもや自分の体調不良で休んでしまうと職場の方に迷惑がかかるので、体調管理はかかせないですね。

働くママがイライラしてしまうこと

時間がなくて全部中途半端に

働くママがイライラしてしまうことの一つに、「毎日時間がなくて仕事や家事、育児すべてが中途半端になってしまう」と悩むママは多いですよね。仕事・育児・家事全てを完璧にこなしたいのに、仕事をしていると家にいる時間が少ないので、なかなか上手くいきません。

友人は、毎日9時~17時までのフルタイムで仕事をしていて、育児と家事が中途半端になっている自分にイライラしてしまうそうです。家に帰ってからはやることが多くてバタバタしていると、子どもに「ママ遊んで」といわれ、少しだけ遊ぶそうです。しかし、すぐに夜ご飯を作らないと時間が間に合わないので、子どもとたくさん遊んであげられないと話してくれました。

夫の態度についついイライラ

共働き夫婦で、ママがイライラする原因が夫にある家庭は意外と多いですよね。夫婦どちらも働いているので、家に帰ってからは育児と家事を夫婦2人で協力しないと、どちらかの負担が大きくなります。最近では、育児や家事に協力する夫は増えてきてはいますが、まだまだママのほうが負担が大きい家庭は多いです。

共働き夫婦の家庭での不満を聞いてみると、夫に「お皿洗いをお願い」といっても「疲れているから」とあまり協力してくれなかったり、ママは育児と家事でバタバタしているのに、夫は仕事から帰ってくるとテレビやスマホを見て好きなことをしていたりと、ママに協力できていない方が多いことが分かりました。

共働き夫婦はどちらも仕事をしているので、夫婦が協力することが大切ですよね。

子どものしつけが上手くいかない

「子どもは自分の思い通りにはいかない」と頭では分かっていても、子どもの態度についイライラしてしまいますよね。本当は怒りたいわけではないのに、時間がないと「早く準備しなさい」と怒ってしまったり、疲れているときに子どもがふざけてばかりいると「うるさいから静かにして」と強くいってしまったりなど、後から後悔するママも多いのではないでしょうか。

働くママが子どものしつけでイライラすることが多いのは、朝の準備がスムーズにいかないときと、夜の寝かしつけに時間がかかったときが多いことが分かりました。朝の準備がスムーズに進まないと保育園に送る時間が遅くなり、仕事に遅刻する可能性があるので、ピリピリしてしまう方は多いのかもしれませんね。

家事や育児は泣きたいほどしんどい

とにかく家事の量が多くて大変!

子育てをしながら家事をするのは、自分のペースで家事が進まないため大変ですよね。そこに仕事が入ると、家事の量は同じなのに家事ができる時間が急激に減るため、ママの負担は増えてしまいます。

家事は大きく分けると料理・洗濯・掃除と3つに種類分けできます。しかし、料理だけでも朝ごはん作り・お昼ご飯又はお弁当作り・夜ご飯作りがありますし、毎回配膳や後片付けがあり、買い物にも行かなければなりません。また、小さな子どもは1人でご飯を食べられないので、ママが食べさせてあげないといけません。

洗濯や掃除も細かく分けるとすることがたくさんあり、家事の量は家族の人数が増えるほど多くなっていきます。この家事の量を毎日ママが1人でこなすのは大変なことです。

夫と家事分担できていないと悲惨  

先ほどご紹介したように、家事は細かく分ければやることがたくさんあります。共働き夫婦の家庭では夫と家事を分担しないと、ママは体力的にも精神的にも疲れてしまいます。

友人の話では、夫婦2人のときは家事はすべて自分が担当していたそうです。しかし、子どもが生まれて仕事復帰してからは、なかなか上手く家事が進まず、お皿や洗濯物がたまることも多かったと話してくれました。1人で全てをこなすのは限界がきていたため、夫にも協力するようにお願いしたそうです。

夫と家事を分担してからは、どちらかが子どものお世話をしているときに家事をすることができるので、スムーズに家事が進みストレスも減ったと話してくれました。

子どもの相手をするのがひと苦労

日中は両親が仕事で遊べないので、帰宅してからは子どもが遊んでほしくてママにベッタリくっついてくる子も多いですよね。子どもと遊ぶのには体力もいるので、仕事で疲れている体で「子どもの相手をするのが精一杯」と子どもの相手に苦労しているママも多いです。

また、子どものお風呂や着替えも大人のようにはスムーズにはいかないものです。なかなかお風呂からあがろうとしなかったり、服を着るのを嫌がって走り回ったりと、何をするにも時間と体力を使うため、子どもが寝た後はホッとする方が多いのではないでしょうか。

寝かしつけもママにとって大変な時間です。子どもは日中ママと離れているので、仕事が終ってからの短い時間では遊び足りていなくて、ぐずって寝ない子も多く苦労しますよね。

ココを見直そう!家事の時短方法  

ネットスーパーの活用

仕事をしながら育児と家事をこなしていくために、家事の負担を減らしていくことが大切です。特に、フルタイム勤務の方は、仕事が終わってからは保育園にお迎えに行き夜ご飯準備などに忙しいため、買い物にいく時間がとれない方も多いのではないでしょうか。

そのような方に便利なのが、ネットスーパー活用です。「ネットスーパーは値段が高いのでは?」と思う方も多いですが、最近では入会金や年会費が無料のものや、配達料金が安かったり、5,000円以上の買い物をすると無料になったりと、お手軽にネットスーパーがはじめられます。

また、前日の夕方までに注文すると翌日に配達されるなど、何日も前から注文する必要がないので、無駄な出費がなく必要なものだけを買うことができるので便利ですね。

掃除、洗濯は手抜きでも大丈夫  

仕事をしながらの育児と家事をこなしていくためには、家事に優先順位をつけて優先順位の低いものは手抜きするなど、完璧を求めないことも大切ですよね。全てを完璧にしようと頑張ってしまうと、イライラしたりストレスがたまったりして疲れてしまうので注意が必要です。

友人ママは、家事の優先順位が料理を一番にしているそうです。「どんなに疲れていても毎日料理は手作りで作って、家族に食べてもらおう」と自分で決めていて、帰宅すると料理から始めると話してくれました。

育児をこなしながらの家事は、料理と後片付けで1日が終わることもあるそうですが、「洗濯や掃除は明日でも大丈夫」と、少し手抜きするとストレスが減ってよいですね。

食器洗いは食洗器におまかせ

家事の負担を少しでも減らすために、食器洗いは食洗器で洗っているという家庭も多いのではないでしょうか。夫婦2人なら食器も少なく片付けやすいですが、子どもがいると洗い物がたくさん増えますよね。

食器洗いは意外と夫婦で喧嘩になる家庭も多く「いつも私ばっかり洗い物をしている」や「そのお皿はこっちに片付けて」など、どちらかの負担が増えたりやり方が違ったりすることもあります。そこで喧嘩になってしまってはお互いのストレスになり、夫婦仲が悪くなる可能性もありますよね。

夫婦の8割が共働きのフィンランドでは、男性も積極的に家事に参加しているそうです。フィンランドでは家庭に食洗器を置いている家庭が多く、家事を上手に時短しているそうですよ。

もうイライラしない!ストレス軽減のコツ

夫とたくさん話し合いをしよう

仕事と育児、家事に追われて、「最近イライラしてばかりいる」「疲れていてあまり最近笑えていない」など、ストレスが溜まってくると体と心に不調がでできてしまいます。そのようなときに1人で抱え込まないように、日ごろからたくさん夫と話し合いをするように心がけましょう。

「夫に話しても真剣に聞いてくれないし」と、話し合うこともせずに1人で頑張りすぎてしまうと、育児ノイローゼやうつ病などになってしまい、子どもに悲しい思いをさせてしまうかもしれません。家庭の問題は夫婦2人で協力し解決することが大切です。

日ごろから色々なことを夫婦で話し合うようにしていると、お互いがどう思っているのかが分かり協力もしやすいですよね。

自分の時間を作ってリフレッシュ

子どもが生まれるとママは特に1人の時間が無くなってしまいます。しかし、ママも1人の人間です。たまには自分1人の時間を作って心をリフレッシュすることも大切です。たとえば、夫の休みの日に1人で美容室や買い物に行くだけでも、よい気分転換になるでしょう。

友人は、月に何度か夫や母親に2~3時間ほど子供を預けて、カフェに行ったりお家でゆっくり休憩したりしているそうです。自分の時間を作ることで体の疲れがとれ、心もすっきりリフレッシュできて子どもや夫に優しくなれると話してくれました。

「子育てをしているから、子どもとずっと一緒にいなければならない」と思ってしまう方は多いですが、ママがリフレッシュして笑顔でいることが子どもにとっても嬉しいことですよね。

周りの人に相談し、助けてもらう

疲れがたまってくると、子どもや夫にイライラしてしまいあたってしまったり、ストレスを溜めすぎて育児ノイローゼになるママも少なくありません。そうならないためにも、周りの人に相談したり助けてもらったりして、ママの負担を減らしましょう。

友人は、育児休暇が終わり仕事復帰してからの生活が、育児と家事がなかなかスムーズに進まずイライラすることが多かったそうです。イライラすると子どもや夫に怒ってしまう自分が嫌で、母親に相談したと話してくれました。

相談してからは、母親が週に3日ほど夕方に子どもをみてくれるようになり、料理や掃除を自分のペースでできるようになって、イライラすることが減り助かっていると話してくれました。

まとめ

働きながら子育てと家事をこなしていくことは簡単なことではなく、「子育ても家事も全然完璧にできない」「誰かに助けてもらってばかりいる」と、自分が何もできていないように感じて、自信をなくしてしまうママは多いです。しかし、家事を手抜きしたり誰かに頼ったりすることは、恥ずかしいことではありません。

子育ては周りの協力なしではできるものではないので、家族や友達に頼ってママも子どもも楽しく毎日すごせることが何より大切です。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018