就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦のへそくり事情を知りたい!隠し場所や使い道と貯め方について

夫婦のへそくり事情を知りたい!隠し場所や使い道と貯め方について

多くのママが関心を持つお金にまつわる事情。今回はその中でも「へそくり事情」についてお伝えします。へそくりをしている夫婦の割合や金額、またママたちがパパや子どもに見つからないためにどんな工夫をして隠しているのか、どんなふうに貯めているのかなどをご紹介します。興味のあるママ、参考にしてくださいね。

夫婦のへそくり事情を知ろう

へそくりとは家族に内緒で貯めたお金

へそくりとはがんばってやりくりをして貯めた、家族に内緒のお金です。家族に内緒で、というのがポイントで、家族公認のお金はへそくりとは呼びません。

さて、この「へそくり」という言葉、一体いつごろから使われていると思いますか?ずっと昔、なんと古事記にその名が記載されています。

その当時、村の女性たちが内職として「綜麻(へそ)」を作っていました。綜麻は麻糸を巻きつけた糸巻きのことです。この綜麻を作ることを綜麻を繰る(くる)といい、内職で貯めたお金のことを「へそくり」と呼ぶようになったのだそうです。

別の由来もあります。昔はお金などを腹巻きに入れて持ち運んでいて「ヘソの奥から繰りだすお金」から転じて「へそくり」となったそうです。

夫婦の約4割以上がしている

へそくりをしているパパやママは、全体の何割くらいいるのでしょうか。20歳以上の既婚者1,000人に対して行われたアンケートから、夫婦のへそくり事情をご紹介します。

まずへそくりをしているパパやママの割合です。アンケートによるとパパやママのうち41.4%、実に4割以上の夫婦がへそくりをしていることがわかりました。

4割というと5人いれば2人はへそくりをしている計算になります。意外と身近なパパやママも、こっそり貯めているかもしれませんね。

また男女別でへそくりをしているパパやママの割合を見てみると、パパが38.6%、ママが44.2%となりました。ママの方がへそくりをしているケースが若干多いようです。

女性は男性の約2倍へそくりがある

へそくりをしている4割以上のパパやママは、どのくらい貯めているのでしょうか。先ほどと同じアンケートでへそくりの金額をご紹介します。

まずへそくりをしているパパやママの平均金額は約160万だそうです。がんばって貯めている印象を受けますが、下記の金額別の割合(抜粋)を見ると、多くの人が貯めている額はそれより少ないことがわかります。

へそくり金額:割合
10万円未満:23.6%
10〜50万円未満:26.5%
100〜200万円未満:15.0%

また男女別では、パパの平均が約102万円、ママが約211万円でママが約2倍となっています。これはママの方が将来を心配しがちで、パパの方が楽観的な傾向があるためといわれています。

キャッシュレスって便利。今の生活に77JCBデビットを!

PR

「キャッシュレス」と聞いて、お金の管理ができずに使い過ぎてしまうんじゃないかと、心配・不安に思う方もいるのではないでしょうか?今回は、宮城県の地方銀行「七十七銀行」の「77JCBデビット」を例にキャッシュレス決済の良さを紹介いたします。

へそくりを隠すのに適している場所

タンスやクローゼットの衣類の中

ママたちはどんなところにへそくりを隠していると思いますか?皆さんいろいろ工夫をされているようです。

よくある隠し場所として「タンスの中」が有名ですが、これは王道すぎて逆に見つかることも多いのだとか。そこでママたちは一工夫。タンスやクローゼットの「衣類の中」に隠すことで、見つかりにくくするのだそうです。

あるママは丸めたお札を布で包み、それを下着で巻いて隠しているそうです。「パパが私の下着をごそごそ荒らすことは考えにくいし、実際に長年見つかっていない」そうですよ。

そのとき着用しない、季節ものの衣類を利用するママもいます。夏はコートのポケット、冬は短パンのポケットなどです。これも確かに、パパに見つかりにくそうですね。

家族があまり入ってこないキッチン

「キッチン」も、へそくりの隠し場所としてママたちに利用されています。毎日使う場所であるため監視しやすいうえ、隠し場所も豊富です。パパがあまり料理をしないなら、なおよしですね。

具体的な隠し場所としては食器棚の奥や冷蔵庫などです。冷蔵庫はパパも利用する場所ですが、野菜室の底やシチューの箱の中など、工夫次第で見つかりにくくなりますよ。またパパがほとんど開けることがない床下収納を隠し場所にするママも多いようです。

パパが料理好きでも、普段あまり使用しない食器が入っている棚の奥などであれば、見つかりにくいですね。またママしか使わないような調味料、例えばクミンやグローブなどインド系の調味料の保管場所に隠しているママもいるようです。

通帳もなく見つかりにくいネットバンク

今の時代、ほとんどのママが利用しているスマホ。スマホを使ってネットバンクを開設し、へそくりを管理しているママも少なくないようです。

ネットバンクはインターネット上に口座を持つことができるので、スマホで管理が可能です。もしネットバンクを開設していることがばれても、暗証番号を教えない限り金額を知られることがない点も安心です。

また通帳が無いので「この通帳は何?」とパパに聞かれる心配もありません。キャッシュカードは必要ですが、ほかのカードと一緒に管理すればバレにくいでしょう。

ただし注意点として、入出金時に手数料がかかる場合があります。入出金で損をしないためにも、まとめて入金するなど対策をしているママが多いようです。

ママはへそくりをどんなことに使う?

病気などいざというときのため

コツコツと貯めたへそくり。あるアンケートでママたちにへそくりの使い方を聞いたところ「いざというときのため」が上位にあがりました。

あいまいな理由ですが、確かに生活をしていると「いざというとき」はつきものですね。

例えば家族が病気になったとき。治療費だけでなく通院の交通費やママが看病で忙しくなって外食が増えたときの補填など、お金は何かと必要になります。「保険だけではいざというとき不安」という気持ちからへそくりをするのかもしれません。

また「いざというとき」には、お給料が減ったり、万が一離婚をしたりしたときの用心も入っているようです。人生には色々な「いざというとき」があるので、不安を減らすためにへそくりをする気持ちはわかりますね。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事