就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

男の子の赤ちゃんに必要なお金。もらえるお金や必要な費用の紹介

男の子の赤ちゃんに必要なお金。もらえるお金や必要な費用の紹介

赤ちゃんを妊娠したり出産したりすると、今後どのようなお金がもらえるのか、子どもを育てるのにどれだけの費用が必要なのか気になるママは多いのではないでしょうか。男の子をもつママが気になる、この記事では、男の子だけ必要な費用や、男の子のほうが負担が大きくなりがちな費用についてご紹介します。

赤ちゃんの間にもらえるお金を知ろう!

申請を忘れないで!金額が大きい児童手当

児童手当とは、日本国内に住む0歳から中学校を卒業するまで(15歳を迎えたあと最初の3月31日まで)の児童を対象に、その児童を養育している人に対して国から支給される手当です。

3歳未満は15,000円、3歳以上小学校修了前までは10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は10,000円、所得制限の限度額以上の世帯では特例給付として5,000円が月額で支給されます。

ただし、子どもが生まれたら自動的に支給が始まるのではなく、お住まいの自治体の窓口にて申請をし、毎年「現況届」を提出する必要があります。

基本的に申請した月の翌月分からの支給となりますが、月末に出産し申請が翌月になってしまった場合は、出産の翌日から15日以内であれば、特例により申請月から支給されます。

地域で違いのある子ども医療費助成制度

「乳幼児医療費助成」「子ども医療費助成」など自治体によって名称は異なりますが、全国すべての市区町村において、子どもが一定の年齢になるまでは医療費の助成制度が設けられています。

小さな子どもは体調を崩すことが多いですから、医療費の負担が軽くなる制度があるのは安心ですね。

各自治体で行っている事業であるため、市区町村の財政状況や政策の方針によって、助成が受けられる子どもの年齢、通院や入院による違い、所得制限が設けられているかどうか、などの点において違いが見られます。

自治体で発行してもらった「子ども医療費助成証」を病院の窓口で見せれば、その場で医療費が減額される現物給付システムが一般的ではありますが、一旦支払ってから還付される場合もあります。お住まいの自治体の窓口やホームページで確認してみてくださいね。

あったらラッキー!自治体独自の補助金

お住まいの地域によっては、児童手当や医療費の助成以外にも、子育て世帯にとってありがたい制度が設けられている場合があります。

例えば東京都渋谷区には「ハッピーマザー出産助成金」という出産祝い金制度があり、なんと子ども1人の出産につき、最大10万円が受け取れます。

ほかにも第3子出産で100万円が給付される自治体や、妊娠中の健診費用の助成、特定の不妊治療への助成、子ども医療費の対象年齢の引き上げ、子育て応援券や割引券など、なにかしらの支援制度を設けている自治体は少なくありません。

子育てをしやすい環境を整えていくうえで、各自治体からのこのような補助金やサービスはありがたいものですよね。ぜひ一度自治体の窓口で確認してみてくださいね。

男女で違いのあるお祝いごととその費用

男の子の初節句。兜やこいのぼりの費用

お七夜、お宮参り、お食い初めなど、赤ちゃんが1歳になるまでには行事が目白押しです。初正月には「魔よけ」の意味をこめて破魔矢や破魔弓を贈る場合もあります。

男の赤ちゃんが生まれてからはじめて迎える5月5日を、初節句と呼びます。「端午の節句」や「菖蒲の節句」とよばれるこの習わしでは、兜(かぶと)、鎧(よろい)、武者人形、こいのぼりなどの「五月飾り」を飾り、男の子の健やかな成長や無病息災を願います。

五月飾りに必要な費用は、兜が3,000~200,000円、こいのぼりもベランダに設置する5,000円の小さいものから200,000円ほどの大きいものまで様々で、大きさや種類によって値段も大きく変わります。最近は飾る場所や収納スペースの関係で、小さいものが好まれる場合も多いようですね。

男の子の七五三。スーツや袴の費用

男の子の七五三は5歳で祝う場合、3歳と5歳の両方で祝う場合とあり、地域によって異なります。神主さんに祝詞をあげてもらうのであれば、初穂料として3,000円から10,000円を包みます。神社によって金額があらかじめ決まっていることがあるので確認しておくとよいですよ。

七五三の費用を左右するのが、スーツや袴の衣装代。写真館の撮影と衣装のレンタルがセットになった30,000〜50,000円ほどのプランが人気ですが、撮影日とお参りの日が別の場合には、着付け代などが別途必要なこともあります。ネット上でレンタルしたり、小物もすべてセットのものを購入したりする方も多いですよ。

子どもの衣装だけでなく、そのほかに写真代、親の衣装や着付け代、会食代なども必要となります。

男の子の成人式。成人祝いの費用

晴れて大人になったことを祝う成人式。スーツや袴といった衣装や写真代のほか、子どもに成人祝いを用意するのであれば10,000〜50,000円ほどが相場とされています。現金のみ、現金の額をおさえてプレゼントも一緒に渡す、など人によって様々です。

成人した子どもが大学生であれば、就職活動で使えるスーツやネクタイが喜ばれますし、社会人であれば高級ボールペンや名刺ケースが実用的でよいですね。そのほかにも印鑑、腕時計、アルコールなども人気ですよ。

ちなみに2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられます。しかし成人式の時期や在り方に関しては、法律による決まりがないため、今後どのような対応がなされるのか、まだ決まっていません。

男の子の方が負担が大きくなりがちなもの

成長するほどにかさむ食費、節約できる?

子ども1人につき数千万の教育費がかかるといわれています。少しでも節約して出費をおさえ、教育費への貯畜にまわしたいところですが、男の子を育てているママの頭を悩ませるのが年々増えていく食費です。個人差がありますが日々の食事の量や回数が増え、外食費もかさむようになります。

・数日から1週間分の献立を決めてから買い物に行く
・冷蔵庫にある食材や買いだめしてある備蓄品をメモして買い物に行く
・財布には10,000円ほどだけ入れていき無駄なものを買わない
・買い出しは週に1~2回にとどめる
・買い出し後に食材を下処理して冷凍し、食材を使いまわす
・業務用食料品店なども利用する

などの方法を駆使することで少しでも節約していきましょう。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版