就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 音楽が赤ちゃんの脳に与える影響。オススメの音楽や知育について

音楽が赤ちゃんの脳に与える影響。オススメの音楽や知育について

妊婦さんや赤ちゃん向けのコンサートがあるほど、音楽には赤ちゃんによい影響がたくさんあるといわれています。赤ちゃんの脳の発達のために音楽教育を早くから取り入れたいママやパパも多いのではないでしょうか?赤ちゃんにオススメの音楽や一緒に楽しめる知育方法を紹介します。

赤ちゃんにとっての音楽経験とは?

日常生活にあふれている音楽

日常生活の中は音楽で溢れています。家ではテレビから流れてくる音楽やママやパパがCDなどで音楽を聴くこともあるでしょう。ママやパパが歌ってくれたり、おもちゃやメリーから流れる音楽など様々です。

またお出掛けすれば、スーパーやお店では音楽がながれていることがほとんどですし、電車がくるときにまで音楽が流れます。車でお出掛けすればラジオやCDを聞くでしょう。

とにかく自然にたくさんの音楽が耳に入ってくる環境の中で、赤ちゃんはたくさんの刺激を受けています。

音楽にはよい影響が期待でき、赤ちゃんはテンポがよく高音の音楽を好みますが、たまにはオルゴールなど優しい音楽を聞かせ落ち着く時間を作ってあげましょう。

ママやパパが歌う子守唄

ママやパパが愛情を込めて歌ってくれる子守歌は赤ちゃんにとって最高の音楽で、これに勝る音楽はないのではないでしょうか。

最近では昔ながらの子守歌ではなく、ヒット曲や好きなアーティストの歌を歌うことが大半だそうです。ママやパパが好きな歌を楽しく歌えば、それが赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんが感情豊かになる効果が期待できます。

また、子守歌は赤ちゃんを寝かしつける目的に歌うことが多いですが、子守歌は赤ちゃんに安心を与え、心が落ち着く作用があります。また赤ちゃんだけではなく、ママやパパの精神安定にも繫がるといわれています。

赤ちゃんを抱っこしたり添い寝したりしながら子守歌を歌うことは、赤ちゃんと親両方にたくさんのよい効果が期待できます。

おもちゃからながれる音楽

赤ちゃんは音のでるおもちゃが大好きですよね。夢中で見たり触ったり、音楽が流れると手足をバタバタして喜びます。

少し大きくなってくると、おもちゃから流れる音楽に合わせて体を動かしたり、声を出すようになるでしょう。自分がボタンを押すと音楽が流れるということも面白く、何度も繰り返して遊びます。

おもちゃから流れる音楽は聞きなれた身近な音楽になっていきます。赤ちゃんが喜ぶテンポのよい音楽、クラシックやディズニーの音楽など、お母さんやお父さんが赤ちゃんに聞かせたい音楽が流れるものを選んであげてくださいね。

色々な楽器の音に切り替えられるおもちゃは、音楽性を養うのにピッタリの知育玩具として人気があります。

音楽を赤ちゃんに聞かせるのはいつから?

お腹にいる時から聞こえてる?

赤ちゃんがお腹にいる20週目には音が聞こえているといわれています。そして赤ちゃんの耳に届く音は、ママの声、ママの体が生み出す音、外界の音になります。

ママの声は外から聞こえているだけでなく、母体の振動として直接赤ちゃんに伝わり3つの音の中で1番よく聞こえているので、赤ちゃんに向かってやさしく歌を歌ってあげてはどうでしょう。

外からの音は、ママのお腹・子宮・羊水を通して赤ちゃんの耳へと届くので、ママの声やママの体の音に比べると小さくなりますが、聞こえています。

お腹の赤ちゃんにも聞かせようと音楽を選ぶ時間や、聞いてるときに胎動を感じると、なんだか赤ちゃんも一緒に聞いているようで嬉しい気持ちになりますね。

音楽に反応するのは何歳から?

お腹にいるときから音は聞こえていますが、音楽を聞いて反応を見せるのは生後5~6カ月頃が目安になります。最初は音楽が鳴っている方へ顔を向けたり、泣いていたのに音楽に注意をひかれ泣き止んだりします。

そのほかにも、息を荒くして興奮する子、嬉しそうにする子、また手足をバタつかせる子など、赤ちゃんによって反応の仕方は様々です。

またママやパパが好きな音楽を聞いてリラックスしたり、楽しい気持ちになっていると、それが赤ちゃんにも伝わり、コミュニケーション能力の発達や精神的によい影響を与えます。

赤ちゃんによって興味を示すものや、成長のペースが違うので6カ月で音楽にあまり反応を見せなくても心配しないでくださいね。

音楽に合わせて動くのはいつから?

お座りができるようになる頃には、音楽が聞こえると手を叩こうとしたり、体を横に振り動かす赤ちゃんもいます。この頃はまだ音楽に合わせるというよりは、音楽につられてついつい体を動かすという感じでしょうか。

実際に音楽に合わせて体を動かそうとするのは、歩きだし、自分で体をコントロールできるようになる1歳を過ぎた頃からです。1歳前半で音楽をちゃんと聞き、その音楽に合わせて踊るような動きをします。

2歳になるころには、音楽に合わせて歌いながら、体を動かせるようになります。

ママとパパが赤ちゃんの手を取り一緒に踊れば、家族で楽しい時間が持て、まだ上手にお話しできなくてもコミュニケーションを取ることができますね。

聞かせる音楽で成長に違いが出てくる?

「クラッシックが脳に良い」はもう古い?

「モーツアルトは胎教によい」「クラシック音楽は頭をよくする」という話を聞いたことはありませんか。

1990年代にモーツアルト効果が有名になり、クラシックを子どもに聞かせる親が増えました。しかし、「クラシックは脳に良い」ということを証明することはできませんでした。

今でもモーツアルト効果の神話は残っていますが、近頃のママやパパはあまりそういうことにこだわらず、流行りの曲や好きな音楽を聞かせています。

ある調査では、クラシックを聞かせる親が15%、後の85%は音楽の種類にこだわらないという結果が出たほどです。

しかし、綺麗な音色で聞きやすいクラシックは心が落ち着いたり、安眠効果が期待できますので、クラシック好きなママやパパは赤ちゃんと楽しみましょう。

一緒に歌える音楽が効果的!

赤ちゃんは、テンポがよくリズミカルな音楽が好きです。CDやテレビで音楽を流しっぱなしにするより、サビの部分だけでもママが歌ってくれると赤ちゃんは反応し喜びます。

お腹の中にいた頃から聞いていたママの声で歌う歌は、赤ちゃんにとって馴染みやすくお気に入りの曲になるでしょう。

クーイングを始めた赤ちゃんはママの歌を真似して音を発しようとします。これは、コミュニケーション能力や言語発達にとてもよい影響を与えます。

クーイングする赤ちゃんの目を見ながら歌を歌えば、会話をしているのと同じ効果があり、抱っこをしながら歌えばリズムが感じられ音楽が楽しいものだと認識します。

そのような時間を過ごすことで、親子の絆が深まり大切な時間になるでしょう。

激しい音楽を聞かせても問題ない?

赤ちゃんには静かな音楽や子ども向けの楽しい音楽がよいと思われがちですが、意外と激しい音楽でも大丈夫なんだそうです。

もちろん、赤ちゃんをびっくりさせたり、聴覚に影響を及ぼしたりするような大きい音や耳の近くで音楽をかけることは禁物ですよ。

ママが好きなのがちょっと激しいロックでも、音量を調節し長い時間でなければ楽しんで聞きましょう。

大切なのはママが好きな音楽を楽しんで聞くこと。赤ちゃんによい影響があるからと苦手な音楽を聞くより、好きな音楽を聞くことの方がストレス発散に繋がります。

赤ちゃんにママが楽しそうにしていたり、ストレスを感じていないことが伝わると、赤ちゃんは安心することができます。

音楽が脳の発達に与える影響とは?

自律神経の発達を促してくれる

子どもはまだ自律神経が未発達で、ストレスや不安などの負担がかかると大人より容易に乱れてしまうことがあります。

自律神経が乱れてしまうと、赤ちゃんには「眠りが浅い・目覚めが悪い」という症状が現れることが多く、夜泣きに悩まされているママも少なくありません。

「寝かしつけるときに音楽を聞かせたら、夜泣きが改善された」ということを聞いたことはありませんか。質のよい睡眠は自律神経に係わっています。

リラックスできる音楽や好きと感じられる音楽は自律神経を整え、発達を促す作用があるといわれています。

音楽でストレスを取り除き自律神経の発達を促してあげると、寝つきがよくなる・ミルクの飲みがよくなるなどの効果が期待できます。

言語能力の向上、想像力UP効果

音楽も言語もたくさんの音が組み合わさってできています。たくさんの音を聞くことと言葉を聞くことには同じ効果があります。

赤ちゃんのころから音楽に親しみ様々な音楽を聞いていると、音に対する感受性が高まります。メロディを覚えたり、音の聞き分けができるようになると、外国語を含めた言葉を聞き分けることが得意になり、言葉の処理能力が高くなることが期待できます。

脳の成長が著しい幼年期に、音楽で脳に刺激を与えてあげると、新しい神経経路が発達し、想像力や空間的知能の能力を促進することができます。

小さいころから音楽を聞かせたり、歌うことが好きな子どもは、高い想像力を持っていると考えられています。 音楽は感情表現を豊かにし、想像力が膨らむことに繋がります。

身体の能力の向上、集中力UP効果

小さな子どもの音楽に合わせて手を叩く、体を揺らして踊るような仕草はとても可愛いですよね。音楽に合わせて体を動かすにも能力や経験が必要なのです。

赤ちゃんのときは音楽のテンポに合わせてママやパパが、トントンと赤ちゃんの背中や肩をやさしく叩いてあげましょう。

音楽を通じて、ダンスしたり、ジャンプしたりアクティビティを経験することは、子供達の様々な能力向上にも良い影響があるそうです。

音楽に合わせ体を動かそうとすることで、自然に音楽のリズムや、手足など体を動かすことに神経を集中させています。

また、音楽を聞きながら勉強や何かに取り組むと、集中力が高まる・集中力を長引かせることができる・疲れにくくなるといわれています。

赤ちゃんに聞かせたい音楽を紹介します!

おすすめ音楽アプリ5選!

スマホにアプリをいくつかダウンロードしておくと、どこでもすぐに聞かせることができて便利ですよね。タイマー機能があるアプリも多いので、寝かしつけにも使えますよ。

【泣きピタ】
たまひよのアプリです。赤ちゃんが泣きやむ効果のある音や、オリジナルの音楽が収録されています。
iphone:https://goo.gl/j52nxs
andloid:https://goo.gl/k2QHhr

【泣かないで私の赤ちゃん】
子守歌・動物の鳴き声・おもちゃの音・動物の鳴き声など、種類が豊富。
andloid:https://goo.gl/wvx34Y

【胎教の音楽・モーツアルト効果】
妊娠中から生後まで、赤ちゃんとママにリラックスを与えます。
iphone:https://goo.gl/uuJqLu
andloid:https://goo.gl/Boro2w

【赤ちゃんの睡眠のためのサウンド】
オルゴールやホワイトノイズなど赤ちゃんが落ち着く音が収録されています。
andloid:https://goo.gl/SjtVZD

【癒しの音楽】
波や雨の音、鳥のさえずりなど約20種類から選べます。
iphone:https://goo.gl/VZ4a7j

赤ちゃんが泣き止む音楽

Youtubeなどで赤ちゃんが泣き止む・寝るといわれている音楽がたくさん紹介されています。それだけ、悩んでいるママがいるということではないでしょうか。

綺麗なオルゴールや優しいピアノの音楽なら、赤ちゃんを落ち着かせてくれそうです。こちらのYoutubeの音楽の中ではママも知っている歌が見つかるはずです。

是非赤ちゃんと一緒に聞いてリラックスしたり、コミュニケーションをとってくださいね。

・ディズニー・オルゴールメドレー

・スタジオジブリ・ピアノメドレー

・赤ちゃんが寝るための眠れる クラシック音楽 「ピアノ子守唄BGM」

・赤ちゃんの睡眠音楽

・赤ちゃん&乳児&幼児の寝かしつけ ゆりかごのうた(オルゴール)+寝息の音

寝かしつけにおすすめの子守唄

近頃は寝かしつけには子守歌にこだわらず、自分が好きな歌などを歌うママやパパが多いことは前にも書きました。

もちろんそれでもよいのですが、子守歌は赤ちゃんが好む高めの音、リズムやメロディなどのパターンが繰り返されることで、赤ちゃんの情緒を安定させるといわれています。

たまには昔ながらの子守歌を歌ってあげてはどうでしょう?おすすめの子守歌はこちらです。

・ねんねんころりよ おころりよ
伝統的な日本の子守歌です。日本的な音階で懐かしさを感じさせます。

・ゆりかごのうた
高音でゆったりしたメロディは赤ちゃんも歌っているママもゆったりとした気持ちになれそうです。

・七つの子
夕暮れを思わせる「七つの子」を寝かしつけに歌うママは多いようです。

音楽を使って知育を始めてみませんか?

CDやDVDを上手に使って!

音楽で知育というと楽器を使ったりクラシック音楽を聞いたりするイメージで難しく感じてしまうママやパパもいるかもしれませんが、CDやDVDを使って手軽に始めることができます。

音楽だけではなく、ひらがな英語、数字を教えてくれるCDやDVD、また体操やダンス、見ながら一緒に体を動かせるDVDもたくさんあります。

アンパンマンやディズニー、乗り物シリーズなど、色々なキャラクターが使われていますので、子どもの好きなキャラクターのものを選んであげるとよいですね。

もちろん実際に楽器を弾いているものや、クラシック音楽を基本としているCDやDVDもありますので、いくつかの種類を用意して楽しむのはどうでしょうか。

絵本や童謡も使ってみて!

音楽が流れたり、小さなキーボードや太鼓がついていて自分で音楽を奏でることができるような、沢山の知育絵本がでています。ボタンを押すと音楽が変わったり、音が出たりするのが楽しくて、夢中になります。

・ピカピカひかるピアノ けんばんが光るガイド付き (光る・音でる知育絵本)
7種類の音、童謡やクラシックが21曲が入っていて、光るけんばんが子どもに人気の絵本です。

・光る・音でる・知育絵本 リズムにのってぽんぽんたいこ (光る・音でる知育絵本)
叩くと音がでるたいこシリーズも人気です。

・うたって たたこう! わくわく リズムあそびどうようえほん (音の出る絵本)
14曲の童謡が入っています。童謡のメロディが子どもは大好きです。

英語も聞かせてみよう!

言語能力が著しく発達する幼児期に英語を聞かせると、スポンジのように吸収します。小さいうちから音楽として聞き慣れ親しむと、難しい発音の聞きわけ、発音能力が高くなることが期待出来ます。

遊びに取り入れ、英語を楽しいと感じられる幼児期から、英語に触れる機会を増やしましょう。以下のような幼児向けの英語DVDもたくさんありますよ。

・ハイハイ英語
0歳児から楽しく学べるように工夫されています。

・ベイビーイングリッシュDVD 1-5巻セット
アルファベット・数字・色と形・発音・基本的な単語など、初めて英語を学ぶのにぴったりです。

・それいけ!アンパンマン えいごであそぼうDVD4巻セット
幼児に人気のアンパンマンと一緒に楽しく英語が学べます。

リトミックとは?その効果がすごい!

リトミック教育ってどんなもの?

リトミックはスイスの音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズという人が開発した教育法です。「音楽を体で感じ、自由に体を動かしたり表現したりすること」を基本にしています。

色々な試練に耐えられるだけの基礎能力の掘り起こし、それらの能力がバランスよく成長できるよう、音楽を使って、身体的・知的・感覚的に優れた子どもたちの育成を目的としています。

音楽に合わせて手遊びをしたり体を動かしたり、楽器や身近なもので音を鳴らすなどして、音楽そのものと、感じたことを表現します。大きくなれば歌を歌ったり、音符を読むことを習っていきます。

年齢に合った活動を行い、その時期に伸びるであろう能力を引き出していきます。

リトミックの5つの効果

リトミックの代表的な5つの効果は以下になります。

・音感やリズム感を育む
音や音楽を使った活動は音楽教育にぴったりです。

・心身のバランスがとれる
音楽に合わせて体を使った活動をし、曲によって悲しい・楽しいと感じることで情緒の発達を促します。

・協調性や社会性を育む
グループで活動し、お友達が発する音を注意して聞くことで協調性や社会性が生まれます。

・集中力がつく
音楽を聞くことに集中して体を動かすことで、集中力がついてきます。

・運動能力が高くなる
スポーツにはリズム感が重要で、リズム感を養うと基礎的な運動能力が上がるといわれています。

ほかにも、想像力・表現力や自己肯定感が高くなるなどの効果がたくさんです。

リトミックを行っているおすすめ音楽教室

たくさんのリトミック教室がありますが、0歳から小学校入学前までの年齢の子が通える教室がほとんどのようです。0歳から2歳までは親子教室が中心になります。

全国的に展開していて人気があるのが、

【カワイリトミック教室】
ピアノメーカーのカワイが運営しているリトミック教室です。こちらは1歳から4歳までの親子教室です。ピアノメーカーだけあり、生のピアノ演奏で活動します。3歳になると読譜のカリキュラムも始まり、4歳になるとキーボードを使います。早くから音楽教育を始めたいママやパパにはぴったりの教室です。

【特定非営利活動法人・リトミック研究センター】
こちらのサイトではリトミックに関する情報に加え、日本全国のリトミック教室が探せるようになっています。

赤ちゃんと音楽を楽しむコツとは?

歌を歌いながらスキンシップをしてみよう!

妊娠中からお腹をなでながら歌を歌うことで、赤ちゃんとスキンシップをとることができます。歌を聞くと赤ちゃんが動くことも多く、生まれる前から赤ちゃんをより身近に感じるのではないでしょうか。

出産後も、赤ちゃんを抱っこや添い寝をしながらなど、たくさんの場面で歌を歌ってあげることができますね。

その際に手遊び歌も歌ってあげてください。実際に手遊びができるようになるのは少し大きくなってからですが、赤ちゃんはじっとママを見つめたり、手足をバタつかせて反応します。手遊び歌に合わせて体を動かすことは、成長発達を促す知育遊びの1つです。

言葉が出るようになったら、一緒に歌い体を動かして楽しみましょう。親子の絆が深まるだけではなく、ストレス発散にもなりますよ。

おもちゃや楽器を使って聞かせてる

CDやDVDのようにスピーカーを通して聞く音楽だけではなく、楽器などから直接出る音を聞かせることはとても大切なことです。

特にママやパパが実際に楽器を触って音を出す、自分が触れて音がでることが理解できると、楽器によってそれぞれ出てくる音の違い、その1つ1つの音がメロディを作ることが分かるでしょう。

高価な楽器を揃えることはありません。カスタネットやハーモニカなど、手軽なお値段で扱いやすい楽器でも十分ですよ。

また、おもちゃでも色々な音や音楽が出るものがたくさんあります。昔ながらのガラガラも音に触れる立派なおもちゃです。

今は音楽の知育玩具も豊富で、色々な楽器が1つにまとまっている複合楽器タイプのものが人気があります。



大人も時には好きな音楽を楽しもう!

赤ちゃんのためにと童謡やクラシックばかり聞いていると、楽しめなくなったり、疲れたりしてしまうことがあるかもしれません。

ママも自分の好きな音楽を楽しむ時間を持ちましょう。大きめの音で聞きたい、ちょっと激しい音楽を思いっきり楽しみたいけれど、赤ちゃんへの影響が心配というときは、パパに赤ちゃんを散歩に連れていってもらったりして1人で安心して聞きましょう。

また、車を持っていれば1人で好きな音楽を聞きながらドライブに行ってみてはどうでしょうか。この方法なら近所迷惑になる心配もありません。

たまには好きなアーティストのライブやコンサートに行くのもよいですね。思いっきり楽しんでストレス発散ができれば、赤ちゃんとの時間もより充実した時間になるかもしれません。

まとめ

少し意識してみると、音楽は常に身の回りに溢れています。好きと思える音楽、そうではない音楽が自然と耳に入ってくるでしょう。

子どもが大きくなるにつれお気に入りの曲や好きな音楽が出てくるでしょうし、ママとパパが好きな音楽を一緒に聞いているうちに好きになるかもしれません。

大切なのは、「好き」と思えて、音楽を「楽しむ」こと。赤ちゃんの頃から音楽に触れる機会を作り、バランスよく様々な音楽を生活に取り入れながら、健やかな子どもの成長を促してあげられるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018