就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の育児は不安なことばかり。体重や睡眠時間など新生児育児のまとめ

新生児の育児は不安なことばかり。体重や睡眠時間など新生児育児のまとめ

生まれたばかりの赤ちゃんは、小さくて柔らかく、無理をすると壊れてしまいそうです。初めての赤ちゃんだとママも心配や不安、疑問なことが多いですよね。それは、どのママでも同じことです。知識として頭に入れておくことで1つでも疑問が解消すれば、戸惑いが減り対処も早くなるのではないでしょうか。

新生児とは?期間や体重と体温の目安は?

新生児っていつまでの事を言うの?

赤ちゃんの呼び名にも新生児、嬰児(みどりご、えいじ)、乳児、幼児と何種類もありますが、違いを正確に分かりますか?あまり意識したことがない方も多いかもしれませんね。

まず、小さい順に並べると、嬰児、新生児、乳児、幼児となります。辞書などによると嬰児は、生後3年くらいまでとなっていますが、一般的には生まれてすぐに使われています。新生児は、生後4週間ぐらいまで、乳児は、生後4週間~生後1年くらいまでです。幼児は、満1歳~小学校入学前までをいいます。乳幼児というときには、この複合で生後1カ月~小学校入学前までということになりますね。

これに当てはめると、新生児とは産後1カ月健診を受けるあたりまでということになりそうです。

新生児の体重の目安はどれくらい?

赤ちゃんの体重が気になり、産院と同じように新生児用の体重計をレンタルし、体重を量るママもいるかもしれません。哺乳瓶にはメモリがありますが、母乳だとはっきりとはわからないのも不安になる理由の1つかもしれませんね。

1カ月健診までに1日30g計算で、ひと月1kg増加が体重の目安となります。また、生まれてからしばらくは体重が減少しますが、生理的体重減少でこれは問題ありません。

母乳とミルクまたは個人差によって体重増加はさまざまです。一様に1カ月で1kg増加していなければならないとはいえません。よく母乳よりミルクの方が太りやすいといいます。母乳が出ていても赤ちゃんの吸う力が弱い場合もあるので、気になる場合は、助産院で授乳指導を受けてみてください。

新生児は体温が高い?平均的な体温

新生児の体温は、通常大人より高くなり、37度ではまだ熱があるとはいえません。また、朝より昼や夜の方が体温が上がりますし、食事後すぐ、重ね着の量、室温の高さによっても体温が高く変化します。

体温計は、水銀が一番正確ですが、じっとしていられないと意味がありませんので、電子体温計でも大丈夫です。しかし、体温計によって体温の出方が違ってきますので、食後を避けた健康な日に1日に何度か測って、平熱を把握しておいてください。

体温が高めでも、室内温度、着せ過ぎなどを調節して、しばらくしてからもう1度測ってみると案外、平熱に戻っていることもあります。それでも37.5度以上が続くようなら病気の可能性がありますので、病院を受診してください。

睡眠時間はどれくらい?寝ない原因と対処法

新生児の平均睡眠時間はどのくらい?

赤ちゃんは、まだ体内時計がしっかりしていないので、昼夜関係ない生活です。目安として新生児は、1日16~18時間眠っているそうです。とても長い睡眠時間のように感じますが、18時間まとめて眠っているわけではなく、実際子育てしていると、ミルク、オムツと短い睡眠を繰り返されるので、親の気持ち的には大変だという印象ですよね。

でも、これにも個人差があり、吸う力が弱くてあまり飲めない赤ちゃんは早くにお腹がすくでしょうし、たっぷり飲む赤ちゃんは案外夜にたくさん寝てくれることもあります。また、便を出すのが下手な赤ちゃんは苦しくて泣き続けるということもあります。

この睡眠時間も平均ですから、違っていても体調が悪くなければ問題ありません。

1日中寝ているはずじゃ?寝ない原因

新生児に昼夜の区別はありません。よく眠ってくれる赤ちゃんもいれば、短い時間で目を覚まし、抱っこしていないと泣き続ける赤ちゃんなどさまざまです。

なかなか眠ってくれないと、どこか悪いのかと心配になることもあると思います。特に、第一子だとよく分からず戸惑うことも多いでしょう。でも、赤ちゃんが寝ないことは、明らかな体調不良でなくてもよくあることです。

原因は、授乳量との関係、便がよく出て気持ち悪い、反対に便秘気味、室温や湿度が合わないなどさまざまです。

赤ちゃんが眠ってくれないとママが体力的につらいということにもつながりますが、そのうち落ち着いてきます。初めは、赤ちゃんのペースに従うしかないですね。

少しだけなら思い切って放置する

赤ちゃんを放置する。ママにとってかなり勇気のいることですよね。1人目のときは、これをできず付きっきりになってしまうママも多いのではないでしょうか。これが、2人目以上となるとママも慣れて程度が分かり、少しなら放置したり、物理的にすぐに対応ができずに、しばらく放置したりする状態になることもあります。

では、どれくらい放っておいても大丈夫なのでしょうか?泣き方にもよるとは思いますが、長くても20~30分くらいではないでしょうか。 そのうち泣き方で赤ちゃんが求めるものが分かるようになってきます。空腹、オムツ、寂しい、体調が悪い、ただ目を開けただけなどです。

体調が悪くて泣いている様子でなければ、少しの間なら泣かせていても大丈夫です。

新生児黄疸と言われた!症状や治療について

新生児黄疸っていったい何?

もし我が子がなんの知識もなく黄疸と言われたら、驚き慌てますよね。大人の黄疸を想像して、肝臓の病気なのではと考えてしまい恐ろしくなるかもしれません。

新生児黄疸は、体内のビリルビンという黄色い色素の物質が増加して起こります。ビリルビンは、胎児のときの赤血球が壊される際にできるものです。大人の場合は、肝臓で処理ができるのですが、赤ちゃんは未熟なので、処理できずに黄疸が出るのです。新生児黄疸は、ほとんどの赤ちゃんにあらわれる症状です。

新生児黄疸には、生理的黄疸と病的黄疸があり、生後2~3日後にあらわれます。生理的黄疸の多くは1~2週間ほどで自然に治っていきます。一方、生理的黄疸の中でも値が高いものや病的黄疸には治療が行われます。

どんな症状が出るの?

見た目で分かるのは、肌や白目の部分が黄色くなることです。また、黄疸が強いとほかの赤ちゃんよりおとなしかったり、鳴き声が弱かったりなどするかもしれません。

多くの赤ちゃんに症状が出る新生児黄疸のほかには、「母乳性黄疸」「新生児溶血性黄疸」「閉塞性黄疸」などもあります。母乳性黄疸の場合は、母乳に含まれるホルモンの影響で肝臓の酵素の働きが弱まるために分解できず症状があらわれます。長く続くようなら1カ月健診か病院で相談してください。

また、白い便が出る場合は、胆道閉鎖症の疑いがあります。そして、黄疸が続く状態でぐったりして眠り続ける、38度以上の発熱がある場合など、気になる症状のときはすぐに小児科を受診してください。

新生児黄疸を治療するには

新生児黄疸にも数値に差があります。黄疸が疑われるとき、最初は経皮黄疸計で調べ、その数値が高いと血液検査も実施されます。基準値を超えていると、ビリルビンを排出させて値を下げるために光線療法を受けます。

光線療法は、保育器の中で目隠しされた赤ちゃんが皮膚に紫外線を除いた青い光線を照射されることで行われます。この治療は、ビリルビン脳症を防ぐためのものです。ビリルビン値が高いままにしておくと、脳に沈着し、「核黄疸」が起こります。この脳障害になると脳性麻痺、難聴などの後遺症がおきる可能性があるのです。

また、光線療法でも効果がない場合は、原因により部分交換輸血やガンマグロブリンの投与を行います。症状や程度によって治療が異なります。

新生児の沐浴に必要なものは?手順や注意点

入れる前におさらいしよう!沐浴の手順

まず、必要なもの、ベビーバス、タオル、着替え、ガーゼ、石鹸または、沐浴剤、温度計などを準備しましょう。服は、1つ1つバラバラに置くのではなく、一気に着られるように重ねておきましょう。袖があるものは、袖も全て通した状態にしておきます。そうすることで、湯冷めすることなく着せることができます。

また、場所が狭い場合は、そこで寝たままの状態で服が着られるように下に長座布団などを敷き、その上に服、防水シート、タオルの順にすると良いのではないでしょうか。そうすると、防水シートとタオルを一気に剥がすことで服がすぐ出てくるので便利ですよ。

お湯の温度は、38度~40度です。季節、お風呂場の温度によっても加減してください。

まだ未熟なので沐浴時には注意しよう

赤ちゃんは、汗かきですし、おしりにはオムツまでしています。肌が柔らかくデリケートなので、そのままにしておくとかぶれたり、赤くなったり、あせもができたりしますので、毎日いれてあげましょう。沐浴の時間は、午前か午後かの時間帯だけでも決めて、空腹や授乳後30分以内は避けましょう。

また、いれている最中に気を使うのが、耳にお湯が入らないように、滑って落とさないようにということだと思います。手が小さいママだと両耳を一気に押さえることができないこともありますが、片方ずつでよいので押さえて耳の裏などを洗ってあげるようにしましょう。ここを洗わないで放置しておくと、垢が固まってカチカチになっていることもありますので気をつけてください。

沐浴の必需品!おすすめベビーバス

ベビーバスもプラスティック製、空気を入れて膨らませるもの、チェア型でそのまま洗えるもの、キッチンのシンクでも使えるサイズのものなどさまざまです。

選び方はまず、使用場所といつまで使用するかです。シンクで使う予定なのに大きなものを買っても意味がありません。そして、使用時期を新生児の間だけと決めているなら、そんなに大きなものはいりませんし、お風呂場で比較的長く使用するなら少し大きめ、収納だけを考えると空気を入れるタイプがよいでしょう。

それから見落としがちですが、まだ首が座っていない赤ちゃんの身体を洗うときに、空気を入れるタイプのものだと縁が腕の支えになりにくいという面もあります。そのあたりも考えるとよいのではないでしょうか。

洋服が何枚必要か、季節別に教えて!

薄い肌着を多めに!夏生まれで準備する服

夏は、クーラーの室温設定などによって用意するものも変わってきます。ガーゼや天竺などの薄い織りやメッシュの肌着などを準備し、単体で着せたり、重ね着したりして調節しましょう。室内状況によって、半袖か袖なしかを選ぶとよいでしょう。

短肌着、長肌着、コンビ肌着がありますが、最近は長肌着を着せずに短肌着とコンビ肌着の組み合わせで着せる人が多いようです。それは、コンビ肌着のスナップを留めるときに短い方が都合がよいのと、コンビ肌着は、赤ちゃんが足をバタバタさせるようになっても使えるからです。一方、長肌着はスナップがない分、オムツ替えが簡単な利点があります。

汗をかくので、枚数は多めに揃えましょう。短肌着、コンビ肌着を6~7枚ずつでしょうか。

着せすぎも注意!冬生まれで準備する服

冬生まれの赤ちゃんの肌着は、フライスやスムース、パイルなどを選ぶとよいでしょう。スムースは、フライスより目が詰まっており、保温効果が高いです。

ガーゼの短肌着、フライスの短肌着、スムースのコンビ肌着の順に着せ、温度によっては、コンビ肌着をフライスに替えてもよいでしょう。また、手や足がふさがっていると体温調節ができず体温が上がってしまうので、室内での靴下やミトンは必要ありません。

冬生まれの赤ちゃんの場合、病院によっては、室温を何度に保つかを指示されることもありますので、そのときは、着せ過ぎに注意しましょう。

短肌着、コンビ肌着を4~5枚とツーウェイオールを2枚ほど用意し、あとは、外出用に靴下も用意しておきましょう。

過ごしやすい春や秋に準備する服

春、秋生まれの赤ちゃんは、夏、冬と違い極端な温度ではありません。ガーゼの短肌着にフライスのコンビ肌着、または、フライスの短肌着とコンビ肌着でもよいかもしれません。

秋でも時期により気温も変わりますので、冬に近い場合は、ガーゼの短肌着とスムースやパイルのコンビ肌着、夏に近い春は、ガーゼの短肌着とフライスのコンビ肌着、夏に近い秋なら、ガーゼの短肌着とフライスのコンビ肌着、あるいは、温度によってガーゼの短肌着の枚数を増やしてもよいかもしれません。

春とは違い、秋生まれの赤ちゃんは、秋口と秋の終わりではかなり温度差があるので少し気をつけなければならない日も多いかもしれません。

短肌着、コンビ肌着とも5枚ほど用意してはどうでしょうか。

新生児と一緒に飛行機は乗れる?

新生児は飛行機に乗れる?料金や座席は?

国内大手のJAL、ANAは、生後8日以上から搭乗できます。どちらの会社も同伴者のひざの上に座るという条件で、大人1名につき幼児1名まで無償です。しかし、LCCの場合、搭乗券が必要な会社もありますので、事前に調べておきましょう。

また、ベビーベッド、チャイルドシート、大人1名で旅行をするときの赤ちゃんのサポートサービスを申し込む場合は、予約が必要です。携帯ベッドの使用については、使用可能な座席をあらかじめ指定している航空会社もありますので、持ち込もうと思っている場合は、事前に電話でその旨を伝え、使える座席を予約するようにしてください。また、新生児には必要ありませんが、予約をすれば離乳食を用意してくれる会社もあります。

機内に持ち込む手荷物は何が必要?

赤ちゃんに必須なものといえば、ミルクとオムツですね。航空会社によってはオムツの予備があるところもありますが、サイズや数に限りがありますので、哺乳瓶、粉ミルクなどと同様に自分で用意しておきます。お湯やオムツ交換台はありますし、申し出ればミルク作りの手伝いをしてもらえます。

赤ちゃん用の毛布、おもちゃの貸し出しがある会社もありますが、ない会社やおもちゃも衛生的に気になるようなら自分で用意する方がよいでしょう。また、抱っこ紐の持ち込みができない会社もあるので、事前に調べましょう。

ベビーカーの持ち込みは不可ですが、手荷物としての預かりは無料でしてもらえます。また、数に限りはありますが、貸し出しサービスもあります。

事前に確認!飛行機に乗る時のポイント

離着陸や天候不良で揺れている際は、オムツ替えができませんので、搭乗前に必ずオムツを替えておきましょう。オムツ、粉ミルク、哺乳瓶のほかにおしりふきや消臭ができるオムツ入れのビニールを用意しておくのも忘れないようにしましょう。

また、座席は重要です。できれば、2人掛けの座席2つをとると色々と気を使わずにいられます。母乳で授乳する際も、隣を気にせずにすみます。また、パパとママと赤ちゃんの場合は、ママが奥側になるとパパが壁になりこれもよいですね。

新生児の赤ちゃんは、基本眠っていますが、それでも環境が違うとどうなるかわかりませんので、できるだけ安心して寝られるようにお腹いっぱいにさせ、抱っこしているのがよいかもしれません。

新生児のおしっこやうんちについて

1日中オムツを替えてる?排泄の回数

新生児の1日のおしっこの回数は、10~20回ほどです。大便はおしっこより回数は少ないですが、水っぽいものが出ます。

病院では、授乳前にオムツを交換するように指導されると思います。新生児のときは、飲む量も少ないので1度のおしっこの量も少なく、よく見ないと気付かないかもしれません。昔は布オムツだったので、赤ちゃんもよく泣き知らせてくれましたが、最近は紙オムツが主流なので、ママがよく見ないと気付かないままということも少なくありません。

授乳前にはすでにおしっこをしていることが多いです。自分の赤ちゃんが授乳後、どのくらいでおしっこをしたり大便をしたりするのか、ちょくちょく確かめていると、なんとなく分かってくるようになるでしょう。

色にびっくり!胎便とはどういうもの?

胎便とは、出生後からの数日間に排泄される緑色が混ざった黒い便のことです。臭いはなく粘性があり、胎内で飲みこんだ羊水や分泌物からなるものです。胎便を知らずに緑っぽいものが出てきたら普通は驚くでしょう。

もしかすると、母子別室で長く預かってくれる病院やママの体調が悪く、看護師さんたちがお世話をしてくれている場合は、知らずに退院ということもあるかもしれません。

胎便の時期が過ぎると、移行便となります。これは、胎便と通常便が混ざったものです。そして、胎便が減ってくると黄色の便になっていきます。また、母乳とミルクでも便の状態は違います。母乳のみの赤ちゃんは、黄色みが強く、水っぽい便になります。ミルクの赤ちゃんは、黄緑っぽい便になります。

新生児の下痢について

赤ちゃんは、母乳やミルクしか飲みませんので、大人とは違い、便が水っぽかったり、緩かったりすることは普通なので下痢との見分けが難しいです。それでは、どのあたりから下痢の疑いをもつべきなのでしょうか。

まず、いつもより水っぽいこと、回数が多くなることが上げられます。毎日オムツを替えていれば、違いに気づくでしょう。いつもより数回多いのではなく、2倍近くなると下痢の可能性が大きいです。

下痢のほかにも発熱、嘔吐、白い便、血が混じっているようなときは、すぐに病院での診察を受けましょう。下痢以外に症状がなく、元気にたくさん飲んでいる場合は、少しの間様子をみてみましょう。また、下痢の最中は脱水症状になりやすいので、こまめな授乳も必要です。

メーカー別に比較!おすすめの紙オムツ

一晩中安心の吸収性!パンパース

産院での採用率が高いことから、オムツへのこだわりや赤ちゃんとの相性が悪くなければ、退院してからも使うことが多いかもしれません。

セールスポイントは、一晩中そのままでも安心という吸収力です。赤ちゃんが眠っている間に少しでも長く眠りたいママにとっては、心強い味方です。濡れるたびに替えてあげたいけど、身体がついていかないときもあります。そんなときには、ありがたいものです。

一方、吸収力は抜群なのはたしかだけど、吸収し過ぎてオムツ替えで小さくするときにおしっこが逆戻りしたり、同じサイズでも他のメーカーより少し小さく感じたりすることがあります。しかし、比較的細身の赤ちゃんには漏れも少なく向いているようです。価格は少し高めです。

通気性が抜群!メリーズ

メリーズも有名で、産院で採用されているオムツの1つです。オムツにも描かれ、CMでもおなじみのウサギが印象的です。メリーズのセールスポイントは、通気性です。一時期、品薄状態になったこともあったほど人気があります。

サイズは、ほかより少しぽっちゃりの赤ちゃんにも対応できるようなサイズ感です。肌に接地する部分は、極端にフワフワというわけではありませんが、ザラザラしていることもありません。通気性を売りにしているだけあり、蒸れて大変ということはなく、比較的肌が敏感な赤ちゃんでも使えるようです。

通気性、吸水性、価格では、バランスがとれているオムツではないでしょうか。価格は、上位メーカーの中では、中間より少し上くらいの位置です。

圧倒的安価で経済的!グーン

上でご紹介した2つのオムツより少し安価ですし、セールをしていることもよくあります。価格が安いからといって品質が悪いということではなく、すべてにおいて平均以上のオムツです。通気性、手触り、吸水性、価格などのトータルバランスでいうと、一番買い求めやすいオムツではないでしょうか。

赤ちゃんのオムツは、外出するときに持ち運びしなければならないので、できれば嵩張らない方が便利です。グーンはパンパースに比べると少し嵩が大きくなってしまうかもしれません。そこを気にしなければ、このオムツでも問題ないでしょう。

サイズは、パンパースとメリーズの中間といったところでしょうか。大き過ぎず、小さ過ぎず、多くの赤ちゃんに適応するのではないでしょうか。

成長と共に消えていく原子反射について

足踏み反射は生後2カ月頃まで

足踏み反射とは、新生児期~2カ月頃までの間に赤ちゃんを両脇から支えて立たせようとすると、両足を交互に動かすことを指します。これは原子歩行とも呼ばれ、原子反射の1つで、中枢神経によっておこる反射行動です。

原子反射といわれるように、無意識下で行われ、成長して歩けるようになるための大切な1歩です。この動きは、ママのお腹の中にいるときからもう始まっています。もしかすると、妊婦健診のエコー検査でも見ることができるかもしれません。

もし、この足踏み反射がない、左右に違いがあるなどの場合は、中枢神経などになんらかの異常がある場合もありますので、気になるときは医師に相談しましょう。また、個人差があるもののいつまでも消えない場合も同様です。

すぐに起きる原因?モロー反射

新生児期から始まり5カ月頃までに見られる原子反射の1つで、大きな音や光などに反応します。寝ているときにビクッとなったり、突然の音に驚き、両手を伸ばしたり、抱きつこうとしたりします。また、恐怖や不安などで泣き止まないこともあります。

産院では、泣いている赤ちゃんを安心させるために大き目のバスタオルで包んで、お腹の中の状態に近くすることを教えてくれるところもあります。モロー反射が激しくて眠れない赤ちゃんには、この方法も有効なようです。

モロー反射が激しかったり、長く続いたりすると点頭てんかんを疑い、不安になるママもいるかもしれません。この2つは似ているので、素人には分かりづらいものです。心配な場合は、医師に相談しましょう。

おっぱいを吸うための吸啜反射

読み方は、きゅうてつ反射です。新生児期~4、5カ月頃まで備わっているものです。教えたわけでもないのにママのおっぱいを近づけると飲もうとしたり、口の近くのものを吸おうとしたりする原子反射です。この反射は、生命線である哺乳反射の中の1つです。哺乳反射には、口唇探索反射、補足反射、吸啜反射、嚥下反射があります。

口唇探索反射と補足反射は、口や唇のあたりを触れると反射的に刺激の方に顔を向け、それを口で捕えようとする動作です。嚥下反射は、母乳などを飲み込む動作のことです。この口で捕えた乳首から出る母乳を飲み込むという動作を総称して哺乳反射になります。これらを無意識に、自然にすることで赤ちゃんは、生命を育んでいるのです。

1カ月健診までは外出しない方がいい?

基本的には家の中で過ごした方がよい

この時期は、赤ちゃんもまだまだ抵抗力が弱いですし、出産後のママの身体も疲れています。今より医学が発達していなかった頃でも、床上げまではゆっくりするようにいわれていました。それほど、出産には力を使い、回復に時間がかかるということです。この時期に無理をすると、目に影響が出ると聞いたことがある人もいるでしょう。

赤ちゃんのためだけでなく、ママのためにもせめて1カ月健診までは静かにし、無理をせず、できるだけ家の中で過ごしてください。

赤ちゃんが未熟児で搾乳した母乳を運ばないといけない、黄疸が出て毎日検査に行かなければならないなど、特殊なこともあるかと思います。その場合は、自動車やタクシーなどの移動を選んでください。

外出が必要な場合に選ぶ時間帯

赤ちゃんは、体温調節に必要な自律神経がまだまだ未熟です。そのため、大人のように暑さや寒さに対応することができません。外気温に影響を受けてしまうため、室内の温度が安定したところにいるようにした方がよいでしょう。それでもどうしても外にでなければならないときは、万全の用意をして外出します。

1カ月健診や、やむを得ない事情で外出する場合は、寒かったり、暑かったりする時間帯は避けましょう。冬はしっかり防寒をしたり、夏場にクーラーが効きすぎている場所へ行く場合は、上に着せたり、掛けたりできるものを持っていくなど準備をします。冬は、お昼ごろ、夏は、比較的涼しい午前中を選びましょう。そして、短時間で用事を切り上げるようにします。

新生児と外出する時の注意点は?

首が座っていないうちは、外出しないことが望ましいのですが、外出する場合は、自動車やタクシーを利用します。もし、それができないときは、ベビーカーではなく、新生児でも使える抱っこ紐を使うようにしましょう。

ベビーカーは、新生児対応であっても振動があり、道路の凸凹にも左右されます。そのことからも、移動の安定性を考えると抱っこ紐がおすすめです。

また、クーハンもありますが、手がふさがることを考えると抱っこ紐の方が安全です。荷物もリュックや肩かけカバンを使うなどして、両手を確保してください。両手が空いていれば、赤ちゃんへの対応もスムーズに行えます。

持ち物は、おむつ、おしりふき、母子手帳、診察券、着替え、ミルクまたは、授乳ケープです。

まとめ

赤ちゃん、特に新生児など生まれたばかりの赤ちゃんだとかなり気を使いますね。ちょっと間違ったことをすれば壊れてしまうのではないかと心配で、慎重に扱ってしまうものです。

赤ちゃんは、弱いものですから守ってあげなければなりませんが、それと同時に出産したばかりのママも弱っていますから、自分の身体も守ってください。赤ちゃん優先になり無理をしてしまうかもしれませんが、産褥期は体調に個人差があります。もし、なにか手助けが必要だと感じたら、周りに頼ってください。それが、赤ちゃんのためにもなるのですから。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018