就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後も妊娠前のように痩せたい!体型が戻らない原因と戻すコツ

出産後も妊娠前のように痩せたい!体型が戻らない原因と戻すコツ

妊娠から出産にかけてママの体には色々な変化がありますが、うれしくない変化に体重が増えるというものがありますよね。産後は妊娠前の体重に戻ると思っていたのに戻らなかったというママも多いのではないでしょうか。産後体重をはじめとして体型が戻らない原因を知ることで、効果的なダイエットにつながるとよいですね。

出産後に体重が戻らない主な原因とは?

運動不足になって筋力が低下する

妊娠中のママは過度な運動を避ける必要がありますよね。出産後しばらくは体の休養が必要ですし、そもそも産後は育児にも専念することになり運動をする機会も減ります。運動不足の状態が続くと、筋肉は自然に衰えて筋肉量が減ってしまいます。

筋肉量が減ると、筋力が低下するだけではなく基礎代謝も低下します。基礎代謝は呼吸や心臓を動かすなど、生命を維持するにあたって必要な器官を動かすために自然消費されるエネルギーです。筋肉があることによってエネルギーを使ってくれますが、筋肉量が減るとその分基礎代謝も低下するのですね。

筋肉量が減ることで、産後運動を再開しようと思っても体を思うように動かせず、運動することが億劫になって運動不足に拍車がかかってしまいますね。

骨盤が歪んで痩せにくい体質に

赤ちゃんが産道に向かうために、ママの骨盤は妊娠中から出産にかけて開きますよね。骨盤が開くのは「リラキシン」というホルモンが分泌されるためなので、帝王切開で出産をしたママも妊娠から出産に至るまでの間に骨盤が開きます。

開いてしまった骨盤が元の状態に戻るまでには時間がかかります。さらに産後姿勢が悪かったり、腰回りに負担がかかったりすると正しい位置に骨盤が戻らずに歪むことがあります。

骨盤が開いた状態や歪んだ状態が続くと、内臓の位置が下がってしまいます。これにより血液循環がうまくいかなくなったり、腸の機能が低下したり、代謝が悪くなったりと太りやすい体になり、痩せにくい体質になっていってしまうのです。

育児によって食生活が乱れている

赤ちゃんを母乳で育てているママは、驚くほどお腹がすきますよね。この時期は食べても食べても太りにくく、中には産後太りどころか痩せたという経験を持つママもいるかもしれません。食べても体重が落ちるため、過食気味になることも少なくありません。また、思うような育児ができずにストレスをため込み、ストレス解消のためについ甘いものを食べすぎるママも多いようです。

一時期このような乱れた食生活を送ると、なかなか元の食生活に戻せずに食べすぎの状態が普通になってしまうことがあります。離乳食開始や卒乳とともに体重が増加するママが多いのは、このような理由です。また落ち着いて食事を取ることができず、早食いの癖がついてしまうことも育児中のママには多くみられます。

産後は体重だけでなく体型の変化も気になる

痩せやすい時期には個人差がある

テレビで活躍するママタレントが産後すぐにスリムな体型でメディアに登場すると、自分も頑張らないとと思うママもいると思います。ですが、産後痩せやすくなる時期には個人差があります。産後すぐに体型戻しをしたいママも多いと思いますが、自分が痩せやすい時期を見極めるとよいですよ。

一般的には、産後半年から1年ほどで体型は元に戻っていくといわれていますので、あまり焦らないようにすることも大切です。子宮が収縮し、下っ腹のぽっこりとした状態が解消されてきたなど、体型変化を感じたころから産後ダイエットを行うとよいですよ。

帝王切開で出産したママは、体の表面だけではなく子宮にも傷があります。傷が癒えるまではダイエットは避け、医師と相談することをおすすめします。

4割のママは産後10カ月たっても戻らない

同じ時期に出産したほかのママが、産後スムーズに体重を落として妊娠前の体型に戻っているのを見ると焦りが出ますよね。ですが、産後10カ月たっても元の体型や体重に戻らないママは約4割ほどいるようです。

産後のママたちの体重の変化についてを調査した報告によると、産後10カ月の段階で妊娠前の体重に戻ったママは61.6%だったそうです。残りの約4割のママは産後10カ月たっても体重が元に戻らなかったり、妊娠前よりも体重が平均で2kgほど増えていたそうですよ。

この研究に協力したのは約200人のママで、全員妊娠前のBMIは正常値で出産の時期は生期産だったそうです。特に太りやすい傾向であるママではなかったようです。

お腹周りや下半身が気になるママが多い

産後のママたちは体重が増えることも気にしていますが、さらに気にしているのがお腹のたるみや腰回りの肉など、下半身周りの体型変化です。

先輩ママへの産後の体型の悩みに関するアンケートで、最も回答が多かったのは「おなかのたるみと贅肉」で、73.7%のママが悩んでいるようです。続いて「腰回りの贅肉」が51.9%、「骨盤の歪み」が50.6%、「足のむくみ、足が太い」が42.9%と下半身に体型の悩みが集中していることが分かります。

妊娠中は子宮が大きくなりお腹周りや腰回りに大きな変化があるために、体は大きく変化します。そのため、お腹周りや下半身にボリュームが出てしまうことが気になるママが多いようですね。

子育てしながらスタイルアップを目指そう

簡単!お腹周りのストレッチと筋トレ

産後すぐに過度な運動を行うことは避けたほうがよいですが、体調がよく医師からも運動が問題ないという指示が出ていれば、お腹周りのストレッチや筋トレを行うこともよいですね。

産後すぐに始めるなら産褥体操がおすすめです。最初に行いたいのは、腹式呼吸によって腹筋と心肺機能の向上を目指す方法です。大きく息を吸ってから数秒呼吸を止め、次にゆっくりと息を吐きだすことで衰えた腹筋を無理なく使い、リラックス効果も期待もできますよ。

気をつけの姿勢で前を向き、その場で大きく足踏みをする運動もよいですね。手を大きく振り、足を太ももから持ち上げます。太ももを引き締め血流を改善させましょう。仰向けに寝て両膝を90度に曲げ、両膝を左右に倒すストレッチもおすすめです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事