就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おむつはずれの時期は昼と夜で違う!目安時期とポイントをご紹介

おむつはずれの時期は昼と夜で違う!目安時期とポイントをご紹介

子育てをするうえでの大きな難関の一つといえるのがおむつはずれです。おむつはずれの時期については個人差が大きいことから、ママが周囲と比べて焦ってしまいがちでもありますよね。ここでは、おむつはずれの時期の目安と昼と夜のおむつはずれのポイントについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

おむつはずれの時期の目安を知ろう

昼のおむつはずれは3歳ごろが一応の目安

おむつはずれとは、今まで子どもがおむつでしていたおしっこやうんちをトイレでできるようになり、パンツで過ごせるようになることをいいます。中にはトイレに行く習慣をつけるだけで自然におむつが外れる子もいますが、多くのママはおむつを外すためにトイレトレーニングを行います。

多くのママが苦戦し、ときには周囲と比較して焦ってしまうおむつはずれですが、昼のおむつはずれの一応の目安は3歳ごろといわれています。これは、膀胱にある程度の量のおしっこを溜めることができるようになるのが3歳ごろだからです。

とはいえ、膀胱の発達やトイレへの興味の度合いによってもおむつはずれの時期は異なりますので、あくまでも目安と思ってくださいね。

月齢ではなく個人の発達状況が大事

2歳を過ぎるとおむつが外れる子が出始め、だんだんとおむつがはずれる子が増えてくると、どうしてもママは周囲と比べて焦ってしまいがちです。

しかし、おむつはずれの時期には個人差が大きいことを忘れないでくださいね。子どものやる気とは関係なく、膀胱が未発達でおしっこを溜めることができないこともあります。そんなときにトイレの失敗を責めてしまうと、子どもの自信を失わせてトイレが嫌いになってしまうことがありますよ。

膀胱の発達だけでなく、トイレに行きたいと思ったときにそれをママに伝えるコミュニケーション能力も必要です。膀胱の発達という身体的な発達と精神的な発達の両方を満たしたうえで本人のやる気が加われば、いつかは必ずおむつが外れる日がきますよ。

おむつはずれは一進一退なので焦らずに

おむつはずれが順調に進む子もいれば、なかにはやっとおむつが外れそうと思ったらまた逆戻りという子もいます。

特に、入園や進級などの環境の変化があるとトイレの失敗が増えることもあるようです。ほかにも、ママが妊娠したり下の子が生まれたりといった場合も精神的に不安定になり、赤ちゃん返りの一種としてトイレの失敗が増えることもあります。

一度トイレに行けるようになっているからこそ、「どうしてできないの」と叱ってしまうこともあるかもしれませんね。しかし、誰しもいつかはおむつは外れるものだと大らかな気持ちで見守りましょう。ときには、一旦トイレトレーニングを中断して子どもの気持ちに寄り添い、またタイミングを見て再開するのもよいですね。

おむつはずれをスムーズにするポイント

体と心の準備ができたら始めてみよう

おむつを外すためのトイレトレーニングを始める時期にも個人差がありますが、早い子だと1歳を過ぎたころから始めます。ただし、早く始めればよいというものではなく、体と心の準備が整っているのかを確認する必要があります。

まずは、自分でトイレに行くためにしっかりと歩くことができ、おしっこの間隔が2~3時間空くようになれば体の準備は整ったといえます。さらに、トイレに行きたいときに自分の言葉で「おしっこ」「うんち」を伝えられるくらいに言葉でのコミュニケーションがとれるようになれば、心の準備も完了です。

準備が整わないうちに無理にトイレトレーニングを始めると、うまくいかずに子どもがトイレ嫌いになりかねないのでしっかりと見極めることが大切です。

自然におしっこやうんちを意識できるように

今まで当然のようにおむつで排泄をしていた子どもを、いきなりトイレに誘ってもうまくはいきません。トイレトレーニングをするときには、最初に「おしっこやうんちはトイレでするもの」ということを意識できるように促しましょう。

まずはおむつ替えのたびに、「おしっこ出たね」「綺麗にしたら気持ちいいね」などと声をかけて、おしっこやうんちを意識するようにします。そして、トレーニングパンツなどを用いて、パンツにおしっこやうんちをすると気持ちが悪いという感覚を知ってもらいます。

実際にトイレに行ってみる前に、絵本や動画を使ってトイレはどんなところなのか、トイレの流れを説明すると子どもでも分かりやすいのでおすすめですよ。

リラックスしてトイレに行ける配慮も大事

トイレトレーニングをするにあたっては、トイレの環境を見直すことも大切です。例えばトイレが狭くて暗くて怖い場所だと思っていたら、すすんでトイレに行きたいとは思えませんよね。

補助便座や踏み台を用意して、まずは子どもでもトイレを使える環境に整えます。最初はママが抱っこで補助便座に座らせるので踏み台は不要だと思うかもしれませんが、足が浮いていると怖くて力を入れられない場合もあるので、踏み台もある方が好ましいですよ。

ほかにも、便器やトイレの壁に子どもの好きなキャラクターのシールを貼ることもおすすめです。最初はトイレに誘っても行きたがらない子どもも多いので、トイレが子どもにとって楽しい場所になるように工夫をしてみてくださいね。

夜のおむつはずれのカギは「おねしょ」

夜のおむつはずれに手こずるママは多い

昼のおむつはずれの目安は3歳ごろですが、夜のおむつはずれについてはもっと長い目で見る必要があります。

おしっこの間隔も空き、昼のおむつはずれが完了すると次は夜もと思うかもしれませんが、焦りは禁物です。昼のおむつが外れてすぐに夜もおむつが外れる子もいれば、小学校に入学するまでなかなか外れない子もいます。また、おむつが外れたと思ってもたまにおねしょをしてしまうことは多く、小学校入学後も10歳くらいまではおねしょをしてしまう子は意外と多くいるんですよ。

昼と違って、夜のおむつはずしにはトレーニングが難しいです。寝ている子どもを起こしてまでトイレに誘うことは、睡眠不足につながるため逆効果といえるので注意してくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC