就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児のほくろは除去したほうがいいの?気をつけたいほくろや予防策

乳児のほくろは除去したほうがいいの?気をつけたいほくろや予防策

着がえや入浴の時に、赤ちゃんの真っ白な肌の上にほくろを見つけると、不安になりますよね。いつのまにできたのか、医師に連れていくべきかなど、ママの気持ちが落ち着かなくなると思います。今回は、ほくろの種類や、気を付けた方が良いほくろ、予防法などについてお話ししたいと思います。

乳児にもあるもの?ほくろの基本や除去方法

乳児のほくろはいつからあるの?

本来、生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろはほとんどありません。しかしママのお腹から出て、外界で紫外線を浴び始めるとできると言われています。

個人差はありますが、早くて生後数カ月頃からでき始め、1歳前後にママやパパが見つけるケースが多いようです。

ほくろのサイズも、現れる場所もまちまちで特に決まっていません。はじめは見落としてしまいそうな小さな黒い点だったのが、赤ちゃんの成長につれ少しずつ大きくなっていきます。

中には生まれつきほくろがある子もいますが、これは医学的には「先天性色素性母斑」と呼ばれるものです。小さいものは心配はありませんが、5㎝以上の大きなあざになると、将来的な影響も考えて医師の診断が必要です。

ほくろには2つの種類がある

ほくろには大きく分けて、先天的なほくろと後天的なほくろの二種類があります。それぞれ原因に違いがあり、予防できるものとできないものがあります。

【先天的ほくろ】
生まれつきある先天性色素母斑に加えて、赤ちゃんの頃から思春期の初期頃までにできるほくろは、遺伝性的な可能性が高いものと言われており、予防することはできません。

【後天性ほくろ】
思春期以降に出てくるほくろは、紫外線や摩擦など外からの影響やホルモンの影響を受けてできるものだと言われており、赤ちゃんの頃から予防が可能です。

先天的ほくろは予防はできませんが、後天的ほくろは予防できるので、赤ちゃんの頃から気を付けてあげることが大切です。

ほくろって除去できるの?

大きなほくろやあざのようになっているものなら、医療機関で除去することは可能です。小さなほくろであれば、電気やレーザーで除去、もしくは皮膚ごとメスで切り取るなど様々な方法があります。

万が一、悪性のほくろの場合は、皮膚だけではなく組織ごと切除しなければならないので、いずれにしても医師の的確な診断が必要となります。

大きなあざのようなものは、成長と共に大きくなり目立つようになるので、早めの処置が必要となることもあります。この場合、赤ちゃんの新陳代謝は活発ですので、施術後も傷のなおりが早く、将来的に傷跡も目立ちにくくなるので安心です。

いずれにしても、ほくろを取るか取らないかは、医師に相談し、その指示に従うようにしましょう。

ほくろチェック!こんなほくろは気をつけて

大きさや色や形などが変化するほくろ

大きさや色、形が変化していくほくろは、日常生活の中でのママの観察が大切です。ほくろの見た目に変化を感じたら医師に連れていきましょう。

【大型のほくろ、次第におおきくなるほくろ】
赤ちゃんに5㎝以上のサイズのほくろがある場合、大型色素性母斑の可能性があります。これは悪性になりやすく、赤ちゃんの健康に危険を及ぼすため、見つけたらなるべくすぐに医師に相談しましょう。ほくろが急に大きくなり、膨らんだりしてきた場合も要注意です。

【色や形が変わるほくろ】
ほくろが悪性の場合、赤ちゃんの体内にある免疫細胞の攻撃により、部分的に色が薄くなったり、形が変わったりするほくろもあります。この場合もよく観察し、変化を感じたら診察が必要です。

出血や液体がでているほくろ

普通のほくろの場合、ほくろ周辺が炎症を起こしたり腫れるなどの症状はみられません。

しかし、日本人に多い皮膚がんのひとつである有棘細胞がんの場合は違います。

有棘細胞がんの場合、ほくろの表面皮膚が炎症を起こしたり、小さなぽつぽつとした発疹のようなものが表面にでてざらっとし、出血を伴うことがあります。つまむと、しこりを感じる時は要注意です。

さらに膿みが出ていて、そこから悪臭がする場合は細菌による感染症を起こしやすくなっているため、厳重な注意が必要です。

このような症状を見つけた場合は早めに病院に連れていき、医師の診断を仰ぎましょう。赤ちゃんがほくろを掻きむしらないよう、気を付けてください。



足の裏や手のひらにできるほくろ

ほくろは体のどこにでもできるものですが、特に足の裏や手のひら、爪にできたほくろはメラノーマと呼ばれる悪性黒色腫の可能性もあります。

【足の裏】
メラノーマは、日本人の場合足裏にできることが多いと言われているので、赤ちゃんのおむつ替えや入浴のときなど、足裏をよく観察してみてくださいね。

【手のひら】
通常、手のひらは紫外線があたりにくいこともあり、ほくろはほとんどできません。もしも赤ちゃんの手のひらに黒い点のようなほくろを見つけたら、注意が必要です。

【爪】
メラノーマは爪にも発生することがあり、爪の場合は黒い縦じまのように見えるのが特徴です。

見つけたら、病院へ連れていき、医師に相談しましょう。

これって大丈夫?ほくろの疑問と予防法

ほくろの数が多いのは大丈夫?

赤ちゃんなのに、ほくろの数が多いのが気になって心配してしまうママもいると思います。

大きめのほくろの場合は悪性である可能性もあるので、早めの受診が必要ですが、1cm以下の小さなほくろがいくつかある場合は、しばらく様子を見ましょう。

両親、もしくはそのどちらかがほくろが多い場合も、子どもはほくろが多くなる傾向があると言われているので、遺伝の可能性もあるかもしれません。

ただし、急にほくろの数が増えた場合、病気の可能性もありますので、病院へいくことをお勧めします。

ほくろの数は、普段あかちゃんに接しているママだからこそ、その変化に気が付きやすいと思います。日頃からほくろの位置や数をなんとなく把握しておくのも良いかもしれません。

色が違うのはなぜ?赤や黒に茶色のほくろ

ほくろというと黒を想像しがちですが、実は他にも色があるのです。

【茶色のほくろ】
赤ちゃんのほくろは茶色であることがほとんどです。ほくろは、表皮内でメラニン色素が増えてできますが、一度では黒くならず何度も紫外線をあびることによって黒くなってきます。ゆえに赤ちゃんのほくろはまだでき始めのため茶色なのです。見つけたら、これ以上黒くなるのを防ぐためにも日焼け止めを心がけましょう。

【赤いほくろ】
これはイチゴ状血管腫と呼ばれ、生後三カ月以内に発生することが多いと言われています。ママのお腹にいた時に、血管細胞が正常に伸びなかったのが原因ですが、成長と共にわかりにくくなるので、様子見となりすぐに処置をしないケースも多いようです。

ほくろの予防ってできるの?

後天的ほくろなら、日常から予防は可能です。

赤ちゃんとお出かけの際には、日焼け止めをしっかり塗り、頭には帽子をかぶせましょう。赤ちゃんの髪の毛は薄いため、紫外線を浴びて頭皮にほくろが出来てしまうこともあります。

さらにベビーカーにも日よけをつけるなどして、赤ちゃんを紫外線から守りましょう。

肌へ一定の刺激を与えることによってほくろができるケースもありますので、肌着や衣類はできるだけ刺激の少ない肌ざわりの良いものを選び、下着がきつすぎないようサイズにも気を付けることが大切です。

入浴の際、ナイロンスポンジで体や顔をごしごし洗うのも避け、できるだけママの手で優しく洗うようにするとよいと思います。

まとめ

赤ちゃんにほくろを見つけると、最初はとてもびっくりすることでしょう。中には注意した方が良い危険なほくろもいくつかありますが、緊急性がない限り注意して観察してみることが大切です。

普段から赤ちゃんのほくろや肌の様子に気を付け、何か少しでも疑問や不安を感じたら、安易に自己判断せず、すみやかに医師の診断を仰ぎましょう。早期発見し、適切な処置を受ければ、むやみに不安にならずに済みます。

異常のない、普通のほくろにはあまり神経質にならずに、チャームポイントのひとつとして受け入れることが大切だと思います。




関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018