就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後の眠気や眠いのに眠れない原因とは?産後の眠気対策を紹介

産後の眠気や眠いのに眠れない原因とは?産後の眠気対策を紹介

産後にたっぷり睡眠をとれるのは入院中のわずかな時間だけです。産後は突然襲われる強い眠気に悩まされたり、逆に眠りたいのに、なかなか眠れない不眠が起こりやすい状況にあります。無理をすると思いがけない事態にもなりかねませんので、不眠の原因と眠いときの対処法をしっかりチェックしておきましょう。

産後の眠気に襲われる原因とは?

毎日の家事育児に疲れている

出産前の生活から激変する産後は、自分が感じているよりもはるかに疲労がたまりやすくなっています。身体の回復もまだ万全とはいえませんし、生まれたての赤ちゃんは数時間おきのお世話が必要です。

身体の疲労をいやすために、最も有効なのが睡眠です。眠ることで、人間は頭の中を整理し、肉体を休め、また新しい一日を暮らすことができます。

産後に急激な眠気に襲われるのは、身体のSOSのサインともいえるのです。できれば、そのサインに従って眠ってしまいたいのですが、そうもいかないママが多いのが現実ですよね。

育児だけでなく、毎日の家事もこなそうとすると時間がいくらあっても足りませんが、寝る間を削って家事をこなすのもほどほどにしましょう。

夜泣きや授乳による寝不足

赤ちゃんのお世話は24時間体制で、ママは夜泣きや授乳のために夜通し気が張った状態です。不思議なもので、赤ちゃんの小さな泣き声にもママは即座に反応できるよう、脳の回路が男性とは違う働きをするそうです。

なるほど、パパは赤ちゃんが泣いても隣で爆睡ができるわけです。そうなると、いくら夜中の授乳を頼んでも、おむつ替えをお願いしても、ママの方が先に目が覚めてしまうようになります。

赤ちゃんが夜まとめて寝るようになるまでには数カ月かかりますので、それまでの疲労と睡眠不足が重なってつらい眠気に襲われることもしばしば。それでも、赤ちゃんの声に過敏に反応してしまうのは、ママの本能ともいえるのでしばらくは寝不足の日々が続きます。

栄養不足が眠気の原因になる

母乳の原料は血液だということをご存じでしょうか。母乳育児をしていると、身体は水分不足になると同時に、鉄分不足になり貧血になってしまうことがよくあります。

実は、深い眠りにつくためには脳に酸素が十分に送られることが必要で、貧血の状態ではそれができずに、眠ったと思っていても実はしっかりと睡眠できていないことが多いのです。産後は強い眠気にたびたび襲われることが普通ですので、それが疲労のためか貧血のためかの判断をするのは難しいですが、母乳をあげているママは積極的に鉄分を補給するように努めましょう。

また、鉄分を効率よく吸収するためにはビタミンCも欠かせないそうです。普段の食生活も大事ですが、サプリメントなども上手に利用してみてください。

眠いのに眠れないことがあるのはなぜ?

ホルモンバランスが影響している

身体がぐったり疲れていても、眠りにつけない状況は本当につらいものです。産後はホルモンバランスが劇的に変化しますので、これが不眠の原因になっていることも大いに考えられます。

妊娠中は女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンが大量に分泌されますが、産後はこれらが急激に減少し体調が整わないこともよくあります。産後の肌荒れなども、このホルモンバランスの変化が原因で、便秘や不眠などあらゆる体調不良の元凶となっている場合もあります。

それほどまでに身体に影響を与えるホルモンですが、これが整うまでには個人差もあり、産後に生理が始まるまでは安心できません。ホルモンを整えるには、規則正しい生活も必要ですよ。

スマホが睡眠を妨げている

目にはたくさんの血液が流れているため、スマホを見るなど目を酷使すると、同じくたくさんの血液を使って体内の解毒をしている肝臓を疲れさせてしまうそうです。

そうなると、睡眠をとっているつもりでも疲れが取れないということが起こります。目に十分な血液が送れないと、目がチカチカしたり乾くことも多くなりますね。

また、スマホの明るい画面を見続けると、脳が興奮状態になり、交感神経が優位となって寝つけないこともよくあります。産後でなくても、スマホを寝る前に見ることは入眠を妨げることが分かっていますので、産後はとくに気をつけてスマホと付き合うことが大事です。

また、スマホの画面からでるブルーライトも睡眠の質を低下させるので注意が必要です。

産後うつが関係している

育児に追われて眠れない状態が長く続くと、精神的にも肉体的にも疲労がたまり「産後うつ」の状態になってしまうことがあります。そして、この「産後うつ」の症状の一つにも不眠があります。

不眠が病気のきっかけにもなり、症状でもあるため、産後うつであるかどうかを判断するのは難しいのですが、眠くても眠れない日が続いたり、寝ようとすればするほどいろいろ考えて不安になったりする場合は注意が必要です。

ほかにも、家事や育児が手につかない、料理の段取りが分からなくなる、イライラや気分の落ち込みが激しいなどの症状が現れます。抜け毛や便秘となって症状が現れる場合もありますが、なかなか自分では気がつけないのも「産後うつ」の恐ろしいところです。

産後のつらい眠気を解消する対策法

ママの体を優先させて休息をとろう

産後のママの多くは、赤ちゃんのお世話だけでなく、日々の家事もこなしていかなければいけない状況です。なんでも適当に済ますことができれば、ママもちょっとは休息をとることができるのですが、完璧主義のママはついつい頑張りすぎてしまいます。

あれもこれもやらなければと思うと、睡眠を削って家事をし続けることになり、睡眠不足の状態が続いてしまいます。これでは、ママの身体が悲鳴をあげるのも時間の問題です。

ママが倒れてしまったら赤ちゃんも家族も大変です。ママ自身で自分の体調を最優先に考え、休息を与えることが結果的に家族を守ることにもつながります。

部屋が少々汚くても、凝った料理ができなくても、眠気が強いときは休むくらいの心の余裕が必要ですよ。

家事や育児はパパにも協力してもらおう

なんでも一人でこなそうとするのが、家事と育児の負担を大きくする原因になります。頼れることは頼れる人に、お願いするくらいでちょうどよくなります。

パパは最も身近にいる助っ人です。少々頼みづらいことも、勉強をしてもらう意味も込めてお願いしてみましょう。

「自分でやった方が早い!」と思うこともしばしばですが、そこでママが助けてしまってはパパの成長も見込めません。子育ては長いスパンで考えなければいけないものです。

今できなくても、必ずパパも子育てのノウハウや、家事のあれこれを学んでいけます。「助かりました」「ありがとう」という声掛けがあれば、パパも頑張ってくれるはずです。

ママだけの問題と抱え込まずに、家事や育児は分担しましょう。

眠れない状態が続いたら病院を受診しよう

自分では気がつかない「産後うつ」の状態ですが、誰かにSOSを出せないことも状況を悪化させます。誰かに「病院に行ってみたら?」という言葉をかけられたら、素直に従えるように知識をもっておくことが重要ですね。

眠れないというのは、心身ともに疲れるものです。ストレスや疲労感も極限までくると、「なにもする気が起きない」など普通ではない状況に追い込まれます。

こうなってからでは、自分から病院に行くことも難しくなります。育児を孤独なものにしてしまうとこうした状況に陥りやすくなります。普段から積極的に外に出て、誰かと話をすることを心がけましょう。

育児について相談したい場合は、まずかかりつけの産婦人科や心療内科に相談してみてください。

まとめ

物理的にも産後のママが十分な睡眠をとることは、誰かの助けなしには難しいものです。助けてくれる人がいる場合は、遠慮なく頼むようにしてください。

子育てで、眠れない日々が続くのは、ほんのわずかな時間です。ですが、このわずかな時間で病気になってしまうことも現実にあり、長期間その病気に悩まされることもあるのです。

なんでも1人でこなそうと頑張ることはわるいことではありませんが、そこまで完璧にすることはないですよ。弱音を吐いても大丈夫。

心のよりどころを常に持つようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018