就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠38週目の赤ちゃんとママとは?入院準備は早めに済ませておこう

妊娠38週目の赤ちゃんとママとは?入院準備は早めに済ませておこう

妊娠38週目といえば正産期であり、いつ赤ちゃんが産まれてもおかしくない状態です。ママはいよいよ赤ちゃんと会えるという喜びとともに、出産に対する不安もあるかもしれませんね。この時期の赤ちゃんとママについて知り、不安を取り除いて準備万端で出産に臨みましょう。

妊娠38週の赤ちゃんとママの状態とは

赤ちゃんはいつ産まれてもよい状態に

妊娠38週目の赤ちゃんは、体重が2,800g程に成長しています。赤ちゃんの成熟ラインである2,500gをしっかりと超えているため、いつ産まれてもよい大きさになっているといえるでしょう。

このころの赤ちゃんは、視覚や聴覚も新生児とほぼ同じ程度まで発達していると考えられています。お母さんが声を掛けたり、音楽を聴かせたりすると、お腹の中で反応する赤ちゃんもいるようです。

また、体の中で老廃物を処理する機能や、呼吸するための肺機能も成熟しています。産まれた直後にうんちやおしっこをする赤ちゃんも多いですが、体の中でしっかりと練習していたからなのですね。さらに、指しゃぶりをしたり、歩くような動きをしたりと、38週ごろの赤ちゃんは産まれる準備を着々と進めています。

胃の圧迫がなくなり食欲アップの時期

「臨月に入るとお腹が下がる」とよくいわれますよね。これは赤ちゃんが出産に向けて、徐々にママの骨盤内に頭を下げてくるため起こる現象です。赤ちゃんの位置が下がることで、それまで圧迫されていた胃がすっきりし、食欲がアップするというママも多いようです。

妊娠後期の食べ過ぎは、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクが高まるため注意する必要があります。一方でお腹の下がり方には個人差があるため、最後まで苦しかったというママもいます。

赤ちゃんが下がることで胃はすっきりしますが、反対に膀胱や腸は圧迫されるため、便秘や頻尿といったマイナートラブルが起きやすくなるでしょう。こまめに水分補給するよう心掛けてくださいね。

この時期におしるしがあるママも多い

いよいよお産が近づいてくると、「おしるし」と呼ばれる陣痛兆候サインが見られることがあります。頻繁にお腹が張ったり(前駆陣痛)、子宮口が開いてきたりすることで、赤ちゃんを包んでいる卵膜が子宮壁から少しずつずれていきます。

このとき少量の出血があり、それが子宮頚管の分泌物(おりもの)と混ざって出てくるのが「おしるし」です。個人差はありますが、ピンク色から茶褐色で少し粘り気があり、量はあまり多くありません。

おしるしがあっても、すぐに陣痛が始まるわけではないので、焦らず普段どおりの生活をしましょう。「38週のころにおしるしが来た」というママも多いようなので、心の準備をしておくとよいかもしれませんね。

妊娠38週目に気をつけたいこととは

むくみやすく体重増加しやすい時期

妊娠中は血液中の水分量が増加するため、体全体がむくみやすい状態になっています。特に妊娠後期は、大きくなった子宮に血管が圧迫されて、下半身のむくみが出やすくなるでしょう。妊娠38週目ごろの多くのママが、ふくらはぎや足のむくみを経験しているようです。

38週目は、むくみを防止するために、十分な睡眠と塩分控えめの食事を心掛けましょう。実際にむくみが出た場合は、足を高くして寝たり、リンパマッサージをしたりするとよいですよ。

また、38週を過ぎて胃の圧迫から解放されたママが、急激な食欲に襲われることもあります。出産予定日まであと少しです。最後まで気を抜かずに体重管理をして、無事に出産を迎えたいですね。

膀胱が圧迫され尿漏れしやすい

妊娠38週目は、膀胱が子宮に圧迫され、頻尿や尿漏れといったマイナートラブルを経験するママが多い時期です。膀胱の圧迫だけでなく、出産に向けて骨盤底筋が緩んできていることも理由の一つです。妊娠中期まで何の症状もなかったママでも、妊娠後期に急に尿漏れすることはよくあります。

尿漏れは、くしゃみや咳など、お腹に力が入ったときに「あっ!」という感じで抑えられずに出てしまうものです。今現在症状が無くても、念のために吸水パッドをしておくと安心ですよ。

産後も尿漏れに悩むママが多いですが、体調が落ち着いてきたら、骨盤底筋群を鍛える運動をすると徐々に回復していきますよ。妊娠中の尿漏れは誰にでもあることだと思って、こまめにトイレに行くなどして乗り切りましょう。

ホルモンバランスの乱れで情緒不安定に

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れから情緒不安定になりやすいといわれていますよね。特に妊娠後期は出産に向けた体の準備が優先されるため、心のバランスを保つ機能は後回しにされがちなのです。

もうすぐ訪れる出産への不安、産後の子育てに関する不安などが心を駆け巡り、集中力や思考力が低下しやすくなるでしょう。しかし、妊娠中のイライラや気分の落ち込みは、女性ホルモンの影響によるもの。特別なことではなく「当たり前のこと」と捉えて、乗り切りましょう。

妊娠38週目が正産期であるとはいえ、可能であれば予定日前後までしっかりとお腹の中で育てておきたいですよね。過度な精神的ストレスは出産を早めるリスクもともなうので、できるだけリラックスするよう心掛けましょう。

妊娠38週目には入院の準備を整えておく

赤ちゃんグッズは必要最低限のものを

赤ちゃんグッズは、早い人では妊娠中期にある程度揃えているかもしれませんね。38週目では、必要なものを改めて確認して、足りないものを買い揃えておくとよいですよ。はりきって離乳食セットまで買っておいたのに、肝心の新生児用おむつを買い忘れていた、などはよく聞く話です。

赤ちゃんグッズに関しては、産まれてみないと必要なのかそうでないのか分からないものもあります。例えばミルクや哺乳瓶も、完全母乳であれば必要ありませんよね。

まずは必要最低限のものをしっかりとリストアップして準備しておくということが大切です。産後1カ月は自宅から出られないと想定して、必要になったときパパやおばあちゃんにどこに行けば手に入るのか、赤ちゃん用品店などを伝えておくとよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC