就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

臨月になるとおりものが変化する?出産前の体の変化をチェックしよう

臨月になるとおりものが変化する?出産前の体の変化をチェックしよう

おりものと破水やおしるしの見分け方

おりものの質や色は日によって違うことも

おりものの状態によって妊娠の経過や出産の兆候を知ることができますが、中には日によっておりものの質や色が変わり、不安を感じているママもいるかもしれませんね。おりものの状態によっては、感染症になっている可能性があるといわれるとより心配になります。

ただ、毎日のようにおりものの状態が変わることは妊娠中には起こりやすく、状態の変化や色の変化すべてに過敏になる必要はないようです。おりものの色自体も個人差がありますし、においも妊娠中は敏感なのでいつも以上ににおいを感じているだけの可能性もあります。

気にしたいのは、茶色いおりものが何日も続いていたり、色が明らかに黄緑や黄色がかっていたり、ポロポロと固形だったりする場合です。

さらさらした液体は破水の可能性も

臨月のおりものは多くのケースで粘り気がある液体ですが、さらさらの液体がサーっと出てくることがあります。さらさらの液体には細菌性膣炎によって起こる腐敗臭が強いおりものもありますが、多少生臭いくらいで生暖かいさらさらの液体が出てくる場合は、破水の可能性もあります。

一般的な破水ならサーッと水がでてきますが、高位破水といって子宮口から遠いところで卵膜が破れ破水した場合には、ちょろちょろと出てくるためおりものと間違えやすくなります。

動くたびに液体が出てきたり、定期的に繰り返しさらさらの液体が出てきたりするときには高位破水の可能性もあるので、病院で診察をしてもいましょう。破水が起こると細菌感染しやすくなるためお風呂は避け、早めに受診することが大切です。

おしるしは少量の血が混ざっている

子宮口が開いたり子宮が収縮したりすることで卵膜が剥がれて少量の出血が起こり、おりものに血液が混じった状態を「おしるし」といいます。出産の準備が整い間もなく陣痛がくる状態でもあり、出産の兆候といわれていますよね。

血液が混じるといわれると、真っ赤なおりものというイメージを持つママもいるかもしれませんが、おしるしの色や量にも個人差があります。まるで生理のように鮮血がたくさん出る方もいれば、気がつかなかったというママもいます。血が混じる、ピンクがかった色、茶色などのおりものはおしるしの可能性がありますよ。

出血量が多い、何度も出血する場合には、ほかのトラブルの可能性もあるので病院に相談してみるとよいですね。

出産を控えて不安を抱えるママに

心配なときはすぐに病院に相談しよう

臨月に入ると、いつ出産してもおかしくない状態ですよね。ネットや病院などで出産について色々調べるママも多く、「こんなことで病院に電話するのは迷惑かな」「少し気になる症状があるけれど、次の健診のときに聞けばいいか」など、自分の調べたり聞いたりした知識で悩みを解決している方もいるかもしれません。

しかし、臨月だからといって、すべてのお産が安全に進むとは限らないのです。最初は少しの変化でも、後になって大きなトラブルが起きてしまうケースもあります。

「いつもと様子が違う」「何かおかしい」と思ったときは、遠慮せずに病院に相談することをおすすめします。先生に相談して「問題ないよ」と言ってもらえれば、ママも安心してお産までの日々を過ごせるでしょう。

おりものだけでなく胎動チェックも忘れずに

臨月に入ると、「おしるしがきていないかな?」「破水じゃないかな?」とおりものに注目しているママは多いのではないでしょうか。おりものをチェックすることはもちろん大切ですが、おりもの以外にも色々とチェックしましょう。

例えば、赤ちゃんが生きているとママが実感できるのが、胎動ですよね。お産のときは胎動が減ると昔はいわれていましたが、臨月に入っても赤ちゃんの胎動はしっかり感じ取れるものです。

むしろ、「昨日までは胎動をしっかり感じていたのに、胎動が弱い気がする」「胎動を感じない」というときは要注意です。赤ちゃんがお腹の中で辛くなっている可能性もあるため、胎動がいつもと違う場合はすぐに病院で診てもらう必要があります。

無理せずにリラックスして過ごすことが大切

臨月に入ると、「いつお産になるか分からないから不安」「ちゃんと元気な赤ちゃんに会えるのかな」など、色々な不安を感じてしまいますよね。出産が目の前に迫っていると思うと、想像できない陣痛の痛みなどに気分が落ち込むママも多いようです。

しかし、妊娠中は無理をせず、リラックスして過ごすことが大切です。ママがストレスを抱えていると、お腹の中の赤ちゃんまで不安を感じます。

「安産を目指したい」と無理をして動き過ぎず、あとわずかな妊娠期間を楽しみましょう。お産はリラックスすることで、スムーズに進むといわれています。赤ちゃんとママができるだけ楽に出産を終えるためにも、「なるようになる」と前向きに日々を過ごしましょう。

まとめ

妊娠中の経過は、一度出産を経験したママでも妊娠ごとに異なります。特に、臨月のママはちょっとしたことが不安になるかと思いますが、まずは様子を観察し病院に行ったほうがよい状態かどうかを確認するとよいですね。

おりものの変化は、臨月には多くのママが経験します。あまり神経質になる必要はありませんが、普段とは明らかに違うときには病院に相談をおすすめします。不安を抱えることはママにとってはストレスとなるため、不安を解消するために受診をするのもよいですよ。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND