就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産入院バッグは二つに分けよう!キャリーバッグ、持ち物リスト

出産入院バッグは二つに分けよう!キャリーバッグ、持ち物リスト

出産を控えている妊婦さんは、出産準備に大忙しですよね。赤ちゃんとお家ですごす準備も大切ですが、出産入院するときの準備物も早めから用意が必要です。ここでは、出産入院するときに持っていくものはどのようなバッグに入れるとよいのかや、どこでバッグを購入できるかなどをご紹介します。

出産入院バッグはどんな形がいい?

リュックサックは両手が使えて便利

出産が近づいてくると、出産入院の準備をしなければなりません。出産入院は意外と持ち物が多いので「どんなバッグで病院に行くといいの?」「出産入院の持ち物を入れるバッグがない」と、バッグに悩む妊婦さんもいます。

出産入院の持ち物は着替えや洗面用具、スリッパ、赤ちゃんに着せるものなどたくさんあるので、入院グッズをリュックサックに入れると便利ですよ。リュックサックは両手が空くので、陣痛や破水がきて病院に行くときも歩きやすいですよね。

たくさん荷物が入っていても簡単に背負うことができるので、リュックサックはおすすめですよ。また、退院時もママは赤ちゃんを抱っこしているので、リュックサックは使いやすいでしょう。

キャリーバッグはコンパクトなものを選ぼう

出産入院の準備物はママのものだけではなく、生まれてくる赤ちゃんのものも必要なため荷物が多いですよね。陣痛や破水などで病院に急いで行くことがあるので「出産入院で持っていくバッグは一つにまとめたい」と思っている方もたくさんいるでしょう。

出産入院のバッグで、キャリーバッグを選ぶ方も多いです。キャリーバッグは荷物がたくさんあるときに持ち運びが便利ですよね。出産入院バッグにキャリーバッグを選ぶときは、なるべくコンパクトなものを選ぶようにしましょう。

キャリーバッグが大きすぎると病室でも邪魔になりますし、階段があるところは持ち上げるのも大変です。退院時は赤ちゃんを抱っこしているので、コンパクトなキャリーバッグのほうが動きやすいですよ。

A4サイズトートバッグは妊娠中から使える

出産入院の準備物を入れるバッグを、新しく購入する妊婦さんも多いですよね。しかし、「出産入院でしか使わないものは、買うのがもったいない」と、入れるバッグがなくても購入するか悩む方もいます。

A4サイズのトートバッグなら妊娠中から普段使いに活用できるので、一度購入するとたくさん使うことができますよ。トートバッグは使い勝手がよく買い物袋の代わりにしたり、マザーズバッグとして使ったりもできるので便利でしょう。

友人の話では、出産入院の持ち物が入る大きめのバッグがなく、新しく購入することにしたそうです。色々見て回った結果、トートバッグは荷物がたくさん入るので、ママには使いやすいと思い購入したと話してくれました。

出産入院におすすめバッグ通販サイト3選

かわいいバッグが豊富エンジェリーベ

出産入院で持っていくバッグは、新しく購入するという妊婦さんも多いようです。「産後もマザーズバッグとして使えるような、可愛いデザインのものがほしい」と思う方もたくさんいますよね。

「エンジェリーベ」は、マタニティウェアやベビー用品などが専門の通販サイトで、出産入院で活躍するような大きめのバッグもたくさん売られています。出産入院で使えるだけではなく産後のマザーズバッグとしても活用できるように、ポケットがたくさんあり、軽くて、おむつシートがついているバッグもあるので、たくさんのバッグのなかから選ぶことができます。

「エンジェリーベ」のバッグは使いやすいだけではなく、デザインもとても可愛いのでバッグ選びにウキウキしそうですね。

入院準備アイテムがそろう老舗ベルメゾン

「ベルメゾン」は昔からある老舗なので、安心感がありますよね。出産入院に必要なものが書いてあったり、赤ちゃんとの生活であると便利なものが紹介されていたりと、項目ごとに分けて紹介しているページがあるので買い物がしやすいですよ。

「ベルメゾン」のバッグは、種類が豊富でママが使いやすいものをたくさん扱っています。入院準備物が一つにまとめられるような大きめのバッグや普段使いできるコンパクトなバッグまであるので、自分の好みに合ったバッグが見つかりそうですね。

「ベルメゾン」では、出産入院に必要なものをチェックできるリストがサイトに載っているので、バッグ以外にも入院や赤ちゃんとの生活で必要なものをまとめ買いすると便利でしょう。

実店舗で確認できるアカチャンホンポ

「アカチャンホンポ」は、行ったことがある、聞いたことがあるという妊婦さんも多いのではないでしょうか。ネットショッピングすることも可能ですが、全国にたくさん店舗があるので実際に見て購入することができますよ。

先輩ママの話では、出産入院は荷物が多いため、入院バッグはどのくらいの大きさが必要なのか分からなかったそうです。ネットでは悩んでなかなか購入できないので、近くの「赤ちゃん本舗」に行ったと話してくれました。「赤ちゃん本舗」に行くとスタッフの方が丁寧に説明してくれて、大きさもデザインも気に入ったバッグを購入することができたそうですよ。

実際に店舗で見てから購入すると、失敗が少なくてよいかもしれませんね。

出産入院バッグの中身、持ち物リスト

バッグは二つに分けて持ち物を入れる

出産入院で必要な持ち物は、出産する産婦人科や病院によっても多少違いはありますが、基本的に持ち物は多いですよね。出産入院のバッグは一つにまとめてもよいのですが、陣痛や破水で焦ってしまうと入院バッグを忘れてしまうことがあるので二つに分けておくと便利ですよ。

先輩ママの話では、お産はいつくるか分からないので入院バッグを二つに分けて、一つのバッグはお出かけのときも常に持ち歩くようにしていたそうです。たくさん荷物が入る大きめのバッグと、小さめのバッグとに分けていたと話してくれました。

バッグを分けることで外出時に破水したときも、小さめのバッグを持っていて母子手帳を入れていたので、安心してそのまま病院に向かうことができたと話してくれました。

すぐに持ち出せるバッグに貴重品を

出産は突然訪れることがあるので、出産入院の準備は安定期の間に済ませておくと安心ですよ。先ほどご紹介したように、出産入院で持って行くバッグは、持ち物を二つに分けて入れておくと便利です。小さめのバッグには、すぐに持ち出せるように貴重品を入れて、外出のときにも持ち歩きましょう。

小さめのバッグに入れておく物は、
・母子手帳
・印鑑
・健康保険証
・産婦人科や病院の診察券
・現金
・スマホやスマホの充電器

急にお産がきて、外出先から産婦人科や病院に直行する場合でも、上記の持ち物があれば安心です。現金は、売店で買い物をする程度で十分。入院費用などの高額なお金は入れておかず、退院時にパパに持ってきてもらうようにしましょう。

大きめバッグには入院グッズを

大きめのバッグには、入院グッズを忘れ物がないように準備しましょう。出産入院のときの持ち物はたくさんあるので、持ち物リストを紙に書いてチェックしていくとよいですよ。

入院準備物
・前開きのパジャマ(2~3枚)
・スリッパ
・靴下
・カーディガンなどの病室で羽織れるもの
・授乳ブラジャー(3~4枚)
・産褥ショーツ(3~4枚)
・バスタオル(2~3枚)
・ハンドタオル(2~3枚)
・骨盤ベルト
・お風呂セット(シャンプー、トリートメント、ボディソープ、洗顔など)
・歯ブラシ、歯磨き粉
・基礎化粧品(化粧水、乳液など)
・ティッシュペーパー1箱
・ガーゼ(3~4枚)

「持ってくるのを忘れた」と焦ることがないように、しっかり準備しましょう。

退院バッグも忘れずに用意しておこう

入院中に持ってきてもらえばOK

入院バッグは妊娠中にしっかり用意しているママが多いですが、退院の準備をうっかり忘れてしまっているママも少くありません。妊娠中に退院バッグをしっかり用意しておくと、退院時に焦らずスムーズに赤ちゃんとお家に帰宅できますよ。

友人の話では、妊娠中に入院バッグを二つと退院バッグを一つ準備していたそうです。出産で入院することになったときは入院バッグ二つを持っていった行ったそうですが荷物もあまり多くなかったので、持って行きやすかったと話してくれました。退院バッグは、退院前日にパパに持ってきてもらったそうですよ。

退院バッグは入院中は使用しないので、ママが入院している間にパパや家族の方に持ってきてもらうとよいでしょう。

退院バッグの中身の例

退院バッグの用意をするときに「何を持って行けばよいの?」と荷物に悩むママも多いですよね。退院するときに困らないように、入院グッズと同じようにチェックリストを作っておくと安心でしょう。

退院バッグの中身
・出産費用(現金)
・ママの退院着
・メイク道具
・エコバッグ(入院中に荷物が増えていることもあるので、あると便利)
・赤ちゃんの肌着
・ベビードレスまたはベビー服
・おむつ(2~3枚)、おしり拭き
・おくるみ
・授乳ケープ

退院するときは、ママのものだけではなく赤ちゃんのものもあるので忘れ物に注意しましょう。また、退院時のママの服装は、産後は体型がまだ戻っていないのでゆるめの服がよく、授乳しやすいものがよいですよ。

そのほかマイアイテムも用意しておくと安心

出産入院も終わりいよいよ赤ちゃんと退院できる日は、ママにとって赤ちゃんとの生活がスタートする記念日ですよね。退院するときもストレスなくスムーズに退院できるように、退院バッグには必要なものをしっかり入れておきましょう。

先輩ママの話では、出産した産婦人科からお家までは車で約2時間かかったそうです。お家に帰るまでに授乳することがあると思い、授乳ケープと授乳クッションを車のなかに用意しておいたと話してくれました。また、おむつ交換がしやすいように、おむつシートも退院バッグに準備していたので、お家に帰るまでも赤ちゃんのお世話がしやすかったそうですよ。

退院バッグには、赤ちゃんとお家に帰るまでのことを想像しながら詰めると、あると便利なものに気づきそうですね。

病院で用意してくれるものもチェック

事前にチェックしておくと安心

入院グッズはママが用意して持って行くものと、病院側で用意してくれるものがあります。出産入院時に持ち物を減らせるように、事前に病院側で準備してくれるものを確認しておくと安心ですよ。

最近の産婦人科や病院では、新生児用の紙おむつ、おしり拭き、入院中に赤ちゃんに着せる肌着、ベビー服、粉ミルク、哺乳瓶などを用意してくれるところが多いです。ですから、入院中の赤ちゃんのお世話グッズはガーゼぐらいでよいところがほとんどなので、入院期間は赤ちゃんのお世話グッズに困ることはないでしょう。

また、ママが入院中に使用するスリッパや、ティッシュペーパー、歯磨きセット、シャンプー、リンス、ボディソープなども病院側が準備してくれるところがあります。入院中のお風呂タイムはママのリラックスできる時間でもあるので、お気に入りのシャンプーなどを持って行くのもよいですよ。

ほかにも、赤ちゃんの授乳で使用する授乳クッションや、出産後に会陰切開などでベッドに普通に座れないママのためにドーナツクッションが置いてある病院も多いですよ。

寝具類をレンタルしてくれる病院も

出産入院期間は、初めてのお産のママで約1週間といわれています。しかし、ママの体調によっては入院が長引くことも珍しくありません。約1週間の入院生活のために、パジャマなどを入院予定の日数分持って行くのは荷物が多くなり大変ですよね。産婦人科や病院によっては、ママの寝具類をレンタルしてくれるところもありますよ。

先輩ママの話では、パパは仕事で忙しいので毎日お見舞いにくることが難しく、洗濯を頼むことができず、「入院準備物が多くなる」と困っていたそうです。病院のスタッフの方に相談してみると病院で寝具類がレンタルできることが分かったので、持ち物も減り入院生活も快適にすごすことができたと話してくれました。

病室はエアコンもきいているため、「パジャマの枚数はそんなにいらないでしょう」と思う方も多いかもしれませんが、初めての赤ちゃんのお世話に焦ってしまい、汗を大量にかく方も!とくに、赤ちゃんへの授乳はお世話のなかでも慣れるまでが大変なので、汗をかいたり、母乳でパジャマを濡らしてしまったりすることもありますよ。

まとめ

出産入院の準備は、持ち物が多くてママは準備が大変かもしれませんね。しかし、入院グッズを入れるバッグ探しは、可愛いデザインのものもたくさん売られているので、「どんなバッグにしよう?」とウキウキするはずですよ。

入院バッグとしてだけではなく、赤ちゃんとお出かけするときのマザーズバッグとしても活用できるものを見つければ、長く使えるのでよいでしょう。使いやすい入院バッグを見つけて、生まれてくる赤ちゃんと快適な入院生活をすごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018