就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦だって旅行に行きたい。宿選びやプランを立てるときの注意点

妊婦だって旅行に行きたい。宿選びやプランを立てるときの注意点

妊娠中のママでも、家族との思い出作りで旅行に行きたいと考える人は多いのではないでしょうか?特に初めての妊娠では、しばらく夫婦で旅行に行くことはなくなるかもしれないので、パパと2人で満喫したいですよね。そこで、妊婦さんでも安心して旅行に行くためのポイントや注意点についてまとめてみました。

時期や体調を考えてプランを立てよう

旅行する時期は安定期がおすすめ

妊娠中の旅行は、比較的体調が落ち着いている安定期に行くのがおすすめです。妊娠初期はまだ胎盤が完成していない状態で流産の危険性も少なくありません。特に妊娠12週以前は大切な時期なので、できるだけ体に負担をかけないようにしましょう。

また、妊娠2~4カ月の間は多くの人がつわりを経験します。つわりの重さには個人差が大きいですが、この時期は体調が急変しやすいので、普段はつわりがなくても旅行中に急に具合が悪くなることも考えられます。

反対に安定期を過ぎた妊娠8カ月以降は、お腹が張りやすく無理をすると早産につながる可能性もあります。お腹も大きくなってきて動きにくい時期なので、旅行は避けたほうがよいでしょう。

電車や車、飛行機など移動手段はよく考えて

旅行中に何かあってもすぐに帰ってくることができるように、行き先はどの交通手段でも2時間以内の場所を選ぶとよいでしょう。海外は気候や食べ物の違いなど、妊娠中は不安が残るので避けたほうが無難です。

国内でも飛行機で行く場合は、気圧の変化や姿勢を変えにくいことからできるだけ近場を選びましょう。しかし、より安心して旅行に行くためには、電車や車のほうがよいかもしれません。妊娠中は乗り物酔いをしやすいですが、電車や車なら具合が悪くなっても途中で降りることができますね。

また、自家用車で行けば周りの人に気を遣うことなく、臨機応変に休憩を入れることができます。ただし、渋滞に巻き込まれる可能性もあるので、ルートの確認や事前の計画をしっかり行っておきましょう。

マイペースなフリー旅行でゆったりプラン

旅行には旅行代理店などが主催するツアー旅行と、すべて自分たちで計画するフリー旅行があります。通常なら、旅先を効率よく観光でき、宿泊先や移動手段の手配も行ってくれるツアー旅行は便利ですが、妊娠中の人にとってはスケジュールがハードすぎたり、周りに気を遣って疲れてしまったりするので、あまりおすすめではありません。

妊娠中の旅行は、家族との思い出作りやリフレッシュが目的なので、マイペースに過ごせるフリー旅行がよいでしょう。

プランを考える際は観光スポットをあまり詰め込みすぎず、宿泊先でのんびりしたり大自然を満喫したりするような、ゆったりとしたプランがよいですね。空気のよい場所でのんびり過ごすだけでも、気分転換になるでしょう。

宿泊はマタニティプランのある宿選びが大切

食事への配慮や特典で安心と安全を

妊娠中の旅行では宿選びも重要なポイントですよね。あまり観光地を回り歩いても疲れてしまうので、宿泊先でのんびりするプランを考える方もいるのではないでしょうか?その際は、食事やサービス面で妊婦さんが安心できるマタニティプランのある宿がおすすめです。

マタニティプランのある宿では、食事の際も食前酒の代わりにノンアルコール飲料をいただけたり、生ものを避けたメニューにしてもらえたりするところが多いですよ。宿によっては、妊婦さん向けに塩分控えめで鉄分豊富な食事内容となっている場合もあります。むくみやすい方や貧血気味の方にとっては嬉しいですね。

また、マタニティプランの中には、ノンカフェイン紅茶やマタニティウェアが貰える特典がついているところもあります。

妊婦にやさしいサービスも豊富

マタニティプランのある宿を選ぶと、貸切露天風呂やマッサージのサービスを行っているところもあり、妊婦さんに人気となっています。露天風呂も貸切なら周囲に気を遣うことなく、リラックスできそうですね。

また、部屋の設備やサービスも妊婦さんに嬉しいポイントがたくさんあります。緑茶ではなくノンカフェインの飲み物が用意されていたり、お腹が冷えないようにパンツタイプの寝巻きを置いていたりする宿もあるようです。

リラックスして疲れを取るためには寝具も大切ですよね。宿によって低めのベッドや布団など様々なので、自分の好みに合ったところを選びましょう。枕やクッションを多めに貸してもらえたり、抱き枕があったりするとより快適に過ごせますね。

プランのない宿では妊婦のキャンセルもある

マタニティプランのない宿でも素敵なところはたくさんありますが、宿によっては何かあったときに対応できないため、妊婦さんは受け入れてもらえない場合があります。

めったにありませんが、予約をしておいても当日に宿泊を断られてしまう場合もあります。旅行先でトラブルがあると、せっかくの旅行も心が休まりませんよね。そのようなことを防ぐためにも、宿泊予約の際に妊娠中であることを伝えておきましょう。

妊娠中であっても快く受け入れてくれそうな宿なら、マタニティプランがなくても色々と気遣ってもらえる場合があります。また、宿泊施設側もあらかじめ知っておくことで、食事内容やサービスを見直し、妊婦さんでも快適に過ごせるように準備できるので助かるでしょう。

妊婦の旅行に必要な持ち物や注意点とは

あると便利な持ち物や必要なもの

妊娠中は、万が一旅先で体調を崩した場合や、寒さ暑さなどの環境が自分に合わないときのことを考え、持ち物は念入りにチェックしましょう。

一番大切なのは、母子健康手帳や健康保険証です。途中で体調を崩した場合、旅先の医療機関にかかることも考えられます。妊娠中の経過などを伝えられるように、母子手帳は忘れずに持って行きましょう。

また、冷え対策としてブランケットやカーディガンを持って行くと便利です。移動中は体勢がつらくなることもあるので、荷物にはなりますがクッションなどがあると楽な姿勢を取ることができるでしょう。生理用品や携帯トイレを持って行けば、急な出血や車での渋滞時でも慌てずに対応できるので安心ですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC