就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

安産のためにできる出産準備とは?体づくりや呼吸法などのコツを紹介

安産のためにできる出産準備とは?体づくりや呼吸法などのコツを紹介

赤ちゃんに会うのはとても楽しみだけど、やっぱり出産はこわい!というママも少なくないと思います。もし「難産」だったら…と不安に思うこともあるでしょう。出産のときはぜひ「安産」で産みたいですよね。そこで今回は、安産にするためにどんなことができるのか、その方法を紹介していきます。

出産に関する安産の定義について

安産と難産の違いはなに?

多くの妊婦さんは妊娠中、「もし難産だったらどうしよう…」という不安が一度は頭をよぎるのではないでしょうか。「難産」とは、分娩時間が長いことをイメージする人が多いと思いますが、必ずしもそれだけではないようです。

そもそも「安産」や「難産」は医学用語ではなく、それぞれに明確な定義はありません。一般的に「安産」といわれるのは正常分娩、「難産」は異常分娩のときを指すことが多いようです。

・正常分娩
妊娠37週から41週で、促進剤などを投与せずに自発的な陣痛で経膣分娩すること。

・異常分娩
経過が正常でない分娩の総称で、母体の疾患、双胎・未熟児、分娩中の陣痛異常や産道異常、前置胎盤など、薬剤投与や器具の使用、帝王切開により医療介入する分娩のこと。

出産はどのくらい時間がかかるの?

「出産」の時間はいつからいつまでをカウントするかによります。日本産婦人科学会によると、「分娩時間」の開始は10分間隔の規則正しい陣痛が始まったときとされています。本陣痛の前にくる「前駆陣痛」(間隔や痛みの強弱がバラバラな陣痛)はカウントされないようです。

【初産の一般的な分娩経過】
・分娩第1期
分娩開始から子宮口全開大まで…10~12時間

・分娩第2期
子宮口全開大から胎児娩出(たいじべんしゅつ、赤ちゃんが完全に出てくる)まで…1~2時間

・分娩第3期
胎児娩出から胎盤娩出(たいばんべんしゅつ、胎盤がすべて出される)まで…20~30分

トータルすると、分娩に12~15時間程度かかるのが平均的です。

安産な人はどんな人?

自分は「安産型」なのか、気になりますよね。安産な人には、どのような特徴があるのか見てみましょう。

・標準的な体形
痩せすぎ、太りすぎは出産への悪影響が考えられます。標準体型とは「BMI」が18.5以上~25未満の人をいいます。
BMI=体重(kg)/身長(m)×身長(m)

・適度な運動をしている
出産にはかなりの体力がいります。安定期に入ったら、医師に確認したうえで、ストレッチやウオーキングなど適度な運動をしておくとよいでしょう。

・冷え性ではない
冷え性は万病のもと、とよくいわれますね。ママにとっても赤ちゃんにとっても、妊娠中は体を温かく保つことは大切です。冷え性と前期破水(陣痛前の破水)には因果関係があるともいわれています。

安産な人になるために体づくりで出産の準備

食事に気を付け体型を整える

妊娠中は適切な体重管理が求められます。赤ちゃんの重さだけでなく、胎盤・羊水・子宮や乳房の重みに加え、血液量も増えるので、臨月には妊娠前より7~8kgほど体重が増えるのが一般的です。

妊娠中の推奨体重増加量は、先ほど紹介したBMIが「ふつう」体型と判定された人で、7~12kgとされています。ちなみに増加量が7kg以下だと、低体重児となるリスクがあるので、妊娠中の過度なダイエットなどは禁物です。

逆に妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になるリスクが高まります。また、赤ちゃんが大きくなりすぎたり、産道に脂肪がつきすぎて難産になったりすることも考えられます。妊娠中は必要な栄養素を取り入れながら、食事に気を付け体型を整えましょう。

血行をよくするために体を温める

妊娠中はホルモンバランスや体型の変化などにより、非妊娠時よりも体が冷えやすくなっています。

【体の冷えからくるマイナートラブル】
・つわりの悪化
・便秘
・おなかが張りやすくなる
・足のむくみ
・足がつる 
・腰痛 など

深刻な冷え性は赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。血行不良により胎盤からの栄養が十分に得られず、低体重児や早期胎盤剥離、切迫早産などのリスクも高まります。

【体を温める方法】
・温かい服装…特に腰やお腹、足首などを冷やさないように。
・温かい飲み物…夏場でも冷たい飲み物は避けましょう。
・体を温める食べ物…ショウガや根菜などがおすすめです。
・半身浴…足湯も効果的です。
・適度な運動…負担にならない程度の運動で血行をよくしましょう。

出産しやすくなるための安産ストレッチ

安産を望むのであれば、出産しやすくなるための運動を取り入れたいですね。妊娠中におすすめの運動は「ストレッチ」です。骨盤や股関節まわりをストレッチすることで、赤ちゃんの通る「産道」周辺が柔らかくなり、安産につながりやすくなります。

また、出産では想像以上に体力が必要になります。定期的に運動をすることで出産に必要な筋力を保つことができます。安産ストレッチで骨盤底筋群を鍛えておけば、出産するときに赤ちゃんを通しやすくなるでしょう。

ストレッチのやり方は、産院で助産師さんにアドバイスしてもらうと安心です。運動をする前には必ず主治医に確認をしてください。また、運動の途中でお腹が張ってきたり、気分がわるくなった場合は、無理をせずすぐに体を休めてくださいね。

呼吸法やイメトレ!ほかにもある安産のコツ

体験談を聞いてイメージトレーニングをする

出産が怖い…というママは、先輩ママに出産時の体験談を聞いて、イメージトレーニングすることをおすすめします。出産は十人十色なので、思ったよりも痛くなかったというママもいれば、大変すぎて二度とあんな経験したくない!というママもいるでしょう。

実際に話を聞いてみると、出産時に何のトラブルもなかった、というママは意外に少ないように思います。重大なトラブルではなく、パパとのちょっとした行き違いや、病院で困ったエピソードなど、どのママもそれぞれに物語があってとても参考になると思います。

予定日はありますが、出産は突然やってきます。当日慌てないためにも、いろいろな体験談を聞いて、自分の出産をイメージしてみるとよいですよ。

陣痛で慌てないためにも呼吸法を練習する

初産の場合は来たるべき陣痛に備えて呼吸法を練習しておくと安心です。痛みに焦って呼吸が浅くなったり、タイミングわるくいきんでしまったりすると危険です。ゆっくりと鼻から息を吸って、ゆっくりと口から吐くようにすると、だんだんとリラックスしてきます。

陣痛の間隔が短くなってくると激痛で声を上げたくなりますが、できるだけ声を出さずにゆっくりと息を吐いて「いきみ逃し」をしましょう。子宮口全開大になる前の早い段階からいきんでしまうと、会陰部や膣内で裂傷がおきる可能性があります。

息を止めて思いっきりいきんでもよいのは、いよいよ赤ちゃんの頭が出てくる最後の段階だけです。いきみたい気持ちを抑えて、呼吸法でしっかりと「いきみ逃し」しながらお産を進めていけるとよいですね。

最後の頼みは神頼み?夢占いとお参り

赤ちゃんが無事に生まれてきてくれることは、ママにとって奇跡ともいえますよね。安産で生まれてきてくれるなら…神様仏様…と思わず何かに祈りたくなります。縁起がよいといわれれば、ぜひ取り入れたいものです。

妊娠中はホルモンバランスの関係で浅い眠りが多くなるため、よく夢を見ます。出産や育児への不安や、パパとの関係でストレスを抱えがちなので、悪夢を見るママも多いようです。反対に妊娠中に「工事現場」や「小熊」が出てくる夢を見ると、縁起がよいといわれています。

また、安産祈願も妊娠中にぜひしておきたいことですね。安定期に入ったころ、「戌(いぬ)の日」に腹帯を巻いて安産をお祈りするのが一般的です。安産のご利益があるとされる神社を調べて行くとよいでしょう。

まとめ

初めての出産に戸惑いや恐怖を感じているママは、不安の原因を少しでも取り除くため、出産に関する正しい知識を身に着けておくとよいでしょう。出産に関して、インターネットで気軽に調べることはできますが、必ずしもその情報が正しいとは限りません。身近にいる先輩ママや産院の先生、助産師さんなどから直接話を聞くことをおすすめします。

出産にはいろいろな形がありますから、あまり情報にとらわれすぎずに、自分なりのお産ができるように準備したりイメージしたりしてみるとよいでしょう。みなさんのお産が安産でありますように…。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018