就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 プールに浸かって出産!メリットやデメリット、病院について

プールに浸かって出産!メリットやデメリット、病院について

水中出産という出産スタイルをご存知ですか?水中出産はプールに浸かってするお産です。出産といえば分娩台の上が主流の日本では少数派かもしれませんが、海外では人気のある出産スタイルです。どうやっていきむの?パパは立ち会えるの?そもそもどこで出産するの?そんな疑問をクリアにしていきましょう。

日本では知名度の低い水中出産について

プールに浸かって出産!どんな出産方法?

水中出産は分娩台ではなく、水をはったプール、というよりも2人用くらいの小さめのお風呂の中で赤ちゃんを産みます。体温とほぼ同じ36~37℃のぬるま湯をはり、羊水の塩分濃度と同程度になるよう自然塩を溶かします。

水の中に入るタイミングは一般的には陣痛が強まってから。和痛目的の温水浴として分娩初期に浸かることもありますが、体力の消耗などを考慮すると水中で過ごすのは1~2時間程度です。

陣痛が弱まったときは一度外にでて、また強くなってきてから水に戻ることもあります。あとは自然分娩(経腟分娩)とほとんど変わりありません。

ママと一緒にパパも水中で過ごしたり、出産に立ち会ったりすることができる産院もあります。

水中出産のメリットとデメリットは?

水中出産のメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット
1.リラックスできる
ぬるま湯に身体を浸すことで精神的にリラックス。また身体の緊張がゆるみ、お産がスムーズに進みやすくなります。

2.姿勢を変えやすい
分娩台の上では一苦労ですが、浮力のある水中では簡単に姿勢を変えられます。

3.痛みが和らぐ
温浴効果で筋肉のこわばりがゆるみ、痛みが軽減されます。

デメリット
1.いきみづらい
浮力があると身体に力を入れづらくなります。結果的にお産が長引くケースも。

2.出血量が多くなる
ぬるま湯で血行が促進され、出産時の出血量が増える可能性があります。

3.緊急時の対応が遅れる
分娩台の上であれば即外科的処置ができますが、水中ではできません。

費用はどれくらいかかるの?

水中出産には衛生面などにも配慮した専用の設備が必要となることから、一般的な分娩台の上での出産よりは割高になります。プラス1~2万円のところからプラス5~10万円とその値段は施設によりさまざまです。

一般的には規模の大きな総合病院では安め、助産院などでは高めの傾向があります。また水中出産だけでなく、畳の上や四つん這いなどのフリースタイル出産全般も費用に含まれ、お産の進行に合わせて自由にその場で選べるケースもあります。

水中出産の費用は一般の分娩同様に健康保険は適用されないため、全額自己負担となります。

次に都内で水中出産が可能な施設の例を挙げていますので、料金もあわせて参考にしてみて下さい。

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

PR

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイト、出産内祝いだけでなくお歳暮や入学祝いにも人気の最新カタログ情報をお伝えします。

水中出産ができる病院と出産までの流れ

都内で水中出産ができる病院は?

総合病院、産科クリニック、助産院の3カ所をそれぞれご紹介します。

1.日本赤十字医療センター(広尾)
母乳育児と自然分娩に力を入れている総合病院。「病院内家庭出産」をサポートしています。

費用:プラス25,000円

2.育良クリニック(中目黒)
個室は和室・洋室が選べ、未就学児の宿泊も可能。アクティブバース室があり、腰湯ができる浴槽や体勢を支えるアクティブチェアに加え昔ながらの産み綱まで用意されています。

費用:プラス30,000円

3.目白バースハウス(目白)
ママと赤ちゃんのペースですすめる「アクティブバース」をモットーとした助産院です。一般的な妊婦検診に加えて母体の保険指導に力をいれています。

費用:プラス50,000円

水中出産の大まかな流れ

水中出産とはいえずっと水に浸かっているわけではありません。赤ちゃんがしっかり下りて、ママの子宮口が開いてくるまでは陣痛室などで過ごします。

いざ分娩台、という段階でいよいよ水中に入ります。服は脱ぎ裸の状態になります。

自由な姿勢を水中でとります。椅子を持ち込んで座ったり、浮いたり、立ち会いのパパに身体を支えてもらうこともできます。

基本的には赤ちゃんは自分の力で出てくるので、助産師さんはその動きをサポートしてくれます。浴槽のサイズによっては一緒に水中に入り介助することもあります。

一般的には胎盤が出てくる後産は分娩台にあがることが多いようですが、施設によってはそのまま水中に留まることも。

水中出産ができない場合がある

水中出産は希望すれば誰でもできるわけではありません。産院により細かな条件は異なりますが、たとえば以下のようなケースは一般的にはハイリスクとみなされ、水中出産には不向きといわれます。

・心臓病などの持病
・妊娠中の高血圧、高血糖
・逆子
・多胎妊娠
・早産
・回旋異常

実際に水中出産を経験した人でも「できるかどうかは最後までわかりませんよ」と産院にはいわれていて、「できればラッキー」くらいの気持ちだったといいます。

妊婦健診で異常がないことに加え、お産が順調に進むことが必要な要件になります。こればかりはママの努力でどうなるものでもないので、やはり「できたらラッキー」というスタンスがよさそうですね。

海外で人気!いろいろな出産方法を紹介

アメリカでは常識!無痛分娩

日本では未だ1割にも満たない無痛分娩ですが、アメリカでは経腟分娩のうち8割以上が無痛分娩を占めます。どうしてそれほどまでに「あたりまえ」なのでしょうか。

大きな理由は産院に麻酔医が24時間常駐していることです。お産はいつ始まるかわかりませんし、その進み方も人それぞれで予測がしづらいもの。

産婦さんの「今、麻酔を使いたい」に対応する体制が整っているのですね。これはうらやましいところです。

もうひとつの理由は入院期間が短いことがあげられます。日本では経腟分娩の場合は5日程度の入院が一般的ですが、アメリカではせいぜい2日程度です。

産後の回復が早いのも無痛分娩の特徴ですので、これは産婦さんにとっては大きなメリットになります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC