就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産前後の行事を紹介!基本行事と国や地域ならではの行事

出産前後の行事を紹介!基本行事と国や地域ならではの行事

出産前から1歳を迎えるまで様々な行事があります。ここではお宮参り、お食い初めなど「名前は聞いたことがあるものの、いつどんなことをするの?」という疑問に答えたいと思います。また、最近の定番となったハーフバースデーや、ベビーシャワーなど海外の行事も紹介しているので、参考にしてくださいね。

新しい家族を迎えてステキな思い出を残そう

楽しくお祝いするためのポイント

赤ちゃんが生まれてから1年間はお宮参り、お食い初め、初節句など、様々な行事があります。

赤ちゃんが産まれると、おむつ替えや授乳も頻繁に行わなくてはならず、ママの生活は一気に忙しくなったことでしょう。また、ミルクを吐いてしまうなど、予想外のハプニングに見舞われることも…。そのため準備は前もって、当日も時間に余裕をもたせて行動することがポイントです。

赤ちゃんのお祝いは地域によって風習が違うこともあります。お互いの両親に相談してみるとよいでしょう。

「我が子のために、ちゃんとお祝いしたい」と思う気持ちがあるかもしれませんが、産後の回復期だったり、育児で疲れていたりすることもあると思います。無理だけはしないようにしてくださいね。

言い伝えどおりorオリジナルスタイル

赤ちゃんのお祝いを言い伝えどおりに行うか、オリジナルスタイルで行うか、ある会社がアンケートをとりました。オリジナルスタイルで行うと答えた人は半数を越えています。行事によってやったりやらなかったりすることもあり、全部言い伝えどおりに行っている人は少ないようです。

また、赤ちゃんが生まれた時期も関係してくる場合があります。生後31日前後に行われるお宮参りは、寒い時期に誕生した赤ちゃんの場合、少し暖かくなるまで待ってからお参りに行くという人も少なくありません。

日程や方法は、パパやママ、お互いの両親の考え方などをすり合わせて決めるとよいでしょう。基本的には赤ちゃんをお祝いするという気持ちが大切です。赤ちゃんやママの体調を見ながら柔軟に対応できたらよいですね。

生後◯◯日目?数え方のポイント

通常生後◯◯日目というと、生まれた日を0日目として計算しますが、お宮参りなど日本の伝統的な行事をお祝いするときには、基本的に「数え」で計算します。

「数え」とは生まれた日を1日目として数える方法です。生後31日目(男の子)に行われるお宮参りの日程は、1月1日生まれの子の場合1月31日ということになります。数え歳でいうと、生まれたばかりの赤ちゃんでも1歳なんですよ。

生後何日目なのか、お祝いをする日がいつなのか「本当にあってるのかな?」と不安な気持ちになることもあるでしょう。そんなときにおすすめしたいのが、「暦くん.COM」というサイトです。ここでは赤ちゃんの生年月日を入力すると、月齢、お宮参り、お食い初めなどの日程を計算してくれます。

妊娠中~出産後1カ月の基本行事を知ろう

妊娠5カ月目の安産祈願「帯祝い」

「帯祝い」とは、妊娠5カ月に安産を祈願してお腹に腹帯(はらおび)を巻く行事です。腹帯を巻くのは戌の日(いぬのひ)がよいといわれていますが、これは犬の出産が軽く、安産なことにあやかろうという気持ちから始まりました。

神社にお参りに行くのは妊娠5カ月目に入った最初の戌の日がよいといわれています。腹帯は神社やお寺などで販売している所も多いようです。しかし、神社で販売しているのは、お守りの印のついた長いものが多く、人によっては好みに合わないことがあります。

かわいい腹帯はネットやベビー用品を扱うお店で販売しています。しかし、神社によっては自分で持ち込んだ腹帯をお祓いしてくれない所があるので、事前にお祓いを予定している神社に問い合わせてみましょう。

生後7日目の命名とお披露目「お七夜」

「お七夜」とは名前のとおり、赤ちゃんが生まれてから7日目に行われます。この日までに生まれてきた赤ちゃんに名前をつけ、家族や、地域の人たち、土地神様などにお披露目し、赤ちゃんの健やかな成長をお祈りする行事です。

命名紙に子どもの名前を書き、神棚があるお家は神棚に飾りましょう。命名紙は赤ちゃん用品店などで購入したり、テンプレートをダウンロードしたりして手に入れることができます。

昔は赤ちゃんの生存率が低かったため、無事に7日間過ごすことができたことを盛大にお祝いしていたようです。お七夜の食事はお赤飯や尾頭付きの鯛など「祝い膳」と呼ばれる料理を食べていましたが、現在ではママと赤ちゃんの退院祝いを兼ねて、ちょっと豪華な食事を食べる家庭が多いようです。

生後30日目の氏神様へご報告「お宮参り」

「お宮参り」とは、子どもの健やかな成長を願って氏神様または産土神(うぶすながみ)と呼ばれる近くの神社にお参りに行く行事です。

お宮参りは男の子は生後31日、女の子は生後32日目に行うのが正式ですが、地域によって風習が異なります。また、暑い時期や寒い時期を避けてお参りすることも多く、生後6カ月までに行えばよいようです。

お宮参りで祈祷をしてもらう場合、予約が必要な神社と必要ない神社があります。祈祷をしてもらう場合、神社に謝礼として収める初穂料(はつほりょう)が必要です。金額は「お気持ちで」といわれていますが、相場があるようです。祈祷だけの場合は5,000円程度、お祝いの品をいただく場合は10,000円程度といわれています。

3カ月~1歳までの基本行事を知ろう

生後100日目の初食事「お食い初め」

「お食い初め」とは生まれてきた赤ちゃんが「食べ物に一生困ることがありませんように」と願いを込めて行う儀式です。地域によっては「百日祝い」と呼ばれることもあります。

「お食い初め」とはいうものの、この時期の赤ちゃんはまだ固形物を食べることはできないので、食べさせるふりをするだけの儀式です。祝い膳を用意して、家族の中で一番の年長者が赤ちゃんを抱いて食べさせるふりをします。

食べさせるふりをする順番は、ご飯→吸い物→ご飯→魚→ご飯となっており、この順番で3回繰り返します。また、食べさせる前に「歯固めの儀」を行う習慣がある地域もあるようです。

お食い初めは基本的には親戚全員を招いて行われますが、近年では家族のみで行う人が増えています。
50 件

関連記事

ピックアップ記事