就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の数だけ感動のかたちがある!ママの率直な気持ちやエピソード

出産の数だけ感動のかたちがある!ママの率直な気持ちやエピソード

ドラマなどでよく見る出産シーンは、どれも感動するようなものが多いでしょう。しかし、出産を経験したママの中には「こんなに感動できなかった」と落ち込む方がいるかもしれませんね。ここでは、先輩ママたちの様々な出産エピソードを知り、出産を経たママたちがどのような気持ちなのかをご紹介します。

思わず感動の涙を流した出産場面の数々

生まれた瞬間にパパと一緒に感動

赤ちゃんが誕生する瞬間は、経験した人にしか分からない感動がありますよね。陣痛の痛みに必死に耐えてやっと生まれてきてくれた赤ちゃんの姿を見ると、安心感に包まれて涙するママも多いでしょう。

最近では立ち会い出産をするパパも増えてきているので、立ち会ったパパは赤ちゃんが生まれる瞬間をママと一緒に体験することができます。頑張っているママをパパも必死に支えるため、赤ちゃんが生まれたときはパパもママと同じように感動できそうですよね。

夫婦で出産という一大イベントを乗り越えることで、さらに絆は深まっていくでしょう。出産を頑張ったママに「ありがとう」と感謝を伝えて、赤ちゃんが無事に生まれた喜びを夫婦で分かち合えると素敵ですよ。

無痛分娩や帝王切開でも感動できた

日本では「出産は陣痛の痛みに耐えるからこそ達成感が生まれる」「無痛分娩や帝王切開は出産とは言わない」など、まだまだ無痛分娩や帝王切開に対して偏見を持っている方も残念ながらいますよね。しかし、どのようなお産でも、赤ちゃんが生まれることに違いはありませんよ。

無痛分娩や帝王切開で出産をしても、普通分娩と同じように感動したママはたくさんいます。母子ともに健康でいるためにお産のスタイルを選択するので、無痛分娩や帝王切開になったからといって「ママ失格だな」とネガティブに思わずに自信を持ってお産に備えましょう。

どのようなお産になっても、赤ちゃんが元気に生まれてきてくれるだけでパパやママにとっては感動できますよね。

パパがサプライズをしてくれた

出産のときは、赤ちゃんに出会えた瞬間にパパと一緒に感動を分かち合うことが多いですよね。しかし、先輩ママの中には、パパからのサプライズでも感動させられたという方もいますよ。

男性は妊娠や出産をすることができないので、妊娠中からママの頑張りをずっと見てきていますよね。お産のときも痛みに何時間も耐えて可愛い赤ちゃんを生んでくれたママには、感謝の気持ちしかないでしょう。

パパの中には感謝の気持ちを伝えるために、出産後にママにプレゼントをしたり、感謝の気持ちを書いたメッセージカードと花束を贈ったりなど、サプライズをする方もいるようです。パパからの思ってもみなかったサプライズがあると、驚きと感動でママは嬉しい気持ちになりますよね。

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

PR

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも、時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイトや人気の最新カタログ情報をお伝えします。

ほかの気持ちが大きくなった出産エピソード

拍子抜けするくらい冷静でいられた

お産は人それぞれですが「何時間も陣痛に耐えないと赤ちゃんには会えない」「鼻からスイカが出るくらい出産は痛い」など、出産=命がけのことというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。しかし、いざ出産を迎えたときに思っていた感じと違い、拍子抜けして感動できなかったママもいるようですよ。

先輩ママの中には「お産の進みが早すぎてびっくりするくらい早く生まれたので、感動する暇がなかった」「痛みに鈍いタイプだったのか、ずっと冷静なままでお産が終わった」など、想像していた出産と大きく違うと「もう生まれたの?」と感動よりも驚きのほうが勝ってしまうのかもしれませんね。

冷静を保ったまま出産できたのはよいことですが、拍子抜けするママも多いでしょう。

疲れすぎて「やっと」という気持ちに

お産の進み具合は人それぞれなので、ママの中には「何日も陣痛の痛みに耐えて、やっと生まれた」という難産の方もいます。陣痛の痛みが何日も続くとぐっすり眠れないだけでなく、食事も喉を通らない方も多いので、出産を終えたときのママは疲れ切っていることでしょう。

赤ちゃんに会ったときも感動ではなく「やっと生まれた」「疲れた。もうこんな痛みはイヤ」など、疲れすぎて感動できないママも多いようです。お産にかかる時間が長いほどママの体力もどんどん消耗していくので、感動できる気力が残っていない方もいますよね。

体力が回復してくれば赤ちゃんに会えた感動が少しずつ芽生えてくるので、まずはママの体を休めることを優先することが大切でしょう。

恐怖や薬の副作用で感動どころではなかった

出産のときの大きな傷みは経験してみないとイメージすることが難しいため、陣痛がくる恐怖でパニックになるママも多いです。実際に出産を経験したママの中には「陣痛が痛すぎてパニックに陥り、過呼吸になって大変だった」「気を失いそうになりながら出産をしたので、感動するどころではなかった」など、赤ちゃんに会えた感動を味わう心の余裕が持てない方もいるでしょう。

また、陣痛促進剤などの薬の副作用で気分が悪くなったり、帝王切開で出産したママは麻酔が切れたあとに激しい痛みが襲ってきたりすると、感動どころではありませんよね。ママによっては出産後に体調が悪くなる方もいるため、赤ちゃんに会えた感動よりも不安な気持ちになる方もいます。

出産場面は予想外エピソードの宝庫

感動の裏側でママたちは命がけの大仕事

出産は人によって全然違い、そのときにならないと何が起こるか分からないものです。赤ちゃんに会える感動の裏には、命がけで頑張るママの姿があります。

どんなに安産で出産を終えた方でも、陣痛の痛みに耐えているのに変わりはありません。「早く生まれてきたから全然余裕だったね」「思っていたよりも大丈夫だったね」など、安産だとパパや周りの人は出産に対して軽く見てしまいがちですが、ママは人生で最大の大仕事を成し遂げてくれたことを忘れないようにすることが大切です。

まずは赤ちゃんを生んでくれたママをねぎらい、感謝の気持ちを伝えたいですよね。色々なハプニングを乗り越えて命をかけて出産をしたのですから、どのようなお産になっても自信を持ちましょう。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC