就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

早産リスクの山場になる34週出産!その理由と早産兆候について

早産リスクの山場になる34週出産!その理由と早産兆候について

まもなく妊娠34週目をむかえる妊婦さんや、切迫早産と診断された妊婦さんのなかに、妊娠34週目が出産までの一つの山場と聞いた方はいませんか。なぜ、妊娠34週目が山場とされるのか、また、早産になりやすい妊婦さんの特徴や、早産のリスクについて見てみましょう。

34週目が出産の一つの山場といわれる理由

出生体重が1,500gを超えているから

出産予定日は40週0日ですが、妊娠37週に入ると正期産といって、基本的に赤ちゃんがいつ生まれてもよい時期とされます。しかし、正期産より前に出産すると早産となり、リスクをともなうケースも出てきます。

妊娠34週目での出産は早産ですが、出産の一つの山場といわれています。その理由を理解しましょう。

妊娠34週目の平均的な赤ちゃんの様子は、体つきもふっくらして表情も出てきます。体長43~46cm、体重1,800~2,500gにまで成長しますよ。

早産の赤ちゃんへの後遺症が心配ですね。程度に差はあるものの、赤ちゃんの出生体重が1,500gをこえると、後遺症が残る確率は5%以下となるデータがあるので、心配しすぎなくてもよいですよ。

肺が完成し自発呼吸ができるようになるから

妊娠34週目に入ると、体の中の臓器で最後に完成するといわれている、肺機能が完成し、赤ちゃんが自発的に呼吸できるようになります。このことから、外の世界でも、赤ちゃんが自力で呼吸ができる可能性が高くなり、人工呼吸器を使わなくてよい状態とされます。

まだまだ未発達な面があるものの、正期産で生まれた赤ちゃんに近い状態になりますよ。ママの不安も少し和らぐのではないでしょうか。

しかし、その他の身体機能の発達や免疫が未熟なので、NICU(新生児集中治療室)への入院・治療が必要になります。母乳やミルクを自力で飲むことができるようになり、体重が2,300gくらいまで成長し、体調が安定していることがNICUを退院する目安ですよ。

臓器が完成し障害のリスクが減るから

赤ちゃんのすべての臓器が完成する34週目以降に出産をすると、赤ちゃんが障害を負うリスクが減るとされています。

早産で生まれた赤ちゃんは、身体機能が未熟なため、疾患とともに生まれてくるなど、生まれてから治療が必要な場合が多く見られます。早産で生まれた場合、さまざまなリスクがあることは事実です。

呼吸が上手にできなかったり、消化器官や循環器系機能が未熟だったりすると、チアノーゼをともなって呼吸が停止したり、母乳が飲めなかったり、心臓機能が弱く心不全や低血圧をおこしたりというリスクがあります。34週という山場をこえて生まれた赤ちゃんのリスクは減るとされていますので、それまで赤ちゃんがお腹の中で育ってくれるように、ママも頑張りましょう。

早産が起こりやすい妊婦さんの特徴

双子など多胎妊娠中の妊婦さん

早産が起こりやすい妊婦さんの特徴を見てみましょう。

まず、双子を妊娠中の妊婦さんは、早産になりやすい傾向があります。単胎妊娠と比べると約9割は早産になるとされ、医師が、胎児の様子を見ながら計画的に分娩を行います。

原因として、子宮頚管が短くなることがあげられます。子宮頚管とは、子宮の外側の入り口と子宮の内側をつないでいる管で、赤ちゃんをお腹に留めておくために十分な長さが必要です。

多胎妊娠中の場合、通常よりお腹が大きくなるため、子宮頚管も引っ張られて短くなります。赤ちゃんを支えることができず、産道が開いて早産になりやすいのです。

また、子宮収縮が早く起こりやすいことや、妊娠高血圧症候群にかかりやすいことも原因になります。

2人目で上の子のお世話がある妊婦さん

2人目を妊娠中のママなど、経産婦ほど切迫早産になりやすいといわれています。上の子と赤ちゃんの年の差が近いほど、妊娠中でも上の子のお世話をしなければなりませんね。

ママは大丈夫だと感じていても、上の子の要求にこたえて抱っこしたり、力を使ったりという行動が積みかさなって、ママの負担になっている可能性もありますよ。もし、両親やママ友など、身近に頼れる人がいるなら、思いきって上の子のお世話を頼んでみてはいかがでしょうか。

また、上の子のお世話をしていると、妊娠中であっても、つい自分のことを後回しにしてしまうママも多いようです。体が疲れたり、お腹が張ったりする場合は、無理をせずに休むことが大切ですよ。

絨毛羊膜炎に感染してしまった妊婦さん

早産の原因として最も多いのが、絨毛羊膜炎に感染することです。絨毛羊膜炎とは、赤ちゃんを包む三つの羊膜のうち、絨毛膜と羊膜に細菌が感染し、炎症を起こすことで、妊娠32週未満の早産になる原因の70%を占めます。

絨毛羊膜炎に感染すると、子宮頚管が短くなったり、過度の子宮の収縮がみられたり、卵膜が弱くなったりします。そのような状況が切迫早産や早産につながります。

絨毛羊膜炎は、膣内の細菌のバランスが崩れて細菌性膣症になり、膣炎や子宮頚管炎の原因になります。妊娠中は、それが絨毛膜や羊膜まで広がり、絨毛羊膜炎に感染する恐れがあります。

また、歯周病が原因となる場合もあるので早めに治療をしましょう。定期的な妊婦健診も必ず受診しましょう。

早産の兆候があればすぐに病院へ連絡しよう

収まらないお腹の張りや不正出血

早産になる前には、なんらかの兆候がありあます。日ごろから見のがさないように気をつけましょう。

多くの妊婦さんは、お腹の張りを感じます。妊娠後期になれば、お腹の張りを感じることも多くなりますが、出産予定日はまだ先なのに、頻繁にお腹が張るというママは気をつけましょう。

お腹の張りを感じたら、しばらく横になるか、らくな姿勢になりましょう。すぐ張りがおさまる場合は問題ないことが多いですが、定期的な張りや、10分間隔より短い場合は病院に連絡をしましょう。

不正出血があった場合も、病院へ連絡をします。出産前になると「おしるし」とよばれる出血があるママも多くいますが、正期産に入るまでに出血があるとトラブルの可能性も考えられます。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版