就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産入院をするための必需品!ママと赤ちゃんに必要なものを紹介

出産入院をするための必需品!ママと赤ちゃんに必要なものを紹介

出産が近づいてきたらあらかじめ入院や産後に必要なものを用意しておきたいですね。けれど、「必要といわれるものが多すぎて何を用意したらよいかわからない」というママさんも多いのでは?この記事では、その中でも特に早めに用意すべきアイテムをピックアップしています。出産入院準備の参考にしてくださいね。

出産にはなにが必要?入院中の必需品

忘れてはいけない「保険証と母子手帳」

出産のために入院する際、病院で入院手続きをする必要があります。そのため、「母子健康手帳」「健康保険証」「診察券」「印鑑」「入院手続きの書類」は忘れないように持参しましょう。産院で行われた母親学級に参加し、入院についての説明が記載された「入院のしおり」をもらっている人はそれも一緒に用意してください。

いざ、病院へ向かうときに慌てることがないように、入院に必要なものはあらかじめ一つのバッグにまとめておくと安心ですよ。妊娠後期に入る28週頃から臨月に入る35週頃までには準備しておきたいですね。

準備した入院用品の置き場所は、万が一の緊急入院に備えてパパや手助けしてくれる家族にも伝えておくと安心です。

色々なことに使用できる「タオル」

タオルは大小、さまざまなサイズを複数枚用意しておくと便利です。

例えば、バスタオル。破水した場合に病院へ向かうタクシーの中や病院の待合室でおしりに敷くのに使えます。陣痛から始まった場合も、いつ破水するかわからないので持っておくと安心です。

お産の最中にはたくさん汗をかくので、フェイスタオルは顔の汗などをふくのに役立ちます。

産後、授乳するときに新生児は小さいので授乳クッションの高さ調整がうまくいかない場合があります。そういうときにはくるくる巻いたタオルをはさむと微妙な高さ調整ができます。

病院の共同の授乳クッションを使う場合、クッションの上にタオルを敷いておけば赤ちゃんが吐き戻してもクッションを汚さずに済みます。

身だしなみに必要な「衛生用品」

入院中は病院でパジャマを用意してくれるところも多いですが、身だしなみに使う衛生用品は自分で準備する必要があります。洗面用具やお風呂セット、基礎化粧品などを用意しておきましょう。ティッシュペーパーもボックスで用意すると使い勝手がよいですよ。

普段コンタクトをしている場合は、コンタクトケースやメガネなどを忘れやすいので注意してください。ヘアゴムやヘアブラシもあると便利です。また、お見舞い対応や退院時にはメイク用品が必要になるかもしれませんね。

こうして書き出すと、あれもこれも必要に思えてきますが、ママが持参する入院必需品は最低限自分で持てる量にして、ほかに必要なものはその都度パパに持ってきてもらうようにしましょう。

赤ちゃんにはなにが必要?育児の必需品

トイレの代わり「紙おむつとおしりふき」

産後育児に絶対的に必要なのが紙おむつとおしりふきです。新生児期の赤ちゃんが1日に必要とするおむつの枚数は、個人差はあるとはいえ最低でも1日8枚、だいたい15枚が平均的枚数とされています。

新生児期は授乳のたびに排泄します。だいたい3時間おきの授乳のタイミングにおむつ交換となり、単純計算すると1日24時間で最低限8枚は消費するということに。さらに、おむつが蒸れて泣いたり、おむつ交換直後に排泄したりと頻繁におむつ交換すれば使用枚数はあっという間に増えます。

おむつは100枚入り2パックほどを退院後すぐ使えるよう準備しておくのがよさそうですね。あわせておしりふきも用意しましょう。おしりふきは1パックを1週間弱で使うペースが一般的です。

赤ちゃんのご飯「粉ミルクと哺乳瓶」

母乳だけで育てようと考えているママも粉ミルクと哺乳瓶を用意しておくと安心です。ママによって違いますが、赤ちゃんに十分なおっぱいをあげられるようになるまで、粉ミルクを足してあげるケースが多いからです。

体の小さな新生児は一度にたくさんの量をなかなか飲めないので、120mlか160mlの哺乳瓶が計2~3本あれば十分です。最低でも1本は用意しておきたいですね。

哺乳瓶の乳首の穴の形状にはいくつか種類があり、新生児に向いているのはミルクの出がよい丸穴タイプ。メーカーごとに素材や形が違うので、赤ちゃんに合うものを選びたいですね。

粉ミルクと哺乳瓶を用意しておけば、万が一ママが薬を飲む必要があるときにも、赤ちゃんはご飯に困りませんね。

赤ちゃんだって裸は嫌!「ベビー肌着」

赤ちゃんが着るものの中で、真っ先に用意しておきたいのがベビー肌着です。新生児のうちは、消化器官が未熟なのでミルクを吐き戻してしまうことも珍しくありませんし、汗をたくさんかくので着替えが必要な場合も多いです。

洗い替え用に短肌着とコンビ肌着をそれぞれ4~6枚ほど用意するのが基本です。産後すぐは赤ちゃんのお世話に追われて、すぐに洗濯ができないことも多いので少し多いかな?と思うくらいでも十分ですよ。

脇の汗を吸収しやすいので、ノースリーブよりも袖のあるタイプがおすすめです。スナップボタンで股下を留められるコンビ肌着は足を動かしてもはだけにくいので便利。

ベビー肌着は吸水性を高めるために、事前に水通しをして糊を落としておきましょう。

季節や状況が変われば必需品も変わる

夏は汗をかきやすいため肌着を多く用意する

赤ちゃんは生まれる季節によって必要なものも変わってきます。汗をかきやすい夏生まれの赤ちゃんは、肌着を多めに用意しておくと安心です。

おすすめは蒸れにくく吸水性の高い素材です。フライスやガーゼ、天竺などは汗を吸い取りやすく速乾性もあるので夏も快適に過ごせます。

特に気温の高い暑い日には、肌着を1枚着せるだけでよいこともありますが、その場合はお腹周りがはだけないようにボタンで留められるコンビ肌着を選びましょう。

また、あると便利なものに汗取りパッドがあります。背中と服の間にはさんでおけば、パッドが汗を吸い取ってくれるので着替えなくても済みますよ。頻繁にお着替えができないときに活躍してくれます。

冬は寒くないように長そで肌着も用意する

冬生まれの赤ちゃんの場合は、夏の時期に比べると汗をかくことが少ないので、肌着は基本の枚数から増やす必要はありません。赤ちゃんの基本の服装は「短肌着+ウェア」ですが、冬は短肌着とウェアの間に長肌着も用意します。

冬は保温性が高い素材を選んで寒さ対策をしてあげましょう。パイル、フライス、スムース素材なら肌触りがやわらかく温かいので冬に重宝します。フライス素材は夏用肌着にもよく使われる素材で、赤ちゃん肌着の定番素材ともいえます。

肌着以外の体温調整に役立つのがレッグウォーマーです。足首から膝・太ももあたりまでを温めます。ちなみに、赤ちゃんは足の裏で体温調節をするので、真冬でも室温が22~23度に保たれていれば靴下は不要です。

双子の赤ちゃんに必要なものは?

双子の赤ちゃんも基本的に必要なものは変わりません。ですが、少しずつ違う点もあります。

まず、肌着類です。出産前の妊婦健診で、赤ちゃんの大きさはある程度わかりますが、多胎児は小さく生まれることが多いのです。そのため、一般的なベビードレスや新生児用おむつのサイズが大きいことがあるので、小さめベビー用のものを用意するとよいですね。

出産後、退院するときに自家用車に乗るのであればチャイルドシートを二つ用意しておきましょう。

また、ハイローチェアやバウンサーが早くから役に立ったという声もあります。双子が同時に泣いてしまって手が足りないとき、1人は抱っこ、もう1人はハイローチェアであやすという使い方ができるからです。

まとめ

出産の入院手続きに必要なものは、どの妊婦さんもほとんど変わりません。ですが、産後の必需品は、赤ちゃんが生まれる季節や状況に合わせて内容が違ってきますので、自分たちの場合に当てはめて揃えるようにしましょう。

とはいえ、最初からすべてを完璧に用意するのは大変なことです。実際に育児をしていく中で必要になったら買い足すというスタンスで十分です。産後の生活をイメージして、気負いすぎず楽しみながら用意してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018