就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後に食欲ないのはどうして?理由や対処法と気をつけたいこと

出産後に食欲ないのはどうして?理由や対処法と気をつけたいこと

「出産後は可愛い赤ちゃんとの時間が楽しみ」と思っていたのに、産後に食欲がなくなり体調が悪いと育児をするのが大変ですよね。ここでは、食欲がなくて辛いママが少しでも元気になれるように、妊娠中にはあった食欲がどうしてなくなるのかや、食欲がないときはどのように対処すればよいのかなどをご紹介します。

食欲がないのはさまざまな理由から

慣れない育児による疲れやストレス

妊娠中は食事制限が厳しいので、食べたくても我慢しているママは多いですよね。出産してからは比較的自由に食事ができるので、「出産後はたくさん好きなものを食べよう」と食事を楽しみにしている方もいるでしょう。

しかし、育児はイメージしているよりも何倍も大変に感じることが多いですよね。赤ちゃんがいると睡眠時間が減るだけでなく、自分の時間がほとんどなくなるので体だけでなく心も疲れてしまいます。

また、赤ちゃんが泣いてばかりいるとイライラしてストレスが溜まっていきます。疲れやストレスなどによって食欲が減る方もいるので、無理をしないようにパパや周りの方にサポートをお願いしましょう。ゆっくり睡眠をとりリフレッシュすると、自然と食欲が湧いてくるでしょう。

急激なホルモンバランスの変化

妊娠しているときは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがたくさん分泌されています。妊娠中はお肌の調子がよい、食欲が旺盛になるなど、女性ホルモンの働きによって大らかな気持ちですごせている方も多いかもしれませんね。

しかし、出産すると急に女性ホルモンの分泌量が減ってしまうために、ママは自律神経のバランスが崩れてしまいます。ちょっとしたことでイライラしたり、落ち込んだりするなど、精神的に不安定になる方も多いですよね。

ホルモンのバランスの乱れは精神が不安定になるだけでなく、食欲さえも奪ってしまうことがあります。出産後しばらくはホルモンバランスが乱れている時期なので、無理をせずにすごすことが大切でしょう。

産後うつで食欲がないことも

食欲がなくなっているママのなかには、育児のストレスで産後うつになっている方もいます。産後うつは病気で、今までできていた育児や家事ができなくなったり食欲がなくなったりします。

産後うつはパパなどの身近な人がママの異変に気づき、少しずつ治療していくことが大切です。食欲が減る以外にも、育児や家事などから逃げたいと感じている方は、症状が軽いうちから病院の先生に相談することをおすすめします。

症状が進むと、赤ちゃんに愛情を与えられなくなる、食事や入浴など、自分のことまでもできなくなる、自殺を考えてしまうなどの危険性があります。「出産してから性格が変わってしまった気がする」と思ったときは、すぐに病院に診察に行きましょう。

食欲がないときにはどうすればよい?

横になって体を休めよう

赤ちゃんが生まれてからは食欲が少なく体が辛くても、ママは赤ちゃんのために頑張ってしまうものです。しかし、頑張りすぎると食欲がさらに減ってしまうこともあります。「食欲がなくて体調が悪い日が多い」というときは、無理をせずに横になって休むことが大切ですよ。

横になって体を休めると疲労が軽減するだけではなく、リフレッシュ効果もあります。赤ちゃんのお世話をしていると睡眠時間が短くなるので、睡眠不足で食欲が減ってしまうことがあります。食欲が何日もでないときは、ママが体を休めることを第一に考えましょう。

体や心が休められると、自然とお腹が空いてくるものです。食事をしっかり食べられるようになると、育児を頑張るエネルギーとなるでしょう。

発想の転換でストレスを解消しよう

出産後のママに食欲が減る理由で多いのが、育児の疲れやストレスからくるものです。「何も食べたくないけど、母乳のためにたくさん食べないと」と焦るママも多いかもしれませんが、無理をするのではなくママがストレスを解消することから始めてみましょう。

たとえば、完全母乳で赤ちゃんと離れることが難しく大変だと思う方は、夜だけミルクに代えてパパにお願いしてみるのもよいでしょう。週に何回かだけでもゆっくり眠れる日があると、ストレス発散になりますよね。

1人で頑張りすぎるのではなく、パパや実家の両親など、周りの方にサポートをお願いしながら育児をすることが大切です。ストレス発散が上手にできていると、食欲不振になることも少ないですよ。

あっさりでさっぱりとした和食を心がけよう

元気がなく食欲も少ないときに、揚物や炒めものなど、濃い味の食事はとりにくいですよね。食欲がないときに無理にカロリーをとろうと食べてしまうと、気分が悪くなる可能性もあるので注意しましょう。

食欲がないときはおかゆやお味噌汁などのあっさり系や、酢の物などのさっぱりとした和食を心がけるとよいですよ。和食は胃に負担をかけることなく食べられるので、なかなか食が進まないときでも食べやすいかもしれませんね。

また、和食は野菜をたくさん活用する料理も多いので、煮物やお味噌汁などは一品でさまざまな食材を食べることができますよね。できるだけいろいろな食材を入れて、一品でもたくさんの栄養分をとれるように工夫して料理をしましょう。

食欲不振がひどいときに気をつけたいこと

食べられなくても水分補給はしっかりと

食欲がないだけでなく、悪阻のような状態で吐き気があるママもいるでしょう。吐き気があると水分をとることも辛くなってしまいますよね。しかし、水分をとっていない状態が続くと脱水症状に陥ってしまう可能性が高いです。

食事が喉をとおらないときでも、水分補給だけは忘れてはいけません。水分をとる量が少ない方は、病院で点滴を受けるのも一つの手でしょう。ママが倒れてしまうと、赤ちゃんにもかわいそうな思いをさせることになります。

育児に追われていると水分をとることも忘れるかもしれないので、トイレのあと、授乳やおむつ交換のあと、入浴後、就寝前など、水分補給をするタイミングを決めることをおすすめします。水分補給を習慣づけて、脱水症状にならないように注意しましょう。

無理に食べようとせず栄養価の高いものを

食欲がなくなってくると食べられるものばかりを口にするので、栄養素が偏ってしまいます。食欲がないときはミネラルやビタミンが足りていないことが多いです。ビタミンやミネラルが不足すると、ママの体力がますます低下してさらに食欲が減る可能性があります。

食欲がないときは、ビタミンが含まれている豆や肉、ビタミンとミネラルを同時にとることができる雑穀米や玄米を食べるとよいですよ。疲労によって免疫力が低下しているときは、抗酸化ビタミンやタンパク質の補給がよいといわれています。

抗酸化ビタミンは、緑黄色野菜やナッツなどの植物油に多く含まれています。タンパク質は、大豆や乳製品、魚などに含まれていますよ。食事でとれない方はサプリメントも効果的でしょう。

長く続く場合は病院へ行くことも大切

赤ちゃんのお世話や家事などで疲れていると、何も食べる気がしなくて元気がないこともありますよね。食欲がでない日があっても、1日や2日で回復する分には問題はないでしょう。しかし、食欲がでない日が何日も続くようであれば、一度病院で診てもらうことも大切ですよ。

先輩ママの話では、育児に忙しい日々のなかで食欲がでない日が2週間以上も続いたそうです。体調が回復しなくて辛いので、病院に行ったといいます。診断結果は疲労やストレスによる食欲不振だったそうで、実家に帰省しゆっくりすごすと自然と食欲が回復したのでよかったといいます。

食欲がないことを放置すると体調は悪化していく一方なので、早めに受診すると原因や改善する方法が見つかるかもしれませんね。

まとめ

育児に追われている時期に食欲が減っていても「食欲不振は今だけだろう」と、ママは自分のケアを後回しにしがちです。しかし、心の疲れていることで食欲が減っているときは、放置すると産後うつになる可能性もあります。

産後うつになると、赤ちゃんのお世話よりも治療を優先しなければならなくなります。治療にも時間がかかってくるので、「食欲が減っている」という方はなるべく早く病院に行くと安心ですよ。無理をしないことでストレスが減るので、赤ちゃんのためにもママは頑張りすぎないようにしましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018