就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産を控えたママにルイボスティー。体への効果や飲み方のポイント

出産を控えたママにルイボスティー。体への効果や飲み方のポイント

妊娠中に「カフェイン」はあまりよくないといわれています。今まで毎日のように、休憩時間や仕事中にコーヒーなどを飲んでいた女性からすると、一体何を飲めばよいの?と思ってしまうかもしれません。そこでおすすめなのが、「ルイボスティー」です。今回は妊婦さんにぴったりな、ルイボスティーの魅力を紹介します。

カフェインを含む飲み物が妊婦によくない理由

胎児への栄養や酸素が減る!

なぜカフェインを含む飲み物は、妊娠中によくないのでしょうか?その理由として「胎児への栄養や酸素が減ってしまう」ということが挙げられます。

カフェインには覚醒作用だけではなく、血管を収縮させる働きもあるため、お腹の赤ちゃんに栄養を送る胎盤の血流を悪くしてしまうのです。これにより胎盤の血流量が減少してしまい、赤ちゃんへの栄養や酸素が不足してしまいます。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの臓器や器官、中枢神経などとても重要な部分が作られているため、カフェインを大量に摂取すると、発育不全や低体重などの原因にもなりかねません。ママが摂取したものの影響を大きく受ける時期なので、注意が必要です。

母体の貧血が悪化する

妊娠中はただでさえ血液の循環量が増えるので、貧血を起こしやすい状態です。カフェインには鉄分の吸収を邪魔する働きがあり、摂取することで貧血を悪化させてしまうことがあります。

貧血が進むと、ひどい立ち眩みや息切れなどの症状が出て、日常生活に支障をきたすばかりか、転倒などのリスクもあり大変危険です。

女性は普段から月経などで、貧血を起こしやすいといわれています。妊娠後さらに貧血が悪化しないよう、鉄分の吸収を阻害するカフェインの摂取は、できるだけ控えたほうがよさそうですね。また妊娠中から貧血を予防しておくと、産後の回復にもよいといわれていますよ。

長引く貧血や症状がひどい場合は、赤ちゃんに発育不全や早産などの影響が出ることもあります。心配なときは早めに病院で相談しましょう。

カフェインを含む飲み物はこんなにある

カフェインといえば、まず思い浮かぶのがコーヒーではないでしょうか?しかしカフェインを含む飲み物は、ほかにもたくさんあります。

例えば(カフェイン含有量の多い順)
  • 玉露
  • コーヒー(ドリップコーヒーの方がインスタントコーヒーよりカフェインを多く含みます)
  • 抹茶・ココア
  • ほうじ茶・ウーロン茶・煎茶・紅茶
  • コーラ
これ以外にも玄米茶や番茶などにも、少量ですがカフェインが含まれています。また最近では、エナジードリンクによるカフェインの過剰摂取が問題視されています。

エナジードリンクにはカフェインが多く含まれているものも多いですから、妊娠しているかわからないときでも、可能性があるのであれば、避けるほうがよいでしょう。

ルイボスティーの出産後の体への効果

母乳を増やす効果がある?

出産を控えたママにおすすめの飲み物として「ルイボスティー」が話題になりますが、その理由を知っていますか?

ルイボスティーは、南アフリカ共和国原産のマメ科の葉を発酵、乾燥させたもので、「奇跡のお茶」ともいわれています。なぜならカフェインレスで妊娠中から安心して飲めるだけでなく、出産後のママにも嬉しい効果が期待できるからです。

ルイボスティーは「母乳を増やす」といわれています。母乳は血液でできているので、貧血になると出が悪くなりますが、ルイボスティーには鉄分が含まれているため、貧血予防になるのです。

またミネラルなどのルイボスティーの栄養素も母乳に混ざるので、赤ちゃんにも嬉しいですね。さらに血液の流れをよくする作用もあり、乳腺炎予防にもなりますよ。

腸内を整えて便秘の解消

産後のママは体の水分が母乳で奪われてしまったり、疲労や寝不足などで腸内環境が悪化してしまったりして、便秘になりやすいのですが、ルイボスティーはこの「便秘の解消」にも期待ができます。

ルイボスティーには「マグネシウム」が多く含まれており、このマグネシウムが、腸内で便に水分を含ませる働きをするため、便秘解消に役立つのです。

自然由来ですので、便秘の解消といってもお腹が痛くなりにくく、優しく作用してくれる点もうれしいですよね。食物繊維が多い海藻や野菜と一緒にとると、さらに効果が期待できるでしょう。

またルイボスティーには、抗酸化作用がある酵素も含まれているため、腸内のデトックスをすることで腸内環境が整います。このことも便秘解消につながる理由の一つです。

ミネラルたっぷり産後うつを回避

産後はホルモンバランスの変化や心身の疲れによって、気分が沈んだりイライラしやすくなったりすることがあります。ひどいときには「産後うつ」になってしまうこともあるそうです。しかしルイボスティーを飲むと、この「産後うつを回避」することができるかもしれません。

ルイボスティーには、ミネラルの一種である亜鉛やカルシウムが豊富に含まれています。亜鉛はホルモンの分泌を改善し、カルシウムは精神を安定させます。

また、ストレスを軽減し自律神経を安定させる効果のある「フラボノイド」という成分も含まれているため、産後うつの回避に役立つのです。

さらにミネラルやビタミンB1、B2などの働きにより体内活動が活発になり、体温が上昇します。体が温まるとリラックスできるため、安眠の効果も期待できるでしょう。

ルイボスティーの正しい上手な飲み方

36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事