就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠中の服はどうするの?快適な妊婦生活を送るための服選び

妊娠中の服はどうするの?快適な妊婦生活を送るための服選び

妊娠中、どんどん大きくなっていくお腹は愛おしいものですが、手持ちの服が入らなくなってくるのは困りますね。マタニティドレスを買えばよいとはわかっていても、ほんのちょっとの期間しか使わないともったいない気もします。先輩ママはどのように妊娠中の服を選んでいたのか?妊婦服のあれこれについてご紹介します。

妊娠したら服は買うもの?妊婦服のあれこれ

妊娠中期から妊娠前の服が着られなくなる

妊婦服をいつから着るかの決まりはありませんが、お腹がふっくら目立ってくる妊娠中期から着用しはじめるママが多いようです。妊娠5カ月ほどになると胎動も感じられるようになるので、お腹を締めつけることを不安に感じはじめます。

ウエストが締まったスカートやパンツなどは腹囲が増えるので着られなくなってきますが、大きくなるのはお腹だけではありません。胸やおしりなども妊娠期間に大きくなりますので、妊娠前の服が窮屈に感じてきます。

また、つわりがひどいママにとっては、体にぴったりとした下着や服ではなく、妊娠初期から妊婦専用の下着や服を着用したほうが楽という場合もあります。自分の体調やお腹の大きさに合わせて、快適な服を選ぶようにしましょう。

妊娠中も産後も使える服を選ぼう

出産後、すぐに妊娠前に着ていた服が着られるわけではありません。体型は徐々に戻っていきますが、しばらくは胸やお腹が普段よりも大きい状態が続きます。

それだけでなく、母乳育児の場合は赤ちゃんに授乳をするためにいつでも胸を出しやすい格好でいることが服を選ぶポイントになるので、ゆとりだけでなく着脱のしやすさなども必要になります。母乳をあげやすいように考えられた「授乳服」もありますが、最近では産前、産後を通して着用できる妊婦服も人気です。

妊娠中は妊婦服として着用でき、産後は授乳服になるので長期間使えて経済的。産前産後合わせると、1年以上使う場合もあるので、季節に左右されない素材やデザインを選ぶとよいでしょう。

妊娠中は敏感肌になりがち。素材選びも重要

妊娠中のトラブルとして、肌が妊娠前よりも敏感になることがあります。体のあちこちが乾燥しやすくなり、かゆみや湿疹が絶えないという妊婦さんの声もよく聞きます。

汗っかきになるのも妊娠中にはありがちなので、汗を吸わずにべたつくような素材だと不快感が高まりあせもの原因になってしまうことも。普段は服の素材などが気にならないママも、妊娠中はデザインや機能性だけでなく肌に優しい素材を選ぶことが重要です。

コットン100%など吸湿性がよく、肌への刺激が少ない素材であることを確認してから購入すると安心ですね。赤ちゃんが触れることも考えて、オーガニックコットンを使用しているなどこだわりの強い妊婦服、授乳服メーカーもあります。

妊娠中も産後も着られる便利な洋服

マタニティ服の定番「エンジェリーベ」

おしゃれに見えるのにリーズナブル、マタニティ服の定番としてゆるぎない支持を集めているのが「エンジェリーベ」です。着心地のよい妊婦用下着や、授乳服とはわからないほどスタイリッシュでシンプルなマタニティドレスなども揃っていて、「妊娠中、産後の外出時にもおしゃれでいたい!」というママの願いが叶います。

ネット通販で商品が購入でき、おすすめのコーデ情報なども同時に見られるので、忙しいママにもうれしいですね。公式サイトのラインナップはとても豊富で、産前、産後のママに必要なものはもちろん、ベビーアイテムや美容グッズなども購入可能です。

実際に手に取ってみたいというママは原宿、日本橋、みなとみらいの直営店に行ってみましょう。

仕事着にも使える服が揃う「ミルクティー」

実際に出産経験のあるママが立ち上げたマタニティ服、授乳服ネット通販の「ミルクティー」は、仕事着にも使えるデザイン性の高い服が多く人気です。いかにも「マタニティ」という服は着たくないママに支持されています。

「こんなマタニティ服が欲しい」という気持ちから生まれたブランドだけあって、「そうそう、こんなの欲しかった!」と思える服がきっと見つかるはず。デザイン、生地選び、縫製までを一貫してプロデュースしているので、価格以上の価値ある商品が多いのも選ばれる理由です。

日常のお手入れのしやすさにもこだわった商品が多く、フォーマルやお呼ばれドレス、水着など様々なシチュエーションにも対応できるバラエティに富んだラインナップも魅力です。

大人可愛いアイテムが豊富「チョコア」

マタニティウェアや授乳服でもトレンド感を大切にしたいママが注目しているのが、大人可愛いアイテムが豊富に揃った「チョコア」です。ドレッシーなワンピース型のマタニティ服も多く、海外セレブのように体のラインを強調した妊婦スタイルなども「チョコア」の通販サイトでピッタリのものが見つかります。

いかにも「お母さん」といったスタイルではなくトレンドを程よくミックスしているので、スタイリッシュでかっこいいママを目指すならとくにおすすめ。公式サイトのカテゴリーも季節別に見られるなど選びやすく、日々のコーデの参考になります。

公式サイトでは実際に商品を購入したママのレビューが見られるので、ぜひ参考にしてみてください。

マタニティウエア以外で代用するコツ

ゆったりフォルムのワンピースを選ぼう

あまりお出かけをしない妊婦期間はわざわざマタニティ服を購入せずとも、ゆったりしたフォルムの服をチョイスすることで代用可能です。ただ、普通のトップスの丈ではお腹が出てしまうこともあり、上下に分かれるとどうしてもお腹に締めつけがあるものが必要になるので、やはりワンピースが楽ちんです。

ウエストにしぼりのないストンとしたシルエットのワンピースで伸縮性があり、膝の下まで丈があるものだと家着やちょっとした外出着として最適です。丈が短すぎるとお腹の分だけ前が短くなってしまうので注意しましょう。

ジャージー素材やニット、マキシ丈やミモレ丈、といったポイントを押さえてワンピースを選ぶと妊娠中でも違和感なく着こなせますね。

トップスはメンズTシャツで乗りきろう

妊娠中は足元の冷えが気になりますので、レギンスやタイツで過ごしているママも多いのではないでしょうか。ワンピースではなく、程よいトップスが欲しいときはパパのメンズTシャツを拝借するというのもよいアイデアです。

メンズTシャツはもちろんレディースよりも丈が長く、身ごろもゆったりしたサイズになるのでママはお腹がはみ出すのを気にせず着用できます。パパと服を共用するのも妊娠期間ならではのあるあるなので、大好きなパパの香りに包まれる幸せを味わってみてはいかがでしょうか。

大きめサイズのアイテムも最近のトレンドなので、メンズTシャツではデザインが物足りないときにはレディースの「オーバーサイズシャツ」などを着てみてもよいですね。

レギンスなど小物は専用グッズを揃えよう

ほとんどのアイテムはマタニティで揃えなくても乗り切ることができますが、レギンスやブラジャー、タイツ、ショーツなどは専用のものを揃えるほうが快適に過ごすことができます。直接肌に触れるアイテムは、肌触りや素材、伸縮性や吸湿性などデザインや形以外でも妊婦に優しい機能であることが多くなります。

マタニティ用のレギンスやタイツはお腹周りが特殊なカッティングになっています。お腹に負担をかけず、ずり落ちないホールド感の高い仕様になっているのでぜひ揃えてください。同じ理由で、ジーンズなども妊婦用のほうが格段に着心地がよくなります。

生活スタイルや好きな服装なども考えながら、専用のものを揃えるかどうか決めていきましょう。

まとめ

ほんの短い期間しか着ないのなら揃える必要はないのでは、と考えてしまいがちなマタニティウェアですが、その短い期間をいかに快適に過ごせるかが妊娠中に着る服にかかっているとしたらどうでしょう。お家でリラックスするにも、食い込みや締めつけがあるとゆったりできませんよね。

妊婦服は、妊娠期間に女性の体に起きる変化に合わせて作られているので、着心地がよく実用性の高い服が多いのも事実です。必要なものと、代用できるものを上手に見極めて、快適なマタニティライフを送りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018