就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後1カ月間の過ごし方。1カ月健診やお宮参りなどやることたくさん

出産後1カ月間の過ごし方。1カ月健診やお宮参りなどやることたくさん

出産という大仕事を終えたママの体はダメージを受けています。産後1カ月の過ごし方で回復具合も大きく変わるため、安静にしたい大切な時期です。一方で健診やお宮参りなどの予定も入ってきますので、どのように過ごすのがベストなのか、産後1カ月の基本の過ごし方をご紹介します。

出産後「1カ月間の過ごし方」とは?

できるだけ横になっていよう

産後1カ月の基本の過ごし方は「できるだけ横になって過ごすこと」です。出産後、退院したからといってママの体が完全な状態に戻っているわけではありません。産後の体は自覚している以上に疲れていますし、産後の入院期間だけでは十分に回復しきれないのです。

新生児期の赤ちゃんは昼夜関係なく授乳が必要になるので、まとまった睡眠をとるのも難しいですね。赤ちゃんが眠ったら自分も一緒に休むようにして、なるべく横になってください。

意識して「休む」ことが大切なのです。

バランスのとれた食事をとろう

妊娠中、お腹の赤ちゃんのために食生活にはあれこれと気をつけていたことでしょう。出産後も赤ちゃんに母乳をあげるため、ママの体力を回復させるために好き嫌いをせずバランスのよい食事をとることが大切です。

良質な母乳のためには、調理に脂肪や乳製品をあまり使用しない和食中心の献立が理想的とされています。授乳中は水分不足にも注意しましょう。

また、母乳で不足しがちなカルシウムや鉄分は積極的にとりたい栄養素です。骨、筋肉、皮膚などの素になるタンパク質も欠かせません。

家事はまわりに協力してもらおう

里帰り出産で家族を頼れる状況なら、ママは育児と体力回復に集中できるよう、可能な限りの家事はお願いしましょう。赤ちゃんのお世話もママが1人で抱え込まないで、全面的に家族のサポートを頼りましょう。

里帰り出産はせず産後すぐに自宅に戻る場合も、家族、主にパパの協力は不可欠です。食事の用意は総菜や宅配サービス、ネットショッピングを活用しましょう。掃除や洗濯も最低限にして、週末にパパに頑張ってもらってくださいね。

家事はまわりの協力を得て、上手に手抜きしながら乗り切りましょう。

外出はできるだけ控えよう

赤ちゃんは基本的に1カ月健診を終えるまで外出できませんし、ママもまだまだ疲れやすい時期なので、基本的には外出を控えたほうがよいですね。

ママがやむを得ず外出する場合でも、いきなり人ごみに出かけたり、長時間外出したりするのは控えましょう。食品や日用品など必要なものの買い物は、パパにお願いしたり、自宅まで届けてくれるネットスーパーなどを活用したりするのがおすすめです。

公共の乗り物などでの長距離移動となる里帰り先から自宅に戻る場合も、赤ちゃんやママへの負担を考えて無理のない計画を立てましょう。

出産後の「1カ月健診」内容や持ち物は?

赤ちゃんの1カ月健診の内容とは?

赤ちゃんの1カ月健診は、基本的に出産した病院で行われます。内容はだいたい次のようなものです。

●身体測定…体重・身長・頭囲・胸囲の測定。特に体重の増え方が順調かどうかによって栄養状態を調べます。
●全身のチェック… 先天性の病気、斜視や視覚、腕や股関節の関節の動き、黄疸、湿疹など問題がないか調べます。
●反射のチェック…モロー反射とも呼ばれる赤ちゃんの反射をチェックします。
●ビタミンK2シロップを飲む…乳児ビタミンK欠乏性出血症を防ぐための処置です。

ほかにも睡眠や排泄の様子、刺激に対する反応などについての問診があります。赤ちゃんのお世話をしていて気になることなどがあれば、受付のときなどに申し出て診てもらうと安心ですよ。

ママの1カ月健診の内容とは?

ママも赤ちゃんと同様に、基本的には出産した病院での健診となります。主な内容は次のとおりです。

●身体測定 …体重・血圧の測定、尿検査などが行われます。妊娠中の妊婦健診と同じような内容で、場合によっては血液検査もあります。
●診察 …内診や視診で子宮の戻りや傷の状態などを確認します。悪露の確認や母乳育児の場合はおっぱいのチェックがあります。
●問診 …現在のママの体調や、心の状態などの問診があります。聞きたいことなどは、このときに確認してみましょう。

ママの健診と赤ちゃんの健診が同日に行われることもあれば、別日になることもあります。ママの健診の間、赤ちゃんを見ていてもらえるように、パパなどに付き添ってもらえると安心ですね。

1カ月健診の持ち物とは?

1カ月健診に必要な持ち物については、出産入院中に病院側からの指示もあると思いますが、主な内容は次のとおりです。

●母子手帳
●ママと赤ちゃんの保険証
●赤ちゃんの乳幼児医療証
●乳児健診無料券または補助券
●現金
●病院の診察券

ほかに、病院からあらかじめ指示されたものがあれば用意しましょう。健診にかかる時間は当日の混み具合にもよりますので、赤ちゃんのおむつやミルク、着替えなども一式用意しておきましょう。

多くの病院では、診察にかかった費用は基本的に現金支払いのみとなります。健診には、市の助成があるから無料という人、10,000円近くかかったという人まで差がありますが、一般的には3,000〜5,000円が目安です。

産後1カ月でお祝いする「お宮参り」

お宮参りとは?いつ行くの?

お宮参りとは、生後1カ月の頃に近くにある神社などに行き、赤ちゃんの健やかな成長を祈って土地の守り神である産土神(うぶすながみ)様に参拝する行事です。

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから1カ月を目安に行うことが慣例で、一般的に男の子は生後31日、女の子は33日とされています。ですが、女の子は「早くお嫁に行けるように」と男の子よりも早くにお宮参りをする地域もありますし、生後100日の頃に行う地域など場所によって違いがあります。また、夏や冬など気候が厳しい地域は日取りを変えて行うことが多いようです。

正式な日取りとは前述のとおりですが、赤ちゃんやママなどの体調も考慮して無理のないタイミングを選びたいですね。

お宮参りを行う日として最良とされているのは大安の日ですが、友引、先勝の日の午前中、先負の日の午後なども好まれます。このようにお日柄のよい日は人気があるため、混雑する場合があります。

神社によってはお宮参りの事前予約が必要であったり、当日に直接受付をしたりするところもあるのであらかじめ確認しておきましょう。

お宮参りに行くときの服装は?

お宮参りのときは、赤ちゃんに「祝い着」を着せるのが正式です。祝い着には男女の性別で模様に違いがあります。

●男の子…白羽二重に「熨斗目模様」の紺色の掛け着、または黒羽二重の紋付など
●女の子…白羽二重に「友禅模様」の掛け着など

また、最近は祝い着ではなくベビードレスだけでお宮参りに行くご家族も増えています。家庭の状況や季節に合わせて決めましょう。

お宮参りで赤ちゃんが正装をする場合、両親や祖父母も正装する方がバランスがよくなります。パパの正装はスーツ、ママの正装は着物ですが、授乳がむずかしくなるためママは前開きのワンピースやスーツなどで行く人が多いようです。

お宮参りに着物を着ていく場合、日頃から着慣れていれば問題ありませんが、着物を着慣れないママが長時間着用するのは想像以上に疲れるものです。お宮参りの時期は産後のママの体調が安定しない時期でもあるため、無理をしないことが大切です。

カジュアルな服装で参拝する場合も、場所柄をわきまえて、くだけすぎないように清潔感のある服装を心掛けましょう。

まとめ

出産後の1カ月は、ママの体調を回復させるために重要な期間です。バランスのよい食事で栄養をとって、必要以上に動かずに赤ちゃんのお世話に専念できるような環境を整えたいですね。そのためには家族、特にパパのサポートが欠かせません。

1カ月健診やお宮参りなどの大切な行事も入ってくるので、無理のない範囲でしっかりと準備をしておきましょう。1カ月健診が過ぎたら赤ちゃんの外出もOKなので、少しずつ日常のペースが取り戻しながら、できる範囲で家事と育児に取り組んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018