就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

正産期と呼ぶのはいつからなの?正期産との違いやママが注意すること

正産期と呼ぶのはいつからなの?正期産との違いやママが注意すること

出産に最も適した時期は「正産期」と呼ばれていますが、いつからいつまでが正産期なのでしょうか。正産期のことを知って安心して出産に備えておきたいですね。今回は正産期の説明と正産期にママが注意することをご紹介します。正産期を理解して安心して出産を迎えましょう。

正産期と正期産、臨月や早産との違いとは

「正産期」と「正期産」の違いについて

「正産期」とは妊娠37週0日~41週6日の期間のことを言います。この時期の赤ちゃんは外の世界に出ても十分に生きられるまで成長していますから、出産するのに最も適した時期というわけですね。

また、言葉のよく似た「正期産」は正産期の時期に出産することを言います。つまり妊娠37週0日〜41週6日の期間中のお産というわけです。

妊婦健診のときに出産予定日を教えてもらいますが、その予定日の前3週間と後2週間以内の出産であれば正期産になるのです。

出産予定日当日に生まれなくても、正産期の期間内に生まれれば発育上の問題はほぼないと言われているので、予定日はあくまで一つの目安ということですね。正産期になったらいつ出産になってもよいように準備しておきましょう。

「正産期」と「臨月」の違いについて

正産期は妊娠37週0日~41週6日のことですが、「臨月」はその前の36週0日~39週6日の期間のことを言います。妊娠10カ月のことですね。

臨月は正産期とは異なり、いつ生まれても大丈夫という期間ではありません。臨月のうちの36週0日~36週6日の間に出産をしたら早産になりますから、赤ちゃんの状態によっては処置が必要になるかもしれません。

妊娠9カ月までの妊婦健診は2週間に1回ですが、臨月に入ると1週間に1回のペースになります。いつ生まれてもおかしくない時期になりますから、子宮口の開き具合や赤ちゃんの様子を適時確認する必要があります。

ちなみに正産期と臨月は医療用語ではありませんが、妊婦であればどちらも耳にしたことのある言葉かもしれませんね。

「正産期」と「早産」の違いについて

「早産」とは、妊娠22週0日~36週6日の期間に出産することをいいます。妊娠22週よりも早いと「流産」とよばれ、胎児の生存率は大きく下がります。

早産の原因は様々で、妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剝離、感染症、ストレス、喫煙などが影響しているといわれています。

早産で生まれた場合、正期産で生まれた赤ちゃんに比べると体重も少なく、器官の働きも未熟なことがあります。そのため、NICU(新生児集中治療室)での治療が必要となることがあるのです。

早産と正期産との分かれ目は37週0日を迎えられるかどうかにかかっています。一番心地のよいママのお腹の中で正産期まで育ててから、安心して出産をしたいですね。

正産期は吐き気やお腹の張りに注意しよう

ホルモンの影響や胃が圧迫され吐き気がする

妊娠中はつわりで吐き気がすることが知られていますが、正産期にも吐き気がすることがあります。何が影響しているのでしょうか。

吐き気の原因の一つはホルモンバランスです。臨月に入ると、プロゲステロンとエストロゲンというホルモンの分泌量が一気に増えます。この二つのホルモンが出産を迎えるまで増加し続けることで、吐き気につながることがあります。

また、赤ちゃんが大きくなっていますから胃が圧迫されて吐き気がすることもあります。赤ちゃんが下がって胃がスッキリすることが多い時期ですが、赤ちゃんが大きかったり、よく動いたりすると胃が圧迫されて吐き気がするのです。

ママが出産に対して不安や恐怖を抱いていても吐き気がすることがあります。

正産期のお腹の張りは心配ないことが多い

正産期になって赤ちゃんが大きくなることで子宮の収縮が活発になり、お腹が張りやすくなることがあります。さらに、赤ちゃんがよく動いてもお腹が張ることがあります。

正産期まではお腹が張ったら早産になる可能性もあるため、体を休めるようにしていたママも多いのではないでしょうか。

しかし、正産期になればいつ生まれてきても大丈夫なので、子宮が収縮して陣痛の準備をし始めます。陣痛がくるためには少し張ることも必要になってくるのですね。ですから、正産期にお腹が張っても心配ないことが多いのです。

ただし、激しい痛みがずっと続く場合や痛みと一緒に出血した場合は注意が必要です。このような症状があったらすぐに受診しましょう。

出血があったり痛みが強いときは病院へ

先にも述べたように、痛みをともなうお腹の張りがずっと続いている場合や痛みと一緒に出血した場合はすぐに受診が必要です。断続的に痛む陣痛と異なり、休むことなくずっと痛みが続く場合は、胎盤が子宮壁からはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」の可能性も考えられます。

この場合、早く処置をしなくては母子ともに危険なこともありますから注意が必要です。さらに破水もあれば、速やかに病院に連絡してください。常位胎盤早期剥離や赤ちゃんを外敵から守るバリアの絨毛膜と羊膜に傷がついて菌が入る絨毛膜羊膜炎が原因での破水の可能性もあります。

一方で、痛みが規則的に起き、次第に痛みが強くなってきたら陣痛かもしれません。痛みがくる間隔を計り、10分間隔になったら病院へ連絡しましょう。

臨月~正産期は胎動の変化にも気をつけよう

胎動を感じる位置が以前より下に感じる

ママのお腹の中で大きくなった赤ちゃんは、臨月を迎えるころにはママの骨盤の方へと下がってきます。重くなったために下がってきているということもありますが、赤ちゃん自身がが生まれるための準備で子宮口へと下がってくるのです。

赤ちゃんが下がってくると、胎動を感じる位置が以前より下に感じることがあるかもしれません。逆子の場合は胎動を感じる場所が違ってくるでしょうし、ママによって胎動の感じ方は違いますからあまり変化がないというママもいるかもしれません。

ただ今まで感じていた胎動よりも弱くなった、胎動が激しすぎるかもしれない、などと不安に思うことがあれば、産科医に相談してみましょう。ママが安心できることはお腹の赤ちゃんにとっても大事ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj