就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを出産するママへ。知っておきたい準備や流れや産後のこと

赤ちゃんを出産するママへ。知っておきたい準備や流れや産後のこと

初めての出産は分からないことだらけで、何かと不安ですよね。「出産準備品はどれくらい必要なのか」「出産ってどれくらい痛いの?」「入院にお金はどれくらいかかるのかな」など、知りたいことはたくさんあると思います。そこで今回は、出産にまつわる様々な情報を紹介していきます。

出産前に済ませておくべき最低限の準備

産まれてすぐ必要な赤ちゃんの日用品

マタニティ雑誌やネットの情報をみると、ベビー用品としてたくさんの商品が紹介されています。しかし、実際に必要になる日用品は意外と少なくても大丈夫。せっかく購入しておいたのに、使わなかったという先輩ママもたくさんいます。

出産前に準備すべき日用品は必要最低限に抑えて、赤ちゃんが生まれてから必要に応じて買い足していっても遅くはありません。

【産後すぐ必要な日用品】
・新生児用おむつ(すぐに大きくなるので、買いすぎに注意です)
・おしりふき
・ベビー布団
・新生児用衣類
・沐浴セット

母乳の具合によりますが、最小限のミルクと哺乳瓶は用意しておいてもよいかもしれません。または、必要になった際すぐに買えるよう、売り場をチェックしておきましょう。

すぐ持ち出せるように入院準備をまとめた鞄

入院するタイミングは人それぞれです。切迫早産や急な破水などにより、想定していたよりもだいぶ早く入院になることがあります。急な入院に備えて、すぐに持ち出せるよう入院準備品をまとめた鞄を用意しておきましょう。

【入院に必要なもの】
・パジャマ
・授乳用ブラジャー
・産褥ショーツ
・産褥パット
・骨盤ベルト
・入浴セット
・洗面セット
・清浄綿
・新生児用おむつ
・おしりふき
・新生児用肌着 など
※このほか、当日は保険証、母子手帳、診察券、小銭、携帯電話と充電器なども忘れずに持っていきましょう。

産院によっては、入院生活に必要なほとんどのものが用意されている場合もあります。事前に確認しておくとよいですね。

車で退院する場合はチャイルドシートが必須

退院して、赤ちゃんと一緒に自宅へ帰るとき必要になるのがチャイルドシートです。6歳未満の子どもが車に乗る際は、チャイルドシートの着用が法律で義務付けられています。

退院する際の赤ちゃんは新生児なので、まだ首が座っていません。「ベビーシート」といわれる寝かせた状態で乗せられるタイプのものを選びましょう。ベビーシートは使用期間が短いので、座面の角度が変えられるなど、少し大きくなってからも座って使えるものを選ぶとよいですね。

また、いずれ「チャイルドシート」や「ジュニアシート」に買い替えることを想定して、レンタルするというのもおすすめです。チャイルドシートを選ぶ際は、安全基準に適合している「Eマーク」がついていることを確認しましょう。

出産は赤ちゃんのタイミング?陣痛の兆候

赤ちゃんの動きが穏やかになり胎動が減る

臨月に入ると、赤ちゃんは生まれてくる準備をしはじめます。だんだんと頭が下がってきて骨盤内に固定されるため、動きが制限され、ママは胎動が減ったように感じるかもしれません。

しかし、まったく胎動がなくなることはありません。赤ちゃんは30~40分おきに寝たり起きたりを繰り返しているので、胎動を感じなくなって心配なママは、時間を計ってみてもよいでしょう。臨月になって胎動をまったく感じなくなった場合は、すみやかに産院へ連絡してくださいね。

胎動には個人差があり、陣痛の合間にまでよく動く赤ちゃんもいます。胎動は赤ちゃんからのメッセージ。元気だった赤ちゃんの動きが穏やかになってきたら、いよいよ会えるときが近づいているという知らせかもしれませんね。

頻繁なお腹の張りや腰の痛みがある

臨月の頻繁なお腹の張りは「前駆陣痛」と呼ばれるお産の兆候であることが多いです。前駆陣痛は、定期的にお腹の張りを感じるため、「陣痛がきたかな?」と思うママも多いようです。

間隔を計ってみると、定期的だった痛みが急に遠のいてしまったというように、陣痛が持続しないのが特徴です。前駆陣痛は長いと数日続くこともあります。お腹の張りだけでなく、腰や恥骨、骨盤の痛みもあり、いよいよお産が近いなと感じるでしょう。

とくに夜中になるとお腹の張りが強くなる傾向があります。眠れずにつらい思いをすることになるかもしれませんが、前駆陣痛があれば本陣痛まであと少しです。入院準備をして、できるだけリラックスして過ごしましょう。

おりものの色が変わったり量が増えたりする

妊娠後期頃から、おりものの量が増えることがあります。出産に備えてママのホルモンバランスが変化するためです。臨月に入っておりものの量が増えても、あまり心配することはありませんが、「色」の変化には少し気をつけてみてください。

おりものの色が「ピンク色」や「茶褐色」といった、血が混じったような色に変化した場合、「おしるし」と呼ばれるお産の兆候かもしれません。「おしるし」とは、卵膜が子宮壁から剥がれることで起こる少量の出血のことです。

「おしるし」があっても、すぐに陣痛が始まるわけではないので、焦らずに様子をみましょう。ただし、出血量が多かったり、出血が止まらなかったりする場合は産院へ連絡をしてくださいね。

出産の進み方やスムーズに進めるポイント

陣痛の痛みが強くなる分娩第一期

一般的に、赤ちゃんが産まれるときの経過を、三つの段階に分けています。まず「分娩第一期」は陣痛の始まりから、子宮口が全開大になるまでをいいます。

ここでいう「陣痛の始まり」は、痛みが10分間隔、または1時間に6回以上の陣痛になったときです。第一期は、初産婦で10~12時間、経産婦では4~6時間程度です。個人差があるので、子宮口が全開するまでに24時間以上かかったというママもいるようです。

多くの産院では、第一期を「陣痛室」で過ごします。赤ちゃんの様子をチェックしながら、子宮口が開いていくのを待ちます。ママには長く苦しい時間ですが、赤ちゃんに会えるまであと少し。そのときに備えて、力を温存しておきましょう。

いきみ始めて赤ちゃんが産まれる分娩第二期

「分娩第二期」は、子宮口全開大になってから、赤ちゃんが生まれる(娩出、べんしゅつ)までをいいます。陣痛室から分娩室に移動し、いよいよお産が始まります。

初産婦では1~2時間ほどかかるでしょう。ここからは赤ちゃんとママのタイミングをしっかりと合わせて、何度かいきむことで赤ちゃんを押し出します。痛みは最高潮に達しているので、パニックになり呼吸が浅くなることがあります。助産師さんの指示に従って呼吸を整えるとよいですよ。

また、赤ちゃんが生まれる際に会陰が裂けてしまいそうなときは、医師により会陰切開が行われます。怖い感じもしますが、実際は陣痛の痛みで切開にはほとんど気づかなかったというママが多いので、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。

赤ちゃんが産まれて胎盤を出す分娩第三期

出産は、赤ちゃんが産まれたら終了ではないのです。「分娩第三期」は、胎児の娩出後、胎盤や卵膜、さい帯など、すべて体外に出すまでをいいます。初産婦の場合は、平均して15~30分ほどかかるでしょう。

赤ちゃんが産まれてからしばらくすると、再び陣痛のような痛みがあり、出産のときと同じようにいきんで胎盤などを娩出します。ママは赤ちゃんが産まれたことで既に感情が高ぶっているので、第三期の記憶はほとんどないという人が多いようです。

無事に第三期を終えたら、赤ちゃんとママの処置をして、2時間くらいの間、分娩台で横になったまま静かに過ごします。産院によってはカンガルーケアなどで赤ちゃんに初乳を飲ませたり、家族と一緒に過ごしたりできる時間になるでしょう。

陣痛より辛い?産後に起こる身体の痛み

子宮が戻ろうとして起こる後陣痛

妊娠・出産を無事に終えたのもつかの間、実は産後にも様々な痛みがママを待ち構えているのです。出産前に「陣痛」のことは勉強して知っていたかもしれませんが、「後陣痛」のことは知らなかった、というママも多いようです。

「後陣痛」とは、妊娠で大きくなった子宮が、元の大きさに戻る際に収縮することで起きる痛みのこと。個人差はありますが、2、3日から1週間ほどで収まるでしょう。後陣痛があるということは、子宮の戻りがよいということなので、あまり心配はいりません。

経産婦は初産婦に比べて痛みが強いといわれています。眠れないほど傷む場合は、医師に相談して痛み止めを処方してもらいましょう。また、お腹を温めると痛みが和らぐ傾向にあるので、カイロをあてるのもおすすめですよ。

会陰や帝王切開の傷の痛み

会陰切開している場合、傷口の痛みは半月~1カ月近く続くかもしれません。とくにトイレに行く際は注意が必要です。バイ菌が入ることのないよう、しばらくは清浄綿を使って清潔を保つようにしてください。

授乳などで椅子に座る際は、ドーナツ型のクッションをお尻の下に敷くと、痛みが和らいでおすすめですよ。傷口に負担をかけないように過ごしてくださいね。

帝王切開で出産したママは、お腹を切った傷の痛みが半月~1カ月ほど続くようです。とくにお腹に力を入れる際、ひきつるような痛みがあるといいます。赤ちゃんを抱きあげる際などは注意が必要です。パパや両親など、周りの人の助けを借りて、ママはできるだけ体の回復に努めましょう。

慣れない授乳で起こる乳首の痛み

赤ちゃんもママも、最初はみんな授乳初心者です。息が合わずにママの乳首が切れてしまうというトラブルはよくあることです。「乳頭裂傷」といって、乳首の根本や先端に傷ができ、血が出たり膿(うみ)が出たりして、直接母乳を飲ませることが難しくなる場合があります。

乳頭裂傷のおもな原因は、「赤ちゃんのくわえ方が浅い」「乳首から赤ちゃんを離すときにくわえたまま引っ張ってしまう」などです。赤ちゃんにおっぱいをあげる際は、「乳輪に下唇を当て、大きくくわえさせる」ことと、「おっぱいから離すときは口の端に指をそっと入れて、隙間をつくる」ことを心がけましょう。

それでも乳頭裂傷が起きてしまった場合は、搾乳器でおっぱいをしぼり、哺乳瓶で授乳するとよいでしょう。

出産に必要な費用や助成金はどれくらい?

正常分娩でかかる費用

出産を控えているママは、どのくらいのお金を用意しておけばよいのか気になりますよね。出産は「病気」ではないので、特別にトラブルがない限り健康保険が適用されません。基本的には出産・入院にかかる費用は全額自己負担です。

正常分娩で出産・入院にかかる費用の平均は40~60万円ほど。入院する医療機関によって入院費は大きく異なります。特に差が出るのは「入院宿泊費」です。シャワー、トイレ付の個室や、広くて家族も泊まれるような部屋を選ぶと、1泊あたりの金額が高くなります。正常分娩の初産婦は5~7日ほど入院するので、選ぶ部屋のタイプによって最終的な金額に大きく差が出るでしょう。

しかし健康保険加入者であれば、子ども1人につき420,000円が助成される「出産育児一時金」という制度があるので安心してください。手続きは産院ででき、助成金は産院に直接支払われるので、ママは退院時に差額を支払うだけで済みます。実際は0~200,000円程度が窓口負担額になるということですね。

ちなみに、かかった費用が420,000円以下の場合、差額が後日指定の口座に振り込まれます。

帝王切開など異常分娩でかかる費用

正常分娩は保険適用外ですが、帝王切開での出産には健康保険が適用されます。手術費用は予定帝王切開で201,000円、緊急帝王切開で222,000円と決まっています。一般的には、これらの金額の3割負担ということになるでしょう。

帝王切開での出産・入院費の総額は40~100万円とかなり差があります。これは、ママや赤ちゃんの健康状態により、施される処置に違いがあるためと、入院日数によって大きく違いがでるからです。

通常、帝王切開後の入院は7~10日ほど。通常分娩に比べると数日長くなります。また、ママは退院できても、赤ちゃんの状態によっては入院が長引く場合があります。長期入院などで費用が高額になった場合は、「高額療養費制度」を活用することができます。

高額療養費制度とは、所得に応じた支払限度額以上の医療費がかかった場合、超過分が助成されるというものです。例えば年収5,000,000円で1,000,000円の手術・入院費がかかった場合、実際の負担額は110,000円程度に軽減される計算です。また帝王切開でも、「出産育児一時金」を受取ることができます。

まとめ

初めての出産では、痛みや健康面、金銭面、産後の育児など、誰しも様々な不安を抱えると思います。赤ちゃんを産むのはママにしかできないことですが、パパや両親、友人など、周りの人に不安を打ち明けて、1人でストレスをため込まないことも大切です。

漠然と不安を抱くより、できる準備はしっかりとしておいて、「出産を楽しむぞ!」というくらいの気持ちでいるとよいですよ。出産はゴールではなく、これから始まる育児のスタートラインです。おおらかな気持ちで赤ちゃんを迎えてあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018