就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後のお見舞いに行こう!手土産や病室などでのマナーや注意点

出産後のお見舞いに行こう!手土産や病室などでのマナーや注意点

出産後のお見舞いは、いつ行ったらよいか、何を持って行ったら喜んでもらえるかなど、いろいろ悩んでしまいますよね。でも出産後のママや赤ちゃんの様子がわかれば、お見舞いで気をつけたいことも徐々にわかってくるでしょう。今回は出産後のママの体調や精神状態、お見舞いに行くタイミングや手土産についてお話しします。

出産後のママの体の状態について

疲労困ぱいで睡眠不足状態

「出産後は病院でゆっくり過ごしたい」と思っているママも、赤ちゃんのお世話が始まると疲労困ぱいで睡眠不足になってしまうものです。2~3時間おきの授乳で、まとまって眠ることができず、疲れがたまってしまうのです。

入院中はママ自身の検査でも忙しくなります。出産後の体が順調に回復しているかどうかを確認するために看護師さんが血圧などをはかりに来てくれたり、担当の先生の診察があったりするので寝ていても起こされることがあるのです。

病院によっては、授乳の合間におむつ交換や沐浴指導など、退院後の赤ちゃんのお世話の指導を受けることもあるでしょう。そのため、赤ちゃんが生まれると、ママはやることが増えて忙しいのです。

出産による手術後の痛み

順調に赤ちゃんが生まれても、分娩時の痛みが出産後も続くこともあります。帝王切開で出産したママは、麻酔が切れると手術の傷が痛むのです。笑っただけでも痛みを感じてしまうので、できるだけ安静にして回復を待ちたいですね。

自然分娩で出産したママの場合は、赤ちゃんが生まれると陣痛の傷みからは解放されても、分娩のときの会陰切開の傷が痛くてしばらく座ることができないという方も多いようです。妊娠中や分娩で痔になってしまうこともあります。

上の子がいるママは、子宮が収縮する痛みに悩まされることもあるでしょう。出産経験が多いほど痛みが強くなるといわれています。「後陣痛」といわれ、突き刺さるような強い痛みをともなうことがあるようです。

ホルモンバランスの乱れで神経質になる

出産後のママは、些細なことに対してもイライラしたり、神経質になってしまったりします。これは、生まれた赤ちゃんを守ろうとする動物的な本能が原因ともいわれています。

初めて出産を経験したママは、「赤ちゃんは抵抗力がない」と聞くと、必要以上に神経質になってしまう場合もあります。ちょっとしたほこりや汚れでも「赤ちゃんに悪影響では?」と気になって仕方ないというママもいることでしょう。

睡眠不足や慣れない育児で疲れているところに、親しい人からデリカシーのない言葉をいわれると深く傷ついてしまうときもあります。「太ったね」「赤ちゃん、誰にも似ていないね」など、ママの体系や赤ちゃんの容姿についての内容は、冗談でも避けたいものですね。

お見舞いに行くのはいつがいい?

普通分娩で出産したママへのお見舞い

普通分娩で順調に出産したと聞いても、その日にすぐお見舞いに行くのは控えましょう。最短でも出産から2~3日経ってからお見舞いに行くことをおすすめします。

先ほどもお伝えしましたが、自然分娩でも出産後に痛みが続く場合があり、ベッドで横になることはできても、イスに座ることが難しいときがあります。お見舞いに来てくれると、横になってばかりでは失礼だと、気を使って無理に起き上がってくれるかもしれません。

出産当日や翌日は、家族と水入らずで過ごしているママも多いでしょう。また、出産という大仕事を終えたあとは、気持ちの整理もしたいかもしれません。すぐにママや赤ちゃんに会いたいと思っても、少し日を置いてからお見舞いに行くように心がけましょう。

帝王切開で出産したママへのお見舞い

帝王切開で出産した場合、痛みがしばらく続きます。先ほどもお伝えしたように、笑うと痛みが出るので、入院中のお見舞いはやめたほうがよいかもしれませんね。もし、どうしてもお見舞いに行きたい場合は、退院が近づいてママの体が回復し始めた頃がよいでしょう。

帝王切開の場合は、出産後のシャワーも先生のOKが出るまで日にちがかかります。慎重に、傷が開いたり化膿したりしないように気をつけなくてはいけません。髪や体が清潔でない状態で、お見舞いに来てもらうのはママにとって嬉しいことではないかもしれませんね。

帝王切開での出産は10日前後の入院となり、普通分娩より長期になることも多いものです。出産後すぐにお見舞いに行くのは控え、傷が落ち着いた頃に行くようにしましょう。

事前に連絡してからお見舞いに行こう

お見舞いに行く日がだいたい決まったら、事前に連絡するのがマナーです。出産後は、何かと予定があるので、せっかくお見舞いに行っても病室にいなくて会えないことも多いものです。

授乳室に入ってしまうと30分前後かかることもあるでしょう。授乳がはじめてのときは、要領がつかめず時間がかかってしまうこともあるのです。トイレやシャワーが共同の病室なら、でかける回数も多くなってしまいます。

また、産後の生活に慣れないママの中には「誰にも会いたくない」と思っている方もいます。反対に「ストレス発散のために、早く会いに来てほしい!」と思っているママもいるかもしれません。

そのため、さりげなく予定を聞いてからお見舞いに行くようにしましょう。

出産後に渡す出産祝い金について

出産祝いの金額の相場

親しい間柄や、2人目、3人目の出産祝いなら品物より現金が喜ばれることもあります。一般的な相場は、友人なら5,000~10,000円程度です。会社関係なら5,000円程度ですが、複数人でまとめて贈るのもよいですね。一人500~1,000円程度なら負担も軽く済みます。

親が子に贈る出産祝いの一般的な相場は、30,000~50,000円となっています。兄弟なら、10,000~30,000円ですが、働いていない弟や妹から贈る場合は5,000円でも問題はありません。いとこに赤ちゃんが生まれた場合は、3,000~5,000円が一般的な相場となっています。

地域によって異なる場合もあるので、渡す前に誰かに相談してみるのもよいでしょう。
66 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC