就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

つわりで仕事は休める?仕事中の対策や先輩ママの体験談もご紹介

つわりで仕事は休める?仕事中の対策や先輩ママの体験談もご紹介

妊娠してからも仕事を続ける女性は、最近では珍しくないですよね。しかし、妊娠中は体調が安定しないことも多く仕事に行くのが辛いときも…。とくに、つわりが重いと仕事どころではありません。今回は、つわりによる体調不良時に仕事を休んでもよいのか、つわりの症状別に、仕事に集中できる対処法などをご紹介します。

つわりを理由に仕事は休めるの?

基準はないので上司や同僚の理解を得よう

妊娠するとさまざまなトラブルが起きるので仕事を続けるのが大変なときもありますが、つわりは始まる時期や終わる時期、症状なども妊婦さん1人1人違うので「つわりの辛さを誰にも理解してもらえない」と悩む方も多いでしょう。

妊娠中につわりがあるからといって、仕事を休まなければならない決まりはありませんよね。ですから、職場の方々につわりで仕事を休むことを理解してもらうことが大切です。

友人は、正社員としてパソコン業務についていたそうです。妊娠してつわりで辛そうにしていると、上司から「体調が悪い日は休んでいいからね」といってもらえたそうです。上司だけでなく同僚も協力してくれる方ばかりだったので、つわりの重い日は休むことができたと話してくれました。

勤務時間や業務内容の変更を依頼する選択も

先ほどご紹介したようにつわりは始まる時期や終わる時期、つわりの重さや症状などは、妊婦さんによってそれぞれ違います。また、つわりがあるかは妊娠してみないと分からないので、仕事をしていると不安ですよね。

「つわりで気持ちが悪く仕事に行きたくない」「つわりが長く続いているので、このまま仕事を続けられるか不安」という方も多いかもしれません。仕事を辞める選択をする前に、勤務時間や業務内容の変更をお願いしてみてはいかがでしょうか。

先輩ママはフルタイムで接客業の仕事をしていましたが、つわりが重く接客するのが大変だったそうです。上司に相談すると、接客ではなく座ってできる事務仕事に業務内容を変更してもらえたので、つわりがあっても辞めずに済んだと話してくれました。

母健連絡カードを活用しよう

先ほどご紹介したママたちのように、妊娠中の体調の変化に理解してくれて、対応してくれるところだと安心して働き続けられますよね。その一方で、「つわりでも仕事を休めない」「つわりを理由に仕事を休める空気ではない」など、職場に理解してもらえず苦しんでいる妊婦さんも多いでしょう。

そのような方は、「母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)」を利用してみてはいかがでしょうか。

労働基準法では、妊娠中につわりがひどいとお医者さんに診断されて母健連絡カードに記入してもらい職場に提出すると、会社側は会社を休ませる・仕事の業務を変更する・勤務時間を短くする・休憩の回数を増やしたり、休憩時間を長くしたりするなどの対応をとることが義務付けられています。

つわりの種類によって仕事中の対策が違う

吐きつわりは無理に食べないように

つわりの時期に仕事を頑張るために、症状によって対策を考えるとよいですよ。「何かを口にすると気持ち悪くて吐いてしまう」「臭いに敏感で気持ち悪くなる」などの症状もあります。

吐きつわりは、「赤ちゃんの栄養のために何か食べないと」と、無理してご飯などを食べると気持ち悪くなってしまうので、仕事中は無理をして食べないようにしましょう。ゼリーや果物など、「これは食べても気持ち悪くならない」というものがあれば、職場に持って行っておくと安心ですよね。

友人は吐きつわりがあり大変だったそうですが、無理してご飯を食べて吐いてしまわないように、食べられるもの(プリンなど)を少しずつ口にして乗り越えたそうですよ。

食べつわりはすぐに食べられるものを準備

吐きつわりとは逆に、ずっと何かを口にしていないと気分が悪くなってしまう食べつわりの方もいますよね。食べつわりの場合はお腹が空くと気分が悪くなってしまうものです。ですから、すぐに食べられるものを職場に持って行っておくとよいでしょう。

先輩ママは食べつわりが辛かったそうで、常に何かを口にしていないと気分が悪くなっていたといいます。職場の上司や同僚に食べつわりの症状を伝えると「勤務中に食べても大丈夫だよ」といってもらえたので、おせんべいやクッキー、一口サイズのおにぎりなどを持って行き頻繁に食べるようにしていたと話してくれました。

仕事中に食べる場合は、ほかの人のことも考えて匂いの少ないものを食べるようにしましょう。

よだれつわりはあめやガムが効果的

「妊娠してからよだれが飲み込めないくらい増えた」という方もいますよね。よだれつわりはよだれが多くなるだけでなく、唾液の匂いや味に敏感になることでストレスを感じる妊婦さんも多いですよね。しかし、よだれつわりはストレスを感じてしまうと、さらにつわりが重くなってしまうので、ストレスを溜めないように工夫しましょう。

よだれつわりには、あめやガムを口にしていると効果的といわれています。味はミントやソーダ味などのさわらかなものを選ぶと、口のなかの不快感が少しやわらぐのでおすすめですよ。

仕事をしていると人と接することがあるので「よだれの匂いが周りにしていたらどうしよう」と悩む方も多いですよね。あめやガムを口にしていると、口臭予防にもなるのでよいですね。

無理はしないで!仕事中のつわり体験談

我慢しすぎて重大なミスをした

仕事をしている女性が妊娠すると、つわりの時期の乗り越え方に悩む方も多いですよね。ここでは、先輩ママたちの仕事中のつわりの失敗談やどのようにしてつわりを乗り越えたのかをご紹介します。

先輩ママによると、1人目の妊娠中はフルタイムで事務の仕事をしていて、つわりがひどいときも「つわりは病気ではないから、仕事を休んではだめだ」「つわりに負けたくない」などと思い、仕事を休まずに頑張っていたそうです。すると、大事な案件の書類の作成をミスしてしまい、上司に「無理をして仕事にきてミスをしたほうが、周りの迷惑になるよ」といわれ、反省したと話してくれました。

つわりが重いと集中力が欠けるので、仕事でミスをしてしまうことも多いです。無理をしないことが大切でしょう。

無理をしすぎて切迫早産になった

つわりがあっても「仕事があるから頑張らないと」「つわりでも仕事を休めない」などの理由で、仕事をしているとつわりの時期に無理をしてしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。つわりの軽い重いは人によって個人差がありますが、どちらにしても無理をしてしまうと切迫早産になる危険性もあるので注意が必要ですよ。

先輩ママたちの体験談で多かったのが、「つわりの時期に無理をしすぎてしまい切迫早産で、出産するまで入院生活をすることになってしまった」「仕事で無理をしたせいか切迫早産になり、産休に入っても自宅安静になってしまった」という声です。

「産休に入ったらゆっくりできるから、それまでは無理をしてでも頑張ろう」という方も多いかもしれませんが、無理は禁物ですね。

つわりを工夫しながら乗り越えた

つわりの重さは人によって個人差がありますが、上手に工夫することで仕事をしながらつわりの時期を乗り越えた先輩ママたちもたくさんいます。先輩ママたちのつわりの時期にしていたさまざまな工夫をご紹介します。
  • 通勤や仕事中はマスクをして、色々な臭いで気分が悪くならないようにした。
  • 職場の方の了承を得てこまめに休憩をとらせてもらい、休憩室で横になっていた。
  • すぐに食べられるものを持って行き仕事中にこまめに食べるようにすると、仕事にも集中できた。
  • 立ち仕事はつわりの時期にはつらいので、座ってできる業務や裏方業務に回してもらった。
工夫次第でつわりの時期にも仕事をこなし、無事に産休に入ることができそうですよね。

まとめ

妊娠中は、つわりの時期を乗り越えるのが本当に大変ですよね。仕事をしていると責任感から「つわりが辛くても仕事を休めない」と頑張りすぎてしまう方も多いでしょう。しかし無理をしてしまうと、さらにつわりが重くなることや、切迫早産になってしまう可能性もあります。

仕事も大切ですがお腹のなかの赤ちゃんとママ自身のためにも、職場の方の理解を得ながら無理をせず、さまざまな工夫を試しながら仕事を続けられるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018