就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠線は筋肉質だとできやすい?ママのための妊娠線予防のポイント

妊娠線は筋肉質だとできやすい?ママのための妊娠線予防のポイント

妊娠すると、妊娠線ができるのではないかと気になりますよね。運動好きのママで、筋肉質の体型だと妊娠線ができやすいという説もあります。そこで今回は、妊娠線について知っておきたいことあれこれと、妊娠線予防のための対策、ママにおすすめの妊娠線予防コスメなどについてご紹介します。

妊娠線について知っておきたいあれこれ

お腹に妊娠線ができてしまう理由

妊娠線がどうしてできるのか、気になりますよね。

まず一つめの理由としては、妊娠中期ごろから急激にお腹が大きくなることになり、お腹の皮膚が伸びていくことです。皮膚の表面は伸びやすいので問題はないのですが、表面の下にある真皮は伸縮性に欠け、一度傷つくと治りにくいという特徴があります。

お腹が大きく膨らむにつれ表皮下の真皮がひび割れて、赤紫色の線になってしまうのです。

二つめの理由としては、妊娠中に分泌量が増えるステロイドホルモンの影響が考えられます。

体内でステロイドホルモンが増えると肌の生まれ変わりのサイクルが鈍り、肌の伸びが悪くなります。肌の伸びが悪くなると、膨らんでいくお腹についていくことが難しくなり、できた亀裂も治りにくくなるのです。

妊娠線は一度できると消えないの?

妊娠線は一度できると消えないのか気になりますよね。聞くとがっかりするママもいるかもしれませんが、妊娠線は一度できると完全に消すことは難しいといわれています。

個人差はあるものの、多くのママに妊娠線ができるといわれているので、お腹が大きくなる前からきちんと妊娠線対策をするようにしたいですね。

できてしまった妊娠線は美容皮膚科などのレーザー治療で薄くすることは可能かもしれません。しかし消えるかどうかは個人差もありますし、敏感肌のママの場合、レーザー治療で肌が荒れてしまう可能性もあるので気をつけたいですね。

ピーリングという選択肢もありますが、やはり敏感肌だと施術を受けることが難しいので妊娠中からのケアが一番大切ですよ。

妊娠線ができやすい体質とは

妊娠線ができやすい体質というのもあります。

まず、乾燥肌のママは注意したいですね。肌が乾燥していると皮膚が伸びにくくなり、亀裂が入りやすくなってしまいます。また、筋肉質のママも要注意です。肌が伸びようとしたときに固い筋肉が邪魔をするので皮膚が伸びにくく、亀裂へと繋がります。

ほかにも小柄だったり痩せていたりすると、お腹の膨らみに皮膚がついていくことができず、妊娠線ができることが多いようです。肥満体型の場合も、皮下脂肪のせいで肌に弾力性がなくなっているため妊娠線ができやすいといわれています。

また、2人目以降を妊娠している経産婦や双子などの多胎妊娠をしているママの場合、お腹が大きくなりやすいので初産婦よりも妊娠線ができる可能性が高くなります。

妊娠線予防のために早めの対策を取ろう

妊娠初期からしっかりと保湿しよう

妊娠線を予防するためには、妊娠初期からしっかりと保湿することが大切です。しっかりと保湿をしておけば、肌に柔軟性ができ伸びやすくなります。

いつごろからケアをしたらよいのか気になるママもいることでしょう。お腹が大きくなり始めてからケアを始めるのでは、少し遅いかもしれません。肌をしっかりと保湿し、お腹の大きさに耐えられるようにするためには、できるだけ早い時期からケアを始めるようにしたいですね。

つわりが落ち着いたら、しっかりと保湿クリームやオイルをお腹にすり込むようにしましょう。妊娠中はホルモンの関係で敏感肌に偏りがちなので、肌に合うものを見つけたいですね。

お風呂上がりや乾燥が気になったときなどこまめに塗るようにしましょう。

妊娠中に肥満にならないように注意する

妊娠線はお腹の大きさに皮膚の伸びがついていけないことによりできてしまいます。そのためにも、必要以上にお腹が大きくならないよう、妊娠中の肥満には気をつけたいですね。

妊娠初期はつわりで食べられなかったというママでも、中期になり体調が落ち着いてくるとつい色々と食べてしまうことでしょう。妊娠中は食の好みが偏りやすいため、揚げ物や炭水化物などを好んで食べることもありますよね。

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長を考え、体重計の数値が上がることも気にならないかもしれません。

しかし体重が急に増え、お腹が大きく膨らんでくると妊娠線の原因となるので要注意です。妊娠線ができてから後悔しても後の祭りですよ。体重管理に注意しましょう。

ガードルや腹帯で予防しよう

妊娠線を防止するためには、ガードルや腹帯で予防することも有効です。ガードルを履いて大きくなったお腹を下から支えるようにしましょう。ガードルはサイズ調整できるものが多いので、お腹の大きさに合わせて調節しましょう。

腹帯をするのもよいですね。腹帯であれば1枚の細長い布なのでお腹の大きさに合わせて調節することができます。綿100%だと生地が伸びないので、慣れるまでは巻きづらく感じるかもしれませんが、暑い夏でも汗をしっかりと吸収してくれるので安心です。

妊娠線は臍の下にできることが多いので、お腹の下をしっかりと支えるようにしましょう。このようにガードルや腹帯を装着することにより妊娠線を防ぐことができますよ。

ママにおすすめの妊娠線予防コスメ

バイオイル【スキンケアオイル】

すでにお話ししたように、妊娠線を予防するためには保湿が大切です。南アフリカ発の美容保湿オイル、バイオイルを使ってみてはいかがですか?

フランスをはじめとしたヨーロッパでも愛用されているオイルです。バイオイルに含まれるピュアセリンオイルが肌の角質層の奥まで浸透し、肌の柔軟性を保ってくれます。

バイオイルはニキビの跡や傷跡などをきれいにしてくれることでも知られているので、妊娠線にも効果を発揮してくれますよ。

オイルでありながらべたつかず、さらっとした使い心地なので日常使いにもぴったりです。お腹はもちろん、手足や顔の保湿ケアにも使えるので試してみて下さいね。

25ml、60ml、125mlの3種類があるので、ママのニーズに合ったものを購入しましょう。
28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC