就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

年子育児と仕事を両立するには?復帰のタイミングと年子のメリット

年子育児と仕事を両立するには?復帰のタイミングと年子のメリット

年子ママが育児と仕事を両立しやすい働き方

仕事復帰は時短勤務からがおすすめ

年子ママの仕事復帰は短時間勤務から始めてみるのがおすすめです。短時間勤務は2種類あって、法律ですべての会社に設けられている「短時間勤務制度」と、会社が独自に設けている「時短勤務」があります。

小さな子どもの育児をしながら仕事復帰をする場合は、こうした制度を利用して短い労働時間で抑える方が、育児と仕事の両立がしやすくなります。

短時間勤務制度と短時間勤務は、どちらも就労時間を短くする制度なのですが、短時間勤務制度は3歳に満たない子どもを育てていて、1日に6時間の勤務を週に3回以上している人に適用される制度。短時間勤務は子どもの対象年齢など、会社ごとに設定が違います。

仕事復帰を考えているなら、勤務先に確認してみましょう。

お金より職場環境で仕事を選ぶ

子育てしながら仕事を続けていくなら、お金よりも職場の環境で仕事を選ぶことが年子ママにとって最も重要なポイントになります。分かりやすい例でいうと、夫婦だけのころは残業OKでも子どもがいると保育所のお迎えなどもあるので残業はできなくなりますよね。

せっかく仕事を始めても、子育てをしながら働ける環境でなければ、転職を余儀なくされる可能性もあります。また、定められた期限内に就職先が見つけられない場合は、保育所を退園しなくてはならないケースもあるので、お給料よりも子育てと両立しやすい職場環境をメインに仕事を選んでいきましょう。

職場までの通勤時間、年間休日数、有給休暇の取得率、などをポイントにして仕事を選ぶのがおすすめです。

幼稚園ママに人気の仕事は?

実際に子育てをしながらお仕事をしている先輩ママたちもたくさんいます。今回は、幼稚園に子どもを通わせている間に働くママに人気の仕事をご紹介していきます。

特に人気がある仕事は、飲食店です。シフト対応が柔軟なので1日に4時間の勤務も可能な点が人気の理由で、参観日などの平日の行事でもお休みを取りやすいメリットもあります。次に派遣会社に登録をして短期から中長期のお仕事が人気です。幼稚園や小学校の夏休みなどの期間にはお仕事をお休みする必要があるママに需要が高まっています。

また最近は雇用契約をして自宅で勤務できるお仕事も増えていて、そうしたお仕事は子どもの体調不良時でも仕事ができるとしてママの間で人気が高まっています。

まとめ

年子を育てながらの職場復帰は不安やプレッシャーが大きく付きまとうかも知れません。仕事のし始めや子どもが小さいうちは両立に苦労することもあるかもしれませんが、復帰のタイミング、仕事の選び方を考慮し、家族の協力体制や家事の負担軽減などの対策をすることで、スムーズに育児と仕事の両立をはかることができます。

子育しているからこその視点が、仕事に役立つこともあるかもしれませんし、お仕事で新たなやり甲斐がみつかるかもしれません。頑張り過ぎずに少しだけ力を抜いて、育児と仕事を楽しんでいきましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND