就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで行くタイ旅行!子どもと楽しめる場所や旅行中での注意点

子連れで行くタイ旅行!子どもと楽しめる場所や旅行中での注意点

「子どもと一緒にタイ旅行に行きたい!でも、子どもと一緒に楽しめるのかな?」と疑問に思っているママもいることでしょう。そこで今回は、子どもと楽しむタイをテーマに、おすすめスポットや旅行中の注意点などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもと楽しむ!タイのおすすめスポット

ショッピングもできちゃう!サイアム水族館

サイアムにある水族館、サイアムオーシャンワールドバンコクは、ショッピングモールのサイアムパラゴンの地下1~2階にあります。ショッピングモールの中にある水族館というと、こじんまりしたものを想像してしまいがちですが、この水族館はオリンピックプール3つ分の面積があると言われ、比較的広々としています。

水族館内部はテーマごとに7つのゾーンに分かれており、中にはサメやペンギンもいるので、きっと子どもも喜びますよ。希望者は、サメと一緒に泳ぐこともできます。

子どもがショッピングに飽きてきたら、水族館で気分転換をしてもよいですし、もしくはパパと子どもが水族館を楽しんでいる間に、ママはショッピングを満喫してもよいですね。

子どもが夢の職業を体験できるキッザニア

世界的にも有名な、メキシコ発の子ども向け職業体験型テーマパークのキッザニアは、タイのバンコクにもあります。場所は水族館と同じく、ショッピングモールのサイアムパラゴン内で、キッザニアは5階にあります。

バンコクのキッザニアでは計53種類もあるお仕事体験ができるそうです。日本のキッザニアは混んでいることも多く、並ぶのに時間がとられますが、バンコクのそれは比較的空いていて待ち時間も少なくて済みます。その分色々な職業体験をすることができるのでお得ですね。

スタッフは主にタイ語と英語で説明するようですが、日によっては日本語を話すスタッフもいるようです。子どもは言葉がわからなくても楽しんでしまうことが多いので、ショッピングついでに立ち寄ってみましょう。

大人も楽しめるアートインパラダイス

バンコクのアートインパラダイスは、ショッピングセンターエスプラネード内にあります。タイではほかにパタヤとチェンマイにあります。

アートインパラダイスは、目の錯覚を利用したトリックアートの絵を鑑賞することができ、展示されているアートと一緒に写真を撮るとよりトリック効果が楽しめます。撮影は自由なので、カメラ持参は必須です。

アートインパラダイスでは、自分が絵の一部になったかのように楽しめるので、子どもと一緒に色々なアートと写真を撮りながらトリックを楽しんでみましょう。館内は特に順路もなく、好きなように廻れるので、自由気ままに眺めながら、子どもの気に入る絵を探してみてもよいですね。

きっとオリジナルな旅の記念写真が撮れること間違いなしです。

タイで子連れに人気のおすすめホテル

家族旅行で大人気のアナンタラホテル

バンコクにいくつかアナンタラホテルはありますが、中でもアナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパはチャオプラヤー川に面し、海辺にいるようなリゾートの雰囲気が楽しめます。場所はバンコクの市内ではなく、郊外にあるものの、ナイトマーケットまで専用ボートで移動することもでき、子どもは冒険気分を味わえそうです。

ホテルから最寄りの駅までも専用ボートが出ているので、バンコク市内に行く場合利用すると便利です。ホテル内にはキッズプールもあるので、子どもも安心して水遊びを楽しむことができます。

館内にはキッズクラブもあり、英語で子どもの世話もしてもらえるので、子どもがキッズクラブで遊んでいる間にママとパパはスパでリラックスすることもできます。

日本人スタッフ常勤のシェラトンホテル

バンコクのシェラトンホテルはアソーク駅やスクンビット駅に近く、各観光スポットへのアクセスにも便利です。ホテル自体、防音がしっかりしているので、館内では街の喧騒に悩まされることもありません。

また、ショッピングモールが隣接しているので、お土産探しのショッピングにも便利です。ホテルには日本人スタッフもいるので、言葉の面でも安心です。

「スタッフに聞くと何でも親切丁寧に教えてくれる」と、人柄のよいスタッフを揃えていることでも評判のよいホテルです。小ぶりながらも、まるでジャングルの中にあるような、エキゾチックムード漂うプールもあるので、観光に疲れたら水遊びでリフレッシュすることができますよ。

コスパが最高!センターポイントホテル

センターポイントホテルはバンコク市内に4軒あり、中でもセンターポイントシーロムは駅や船着場まで徒歩5分の距離にあり、ロビンソンデパートやスーパーも隣接しているので、非常に便利です。

サービスアパートメントタイプのホテルなので、客室内には電子レンジや冷蔵庫、洗濯機、食器などもあり家族連れには助かる設備がそろっています。キッチン付きの部屋なら、毎回外食せずとも部屋で気軽に何か調理して食べることもできますし、離乳食が必要な幼児にも便利です。

ロビーには無料ドリンクサービスもあり、滞在客は自由に利用できるのも嬉しいサービスです。屋上にはプールもあり、バンコクの景色を眺めながらプールで水遊びをしたり、プールサイドでゆっくり休憩することもできます。

子連れのタイで気をつけておくべき注意事項

高気温のため熱中症に気をつけよう

タイの日差しは日本のそれよりもかなり強く、日中は熱中症対策が必須となります。水分補給はもちろんのこと、定期的に塩分補給も必要です。

日本から塩飴を持参すると安心です。万が一忘れてしまった場合でも、バンコク市内にはあちらこちらに日本でも見慣れたコンビニがあるので、コンビニで買うこともできます。

ちなみにパッケージにカタカナで「ムエポヨラタムナ。」「ライム」と書いている塩飴がおすすめです。塩飴以外にもコンビニではおにぎりなども売っているので、通りすがりにクーラーで涼みがてら覗いてみると面白いですよ。

タイでは熱中症や日焼け対策に長袖を着ているローカルもたくさんいるぐらいなので、袖なし服だけでなくUV カット効果のあるカーディガンなどもあると便利です。

水はストックしておくのがおすすめ

熱中症対策にも欠かせない飲み水は、常にバッグの中に忍ばせておくようにしましょう。暑いと子どもは特に水分を欲しがるので、いざ必要なときに水をきらすことがないよう、ストックしておくと安心です。

バンコク市内にはコンビニがあちらこちらにあるものの、必ずしも必要なときにすぐお店が見つかるとも限りません。さらに観光地では敷地内に売店がなく、離れた商店まで買いに行かなければならないこともあります。

「出先で買えばよいかな」と思わずに、部屋にも飲み水を何本かあらかじめストックしておき、出かける度に1本ずつ持ち歩く方が安心です。保冷ボトルを1本持っておくと、ホテルの冷蔵庫で冷やした水を中に入れ、冷たいまま持ち歩けるので便利です。

決して子どもから目を離さない!

基本的にタイ人は子どもにも優しく、子連れ旅行のしやすい国のひとつです。しかし、やはり外国なので色々とマナーやルールも日本とは違います。

特に違いを感じるのが、交通事情です。BTSと呼ばれる電車などは日本とはさほど変わりませんが、バイクやタクシー、トゥクトゥクと呼ばれる三輪自動車もたくさん走っており、特にバンコク市内の道路を渡る時には危険がいっぱいです。

信号が青だからといって、横断歩道を渡ろうとすると、横からバイクや車が突っ込んでくることも決して珍しい光景ではありません。道路を渡る際は子どもから目を離さず、必ず手をつないで渡るようにしましょう。

歩道を歩いているときも、子どもが飛び出すと危険なので、目を離さないように気をつけましょう。

まとめ

今回は子連れで楽しむタイ旅行のおすすめポイントや注意点についての記事でしたが、いかがでしたか?タイは「微笑みの国」と一般的に形容されるように、タイ人は人懐っこくて優しい人達が多く、子連れでも肩身の狭い思いをすることはほとんどありません。

金の仏像で有名な黄金物寺院など、見どころ満載のバンコクはもちろんのこと、海のきれいなプーケットでマリンアクティビティを楽しむこともできるタイ。家族で素敵な思い出が作れるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018