就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・吉祥寺】ワクワクが止まらない絵本屋さん「MAIN TENT」

【東京・吉祥寺】ワクワクが止まらない絵本屋さん「MAIN TENT」

ここは絵本の世界の入り口?と思うような幻想的でキラキラと輝く店内。吉祥寺の路地裏には、夢のような絵本屋さんがありました。入った瞬間に別世界に来たかのようなワクワク感、子どもはもちろん大人も興奮を隠せません。 こんなステキなお店を営む謎の商人フランソワ・バチスト氏に 「MAIN TENT」の物語を聞かせていただきました!

物語は吉祥寺から始まります

路地裏に佇むユニークな絵本屋さん

国内から海外までの様々な絵本や児童書を取り揃える古本屋さんが「MAIN TENT」。吉祥寺駅北口から徒歩約7分、東急百貨店からほど近いところにあります。

入り口にはライオネル&リッチーという2匹の看板ライオンが!かわいすぎて玄関先からハートを掴まれてしまいました。これなら初めて来ても迷わず見つけられますね。

店主は多彩なマルチ・アーティスト

店主のフランソワ・バチスト氏の正体は、実は絵本屋さんだけではないのです。なんとプロのダンサーとしても活躍されていたり、絵を描いたりととっても多彩!

玄関先のライオンに「ライオネル・リッチー」というアーティストの名前をつけたりする発想のユニークさにも、音楽愛好家の一面が垣間見られます。お洒落でファンタジックな雰囲気が漂う店内の内装も、ご自身ですべて手がけられたそう。

「すべて僕の趣味です。仕事や旅先で出向いたときなどに買い集めて来たものを飾っています。店内に色々隠れているので、見つけるのも楽しいですよ」

確かに、からくりやしかけのような感覚で店内には至る所に動物やいろんな雑貨が置かれています。小さなところまで遊び心を散りばめるスタイルがとてもステキだなと感じました。子どもも楽しんで探しそうです!

こんなところや…。

あんなところにも…!

こちらのお猿さんのシャンデリアは、元は古いホテルにあったもの。それが流れて吉祥寺にやって来た後、お店にやってきたんだとか。お店の世界観にピッタリです!

こちらが妹さんとのユニット「よるのとびらをひらく方法」のイラスト。絵本の世界にも通じる、無限大の自由な発想に溢れています。

自分の好きなことや楽しいことをいろんな形で表現している店主のアイディアがたくさん詰まったお店なのですね。

アイディアをまとめたノートを見せていただきました!

「思いついたことをどんどんノートに書いていくんですけど、実現できていないことがたくさんあるんですよね。怖い本専用の入り口をつくるとか…。」
ノートを眺めているだけでも想像する楽しさが伝わってきます。まるで一冊のアートブックのようでした。

独自の視点で選び抜いた絵本がたくさん

もともと本屋さんで働いていたわけではなく、独学でお店を開いたというバチスト氏。絵本屋さんを開くきっかけはなんだったのでしょうか?

「絵本が好きで個人で所有している程度だったんです。「絵本専門の古本屋」がまだ世の中にないのでは!と思って調べてみたら、すでにいくつかお店があったんですね。でも、絵本屋さんをやるという発想が自分の中では面白かったのか、気づいたら絵本を集めていました。ダンサーをやっている関係でいろんな所に行くので、いろんな古本屋さんに足を運んでいたら1年くらいでものすごい量の本が集まったんですよ。元々収集癖があるので、雑貨とかなんでもかんでも集めちゃうんですよね。お店はゼロから作りました」

アーティストならではの柔軟な発想力と行動力がこのお店の基盤になっているんですね!
42 件

ライター紹介

大曽根 真悠

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC