就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものおしゃれな冬物コートが知りたい!選び方やお手入れの仕方

子どものおしゃれな冬物コートが知りたい!選び方やお手入れの仕方

朝晩の冷え込みも厳しくなり、そろそろ本格的な冬の到来ですね。もう、子どもの冬物コートの準備はお済みでしょうか?最近では、子ども用でも大人顔負けのおしゃれなコートも多く、どれを買おうか迷ってしまいますよね。今回は、子ども用のおしゃれな冬物コートの選び方や、お手入れの仕方など紹介します。

子どものおしゃれな冬物コートの選び方

保温性が高く着心地のよい素材を選ぼう

子どものおしゃれな冬物コートを選ぶとき、まずデザインに目が行きがちですよね。しかし、デザイン重視で選んでしまうと「分厚くて動きにくい」「肌触りがチクチクする」という理由で子どもが着るのを嫌がってしまうことも。子どもに負担にならないよう、保温性が高く着心地のよい素材かどうかも注目して見るようにしましょう。

保温性が高いコートには、水鳥の羽根毛や羽毛を中綿に使用しているダウンコートがあります。暖かいだけでなく、軽くて動きやすい点も魅力です。

また、綿や化学繊維などが入った中綿コートも人気のコートです。最近では保温性の高い素材を中綿に利用し、ダウンに劣らない暖かさのものもありますよ。手軽に洗濯できるものが多いところも嬉しいですね。

動きやすいように一つ大きめサイズがよい

おしゃれにコートを着るには、サイズ選びも大切です。子どもの頃は個人差が大きく、月齢や年齢で選ぶと「丈はぴったりでもお腹周りがきつい」といったこともあります。そのため、コートの寸法と子どものサイズを照らしあわせて選ぶようにしましょう。

また、活発に体を動かす年齢になると、ジャストサイズだと動きにくいことも。そんなときは、少しゆとりのある一つ大きめのサイズを選んでみるとよいですよ。冬は中に厚手の服を着るので、一つ大きめサイズでもちょうどよい場合があります。また、ゆとりがあるので脱ぎ着も楽にできます。

ただ「来年のことも考えて」など、2サイズ以上大きなものを選ぶのはよくありません。大きすぎて動きの妨げになるので注意しましょうね。

兄弟姉妹がいるならおさがりできるものを

コートに限らず、成長の早い子どもの衣類はワンシーズンでサイズアウトしてしまうことがよくあります。外出時にだけアウターとして着るコートなら、きれいなままシーズンが終わってしまうこともあるかもしれません。

もし兄弟姉妹がいるなら、下の子がお下がりで着ることも考えて選んでみましょう。下の子までもつような丈夫な素材で作られているかどうか、男女兼用で着ることができるデザインかどうか、などチェックしてみてください。

また、上の子が着ていたコートが少々くたびれてしまっても、下の子のときに外遊び用によごれてもよいコートとして利用することができます。下の子に、お出かけ用に新しく一着購入するとして、汚れてもよいコートがあると便利ですよ。

子どものおしゃれな冬物コート3選

後ろ姿がキュート「天使のコート」

ここからは、子どものおしゃれな冬物コートをいくつか紹介します。まずは、女の子におすすめ、後ろ姿がキュートな「天使のコート」です。

毎年冬前に完売してしまう人気のコートで、後ろについた大きなリボンがまるで天使のよう。ふんわりとしたAラインの形で、とても可愛らしいコートとなっています。カラーはブラック、ブルーのほかに、柔らかなベビーピンクと鮮やかなローズピンクの全部で4色。サイズが90~160cmまであるので、小柄なママなら子どもと親子お揃いコーデを楽しんでみることもできますよ。

首回りもあたたかく、お尻もすっぽり隠れる長さなので、寒い冬に大活躍してくれるでしょう。価格もリーズナブルで、お財布にも嬉しいですね。

男女兼用できるデザイン「モッズコート」

羽織るだけでサマになるおしゃれなコートといえば、男女兼用できるデザインの「モッズコート」もおすすめです。

モッズコートは、ゆったりとした形で動きやすいコートです。軍の防寒着が元なので、襟が高く口元まで閉まるデザインが多く、保温性もあります。モッズコートの人気により、最近は定番のカーキ以外にも、ブラックやブラウン、ネイビーなど色々なカラーが出ています。どの色も男女兼用で着ることができ、服装を選ばずコーディネートしやすいアウターとなっています。

ものによっては撥水加工が施されていたり、裏地にボアがついていたり、袖口がリブ使用だったりと細かな部分でデザインの違いがあります。子どもにピッタリなものを選んでみましょう。

軽くて暖かい「ユニクロパデットアウター」

最後に紹介するのは、皆さんご存知ユニクロから軽くて暖かい中綿入り「パデットアウター」です。ユニクロでは暖かな中綿入りアウターとして、フードつきの「パデットパーカー」やフード無しでも首元まで暖かい「パデットジャケット」、しっかり防寒の「パデットコート」などを取り扱っています。

ユニクロならではの上質で価格を抑えたコートです。ボール形状に加工した粒綿を使用しているので、暖かさと柔らかく着心地のよさを実現。また、コートは手洗い可能でパーカーやジャケットに至っては洗濯機で手軽に洗えるので、お手入れ楽々ですよ。

さらに、チャックを上げたときに顎を挟まないガードがついていたり、耐久撥水機能がついていたり、子ども思いのコートになっています。

子ども冬物コートを洗濯〜収納時のポイント

最初に品質表示タグをチェックしよう

子どものコートはすぐ汚れてしまうもの。コートでも、子ども用は自宅で洗えるものが多く、洗えるかどうか確認してみましょう。

まず、最初に品質表示タグをチェックしてください。洗濯機洗いや手洗い可能の表示があれば、自宅で洗うことができます。ドライマークがついていても水洗い可能の表示があれば、自宅の洗濯機のドライコースなどで洗える場合もあります。

色落ちするもの、シワやエンボス加工しているもの、シルク、レーヨン、などの素材が含まれているものは基本自宅で洗うことができません。洗えるかどうか迷ったときは、クリーニングに出すようにしましょう。品質表示タグは、ひらひらしていて邪魔かもしれませんが、大切なものなので切らないようにしてくださいね。

コートの種類によって洗い方を変えよう

品質表示を確認した上でコートを自宅で洗う場合、ポイントがあります。まず「事前の部分洗い」「中性洗剤使用」は、どのコートにも共通するもの。シミなど汚れが気になるところは、中性洗剤を少量つけ、歯ブラシなどで擦らず叩くようにして部分洗いをしましょう。

それから、コートの種類によって洗い方を変えて洗っていきます。たとえば、ウールコートは縮みやすいので手洗いが基本です。ダッフルコートは、特徴である大きな留め具を傷つけないように注意しましょう。留める部分の素材の確認も忘れずに。

フードにファーがついていることが多いモッズコートは、ファーを取り外して洗いましょう。ダウンコートは、水につけても羽毛が浮いてしまうので手洗いがおすすめです。

形を整えてよく乾かしてから収納

洗ったあとは、コートを脱水にかけます。脱水時の注意点は「長時間脱水にかけないこと」。洗濯機で30秒~1分。水切れが悪い場合は、これを2~3回繰り返しましょう。長時間かけてしまうと、シワや中綿の偏りの原因になります。

干すときは、日焼けや変色を避けるため、直射日光が当たらない風通しのよいところで乾かします。きれいな形を保つためには、必ず形を整えてから干しましょう。厚みがあり、アームが長めのハンガーにかけるか、平置きして乾かします。

湿気たままだと臭いやカビの原因になることも。表面は乾いても完全に乾くまで2~3日かかるものもありますので、しっかりと乾かしましょう。これらは、シーズンが終わって収納する際に大切なお手入れになります。

まとめ

防寒のためのコートですが、せっかく着るならおしゃれなものがよいですよね。コートの種類によって、デザインや着心地など違いがあります。子どもが着るものなので、動きやすさや耐久性、手入れのしやすさなども選ぶときに注目してみてください。

洋服とは違い数着を着まわすことが多いコート。どんな服装でもあわせやすいものが一着あると便利ですね。ママや兄弟でお揃いにしてみたり、子どもらしいデザインのものを選んでみたり、楽しみ方は色々ですよ。お気に入りの一着が見つかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018