就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーフードの栄養が不安。安全性を知って上手に活用する方法

ベビーフードの栄養が不安。安全性を知って上手に活用する方法

近年ベビーフードの種類も増え、利用するママも増えてきたのではないでしょうか。楽という最大のメリットがある一方、栄養や安全面で不安という声も多く聞かれます。ベビーフードのポイント、気を付けて欲しいことを踏まえて紹介していきます。上手に活用できるとよいですね。

そもそもベビーフードってどんなもの?

月齢に合わせた食感、栄養が補える補助食品

ここ数年でベビーフードの種類が増えてきました。月齢ごとに分かれた主食と副菜があることから、使うママも多いのではないでしょうか。

ベビーフードは、月齢に合った食べやすい大きさ、柔らかさになっています。麺類も喉につかえない長さになっていますし、食べる赤ちゃんの発育段階を考慮して作られた食品です。ベビーフードをあげれば大丈夫、と思っているママもいると思いますが、商品によっては不足する栄養素もあります。裏面に栄養成分表示がありますので、足りない栄養は追加をするなどして、補助食品として使用していくとよいですね。

すべての食事にベビーフードはあまりよくありません。すべてを頼ることなく、お助け食材と思って利用すると、離乳食づくりも楽になるかもしれませんね。

調理しなくても簡単に用意ができる

外食へ出かけたときや、赤ちゃんが思ったより早くお腹が空いてしまって、離乳食の準備が間に合わないというときに、そのまますぐにあげることができるのは、ベビーフード最大のメリットといえるのではないでしょうか。

少し赤ちゃんが待てるようであれば、冷たい食事よりも温かい食事をあげることを心がけて、電子レンジにかけてあげるとよいかもしれませんね。外出先では、レストランで温めてもらえるか聞いてみましょう。高い確率で温めてもらえますよ。

食事時間に赤ちゃんが眠っていてあげられなかったときも、ベビーフードを持ち歩いていれば、起きたときどこにいても、すぐにあげることが可能です。手作りと市販のベビーフード、場面によって使い分けると便利ですね。

味、舌触り、噛む力などの機能サポート食品

手作りで離乳食を作ったとき、試食をするママが多いと思います。ベビーフードだから安心という先入観は捨てて、大事な子どもが口にするものですから、ベビーフードでも試食はしてみましょう。

いつも作っている離乳食よりも、味が濃かったり、舌触りが滑らかであったり、柔らかかったりなど、相違点がいくつも見られると思います。ベビーフードが絶対という訳ではないので、真似をする必要はありませんが、離乳食を作るうえでヒントになるかもしれませんね。

離乳食に対して疑問や不安があるママは、ベビーフードに助けてもらうのも1つの手段だと思いますよ。月齢にあった味付け、舌触り、野菜の柔らかさをサポートしてくれる食品でもありますからね。

ベビーフードのこれがいいポイント!

高い安全性を備えている

赤ちゃんが口にするものですから、安全性が気になりますよね。ベビーフードの安全性はどのようになっているのでしょうか。

原材料名を見ても、分からない言葉がずらりと記載されていて、本当に赤ちゃんが食べて大丈夫なのかな?と不安になりますよね。ラベルに「乳幼児規格適用」という記載があればその食品が安全であるという証です。

「日本ベビーフード協議会」というものがあり、ベビーフードの安全と安心を第一に取り組んでいます。ベビーフードに関する疑問があるときは、ここのホームページを見てみると、よくある質問と回答が載っていて参考になるかもしれませんよ。大切な子どものことですから、納得できるものをあげたいですね。

種類が豊富で様々な味が楽しめる

毎日家で離乳食を作っていると、使う食材が同じなのでレパートリーも変わらず、味付けも薄味をと心がけているとマンネリになってしまいますよね。

ベビーフードは和洋中と種類が豊富で、いろいろな味を楽しむことが可能ですから、家での離乳食づくりのヒントを貰うこともできます。ベビーフードの調理法や味付けを参考に、今まで使ってこなかった食材や味付けを試してみてはいかがでしょうか?レパートリーも増えるかもしれません。

デザートも家では同じ果物ばかりなら、赤ちゃん用ゼリーを試してみるのもよいでしょう。1食分の量を調理するのは難しいので、たくさん作っても、好んで食べてくれなかったとき困りますよね。ベビーフードなら1食分からいろいろな味を試すことができるのがよいですね。

少量から使えて無駄を減らせる

ベビーフードのタイプはいくつかに分類できます。粉末・フレークタイプ、フリーズドライタイプ、レトルトトレイタイプ、レトルトパウチタイプ、瓶タイプの5種類です。

レトルトタイプと瓶タイプは、開封したらすぐに使いきりましょう。食べきれないとはじめから分かっているときは、可能であれば開封時にすぐ小分けにして冷凍保存がよいかもしれませんね。食べ残したものの冷凍保存はやめましょう。

粉末・フレーク・フリーズドライタイプは、必要な分だけ使うことができますし、未開封ならば常温で長期保存できるので、無駄がないベビーフードの一つだと思います。野菜や果物もその都度買えば高価ですが、フリーズドライのものなら少量ずつ使えて無駄を減らすことができます。

気を付けて欲しいことと活用のポイント

無添加と限らないので表記を見よう

非常に便利なベビーフードですが、「こんなに賞味期限が長いなんて、保存料がたくさん使われているのでは?」と思っているママはたくさんいると思います。確かに、一般の加工食品と同じようにベビーフードにも保存料や酸化防止剤、増粘剤など添加物を使用したものがあります。

しかし、これらの添加物は、日本ベビーフード協議会によって、安全基準が設定されています。赤ちゃんの健康上問題がないといわれていますが、完全除去したいという考えのママには市販のものは避けたいかもしれませんね。

最近では、少し金額が高くなりますが無添加のベビーフードも増えてきています。購入する際には、原材料の表記をしっかり確認してくださいね。

偏らないように手作りも併用していく

お店に行けば、たくさんの種類のベビーフードが置いてあって、頼りたくなる気持ちはわかります。味も野菜もメニューも様々で、「気づいたらベビーフードばかり使っていた」なんてこともあるのではないでしょうか。

ベビーフードを使うことは、ママにとって気持ち的にも楽になる1つの方法だと思いますが、楽さゆえにベビーフードばかりに偏らないようにしましょうね。お昼ご飯はベビーフードにしたから、夕飯は手作りのものにしてみたり、ベビーフードを使うにしても手作りのものをベビーフードに追加してみたり、色々なパターンを作ってみましょう。

ベビーフードも手作りも、それぞれによさがあります。足りない所を補っていけるように、両方をうまく併用していけたらよいですね。

多く買わずに1つずつ試してみよう

お店で「〇個買うと1個あたり〇円」という表示を見ると、「結局使うことになると思うし、まとめ買いした方がお得だから」と、多く購入してしまいますよね。

しかし、赤ちゃんによってベビーフードが好きな子もいれば、嫌いな子もいて様々です。このベビーフードは食べるけど、あのベビーフードは食べないなど好みが合わないこともあります。いつか食べるようになるだろうと思っているうちに赤ちゃんが成長してしまい、離乳食の段階が過ぎてしまったという経験をしたママも多いようです。

購入したベビーフードが無駄にならないためにも、赤ちゃんの離乳食の進み具合や好みの状況を見ながら、手作りと併用して使えるように少しずつ購入しましょう。

まとめ

ベビーフードに対する不安は和らぎましたでしょうか。きちんと安全基準を守って作られていることを知っていただければ、安心できるかと思います。離乳食作りに迷い、疲れてしまったときは、ベビーフードを頼りにするのも一つの手段だと思います。

離乳食による栄養が偏ることのないように、上手にベビーフードを取り入れていけるとよいですね。ベビーフードを参考に、赤ちゃんが喜ぶ離乳食、栄養のある離乳食を用意してあげることが、楽しい食卓とその後の食育にも繋がっていくのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018