就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の食事のポイント、健やかな成長に向けて知っておきたいこと

幼児期の食事のポイント、健やかな成長に向けて知っておきたいこと

「離乳食からそろそろ幼児食にしようと思うけど、どのタイミングですればよいのかわからない」などと幼児食のことで悩むママはよくいらっしゃいます。そこで、健やかな子どもの成長のために、幼児食を始めるタイミングや栄養バランス、注意点などをご提案いたします。

幼児期の食事=幼児食ってどんなもの?

離乳食と幼児食、大人の食事の違いを知ろう

離乳食とは、母乳やミルクの栄養に加えて少しずつ食事に慣れていくことが目標となります。食べ物の硬さや種類をみていきながら、成長に合わせて食材を加えていきます。

幼児食は、母乳やミルクの栄養を終えて食事から栄養を取るのに慣れていくことを目標とします。幼児食は、体の大きさに合わせた食事内容にして、1日3食の大人と同じような食生活になっていきます。

しかし、幼児期の子どもはまだ噛む力も消化する力も発達途中なので、まったく大人と同じ食事というわけにはいきません。幼児食は食べやすい大きさや薄味で油分も控えめにするなどの配慮が必要になります。

大人と同じ食事で、子どもの消化器に負担がかかったり肥満になったりしないように気をつけてくださいね。

幼児食で学ぶ大切な役割を知ろう

幼児食の役割は、まず栄養バランスのよい食事によって心身の成長を促します。幼児期の心身の発達は著しいので、食事内容も旬の食材などを取り入れた栄養が摂れるものにしたいですね。

また、生活習慣病を防ぐ正しい食事の習慣をつける役割があります。薄味で油分や糖分を控えた食事を取り入れることによって、大人になっても健康的な食習慣を続けることができます。子どもだけでなく家族の食事も一緒に薄味にしたら、作り分ける手間も省けるうえに、体にもよいですよ。

ほかにも、食べることへの興味や楽しむことも学ぶ役割があります。周りの人と楽しく食事をすることは、心の栄養にもなるので、ぜひ家族で食事の時間を楽しんでいただきたいです。

幼児食をはじめるタイミングを知ろう

幼児食を始めるタイミングは、子どもによって成長が異なるので、その子のペースに合わせて進めていきましょう。

離乳食の完了期に入って、だいたい奥歯で食べ物をしっかりと噛むようになってくる頃が目安になります。噛むことができて栄養を食事で取れるようになったら、幼児食を始めましょう。

だいたい1歳半~2歳くらいで幼児食に切り替わることが多いようですが、それぞれのペースがあるのでママは焦らずゆっくりと見極めてくださいね。遅くてもいずれはできるようになるので、心配しなくて大丈夫ですよ。

幼児食は1歳半~5歳か6歳くらいまでの間が多いようです。「食べることを楽しむ」を大切に、子どもが自分で食べることができるように見守ってくださいね。

これからの成長のための家庭「食育」

決まった時間に食べる食習慣を身につける

食事の時間を決めることは、食育につながります。時間を決めるのは当たり前のようですが、仕事やイベント、遊びなど家族がなにかと忙しい現代ではなかなかできないこともあるようです。

決まった時間に食べることは、消化や吸収のリズムをつけます。また、食事と次の食事の間をしばらく空けることで、お腹がすいて美味しくしっかりとご飯が食べられます。

たまには、決まった時間に食べることができない日があっても大丈夫です。できるときは、決まった時間に食べるようにするとお腹にもよいでしょう。

幼い頃の食事は大切で、6歳くらいまでに将来の食習慣が決まるといわれています。幼児食は、食事内容に加えて時間もできるだけ気にして準備してくださいね。

食事の大切さを学び、マナーを習慣づける

食事は毎日するので、幼い頃から少しずつマナーを身につけましょう。

食事をするときには、「いただきます」や「ごちそうさま」の挨拶をします。食べ物は、肉や魚などの命をいただいてできています。また、作ってくれた人への感謝の気持ちも挨拶に込められていることを伝えるのもよいかもしれませんね。

ほかにも、きちんと座って姿勢よく食べることもマナーであり、体の成長に大切です。逆に肘をついたり、テレビを見たり遊んだりしながら食べるのは好ましくありません。

五感を使って食事を味わうことは、心身の成長に欠かせません。また、食事中は、家族とのコミュニケーションの場でもあります。楽しく時間を過ごして食事の大切さを身につけられるとよいですね。

たくさんの食体験をして、楽しさを見つける

幼児期は成長が著しいので、食事もなにか手の込んだことをしなくてはならないと思うママもいるかもしれませんが、基本的な食事を用意すれば大丈夫です。ママが作ったものなら安心です。

できれば、少しずつでよいのでいろいろな食材や旬の食材を試してみるのがいいですよ。この時期にたくさんの味や色、形や匂い、食感を経験できると食事に興味を持つことができ、大人になっても好き嫌いが少なくなるといわれます。

また、いろいろなものを食べることは脳の刺激にもなり発達を促します。

そのほか、初めて食べる食材の味には食べている環境や気分も影響があるので、家族で楽しく食べるなど工夫をして楽しい食体験をしてみてくださいね。

重要なのは食事を楽しむこと!今後の注意点

好き嫌い、食べムラは大目に見ること

子どもにはもともと苦手な食材があります。子どもは味覚が敏感なので、苦みのある野菜や酸味のある果物は苦手な傾向にあります。

そんなときは、食材を加熱したり好きな味付けにしたりするなど、子どもの苦手な味を抑える工夫してみてはどうでしょうか。案外すんなりと食べてくれるかもしれませんよ。

また、食べムラも幼児期に多い特徴ですが、食事の2時間前までにおやつを済ませたり、食事も食べきれるくらいの少なめの量を盛りつけたりするのも一つの方法です。

子どもは、繰り返し食べていくことで少しずつ苦手な味を受け入れるようになってきます。また、大きくなるにつれ食べムラも改善し、しっかり食べられるようになります。ママは焦らずにゆっくりとした気持ちで見守ってくださいね。

食事は楽しいと思える食卓を作ること

子どもにとって食べ物の味は、食材の味だけでなく、食べたときの気持ちや体調、環境も影響して美味しいかどうか決まるそうです。体調が悪いときに食べた味は苦手なこともあります。

大人だって体調や機嫌がよくないときに食べても美味しくないのと同じです。子どもはそのときの味の記憶を強く感じるので、できるだけ気をつけたいですね。

また、栄養を摂ることに気を遣いすぎて好き嫌いする子どもを叱ってしまっては、ますます子どもは嫌な思い出と味を結びつけて覚えてしまうので避けたいところです。

まずは栄養よりも、みんな楽しく笑顔で食べること!家族がわいわいと食べて、子どもが楽しい気持ちで食事をすることができたら、そのうち苦手なものもなくなるかもしれませんね。

不足しがちな栄養素を把握し補うこと

幼児期は体が大きく成長するため、それに合わせてエネルギーの補給も必要になってきます。3回の食事では足りないこともあるので、エネルギーの補給におやつを取りましょう。

不足しがちな栄養素は、カルシウムや鉄、たんぱく質やビタミンです。これらの栄養を摂取するには、お菓子よりもバナナやお芋、果物などが向いています。

栄養が不足すると、体の成長にも影響が出てくるので、好き嫌いなどで食事で栄養を摂りにくい場合はしっかりとおやつで補いたいですね。

特にカルシウムは骨の成長に欠かせないので、積極的に摂ることをおすすめします。最近は子ども向けの栄養補助食品などもいろいろとあるので、試してみるのもよいのではないでしょうか。

まとめ

少しずついろいろなものを食べられるようになる食体験は、子どもにとって冒険のようなものなのかもしれません。子どもが「自分で食べる」ことを、大人は応援し温かく見守りたいですね。

また、美味しいと感じることは食材の味だけでなく気持ちとも結びついているので、楽しく一緒に食事をしましょう。

毎日の食事を作るのは大変なので、ママもたまには手抜きしてみましょう。その分楽しく食事ができたら子どもも嬉しいのではないでしょうか。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018