就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

パリの子どもに大人気のグラタン!マッシュポテトとひき肉の簡単レシピ

パリの子どもに大人気のグラタン!マッシュポテトとひき肉の簡単レシピ

ママへのおすすめポイント

幼児でも食べやすいから家族で楽しめる

離乳食にマッシュポテトを使っていたというママも多いのではないでしょうか。マッシュポテトを使った料理であれば、子どもも抵抗せずに食べてくれるでしょう。

具材の部分は家族の好みに合わせて味つけを調節してみてくださいね。たとえばうちの娘は生トマトは好きなもののトマト味が苦手なので、今回はトマト缶を少しだけ使いました。ミートソースが好きな子どもであれば、たっぷりとトマトピューレを使うのもよいですね。

赤ワインを使っていますが、煮込んでいる段階でアルコール分は飛んでいるので、直接健康に影響をおよぼすことはありません。赤ワインで煮込むとひき肉の臭みを和らげることができますよ。

調理に使うだけなので、赤ワインは料理用の安いもので十分です。

具材をアレンジしてみるのもおすすめ

一度作ってみるとわかると思いますが、具材の部分はアレンジがしやすいのでママなりに工夫してみるのもよいですね。フランスでは、牛のひき肉以外にもカモ肉のコンフィを使ったレシピも人気ですよ。お総菜コーナーでも、カモ肉のコンフィを作ったアシ・パルマンティエをよく見かけます。

魚好きであれば白身魚を具材に使うのもおすすめです。ほかにも、冷蔵庫に残っている野菜を使うのもよいですね。中途半端に残った野菜も美味しく食べきることができますよ。

アシ・パルマンティエはママの工夫次第でアレンジ可能なので、オリジナルのレシピを考えてみるのも楽しいですね。ママならではのアシ・パルマンティエを作ってみましょう。

来客時の取り分け料理にもおすすめですよ。

まとめ

今回は、フランスの小学校の給食でも人気のアシ・パルマンティエについてご紹介しましたが、いかがでしたか?具材の上にマッシュポテトを重ねてオーブンで焼いたこの料理は、休日に家族で集まったときにもよく作るフランスの家庭料理です。

作り方も簡単ですし、具材や味つけなどママなりにアレンジして作ってみましょう。休日にミートソースを作り置きして、必要に応じてアシ・パルマンティエやパスタソースに活用するのも名案です。

オーブン皿に具材を敷く工程や表面にチーズをトッピングする部分を子どもに手伝ってもらうのもよいですね。親子で美味しいアシ・パルマンティエを作ってみましょう。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND