就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

リフォーム中の赤ちゃんとの過ごし方。気になる騒音の対処法は

リフォーム中の赤ちゃんとの過ごし方。気になる騒音の対処法は

家中養生だらけで家なのに落ち着かない

そのままの状態で室内で工事をすると、壁や床など傷をつけてしまうかもしれません。傷を防ぐために工事の前に壁や床、家具などをビニールのシートで覆うことを「養生」と呼びます。

毎日その日の分の工事が終わるたびに養生を外してくれることもありますが、そうではない場合、工事がすべて終了するまで家中が養生だらけということもあります。ドアの一部が覆われていると、その部屋への出入りも難しくなりますし、いつもと同じように生活するというわけにはいきません。

養生の上にホコリやゴミが溜まることも多く、それらが気になることもあるでしょう。数日間家の中が養生だらけで落ち着かないということもあるので、留意しておくようにしたいですね。

在宅が困難と思ったら仮住まいを検討しよう

子どもと暮らしていると、自然と荷物も増えますよね。リフォームの範囲がいくつかの部屋にわたる場合、部屋から部屋へと荷物を移しながら少しずつ工事を進めることになります。

荷物が少ない家庭であれば、物を移動するのも簡単ですが、所有物が多い場合は毎回移動するだけでも一仕事です。

また、工事中の塗料や資材の臭いで家族の具合が悪くなることもあります。さらに犬や猫を飼っている場合、ペットが逃げ出さないか、吠えないかなども気になりますよね。

色々なケースを想定して、在宅が困難だと思ったら仮住まいを検討するようにしたいですね。たとえ短い工事期間であっても、家族の心身の健康が一番大切です。無理をしないようにしましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんと快適に過ごすための騒音対策や在宅のままリフォームするメリットと注意点、在宅リフォームのデメリットと適さない場合などについてお話ししましたが、いかがでしたか?

生活上の便宜を考え、リフォームを検討しているママやパパもいることでしょう。しかし小さな子どもを抱えながら在宅リフォームを考える場合、様々なメリットやデメリット、注意点などがあります。

業者に相談しながら、在宅にするか仮住まいを選ぶか、しっかりと夫婦で話し合うようにしたいですね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事