就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

滋賀県の子育て事情。子育て環境や無料の遊び場を紹介

滋賀県の子育て事情。子育て環境や無料の遊び場を紹介

子育て中やこれから子育てをする予定の家庭では、引っ越しを考えるとき子育てのしやすさや子どもが楽しく過ごせるかなど子どものことを中心に考えますよね。今回は、滋賀県草津市の子育て支援制度や子どもとのお出かけスポットなど、子育て環境に関する情報をご紹介します。

子育て環境が整っている滋賀県の魅力

ほどよく自然に触れて暮らせる

滋賀県は近畿圏、中部圏、北陸圏のつなぎ目にあり、新幹線や高速道路を利用することもできますので、東京、大阪、名古屋へのアクセスがよいです。便利な場所に位置しながら、日本最大の湖である琵琶湖を眺めることができて、周囲には緑豊かな山々が広がり、自然にも触れ合えるちょうどよい田舎です。

平均年齢は、43.1歳で年齢の若さでいうと全国3位ですし、田舎暮らしに関心を持ち山の中の古民家を改修したり、畑を耕したりして、田舎暮らしを楽しむ若者も集まっています。

田舎ならではの風習や文化があり、地域になじむのに不安を感じるかもしれませんが、積極的に地域の行事に参加すれば絆が深まり、田舎暮らしを楽しみながら子育てができます。

気候が穏やかで自然災害も少ない

日本列島の中心あたりに位置している滋賀は、1年を通して気候が穏やかで暑すぎず寒すぎないので過ごしやすいのが魅力です。また、自然災害によるリスクが比較的少ないといわれています。

たとえば、台風が発生しても滋賀県の手前でなぜか進路が変わることが多く、あまり直撃することがないようです。直撃したとしても琵琶湖のおかげか、川が氾濫したり決壊したりしている様子は見られません。

出生率が高く子育て世代に優しい

日本の人口は減少し続けており少子化が問題になっていますが、滋賀県ではほかの地域に比べて人口が増え続けています。15歳未満の総人口に占める割合が14.6%と全国2位で、出生率も全国2位となっており、子どもが多く子育て世代が多いことが分かります。

これは、自然環境豊かで都市に比べて土地が安いということで、大阪や京都までのアクセスが便利な滋賀県で生活をし、大都市に仕事にいくという傾向になっています。20代~30代の子育て世帯がたくさん移住しているので、出生率が上がってきています。

また、子育て世帯が増加していることで、子育て支援やサポートなどの取り組みを強化していく傾向にあり、今後も制度が充実していくのではないでしょうか。

滋賀で住むならどこ?子育て世代に人気の街  

アクセスが便利【滋賀県栗東市】

滋賀県栗東市は西側半分が平地で東側半分が山という特徴があります。名神高速道路のインターチェンジが近くにありますので、車での移動に便利。また、一般道路も幅の広いところが多く走りやすいです。

JRを利用すれば粟東駅から京都駅までは約30分、大阪駅までは約1時間でいくことができます。琵琶湖や山などの自然が近くにあり、交通の便がよいということで人気のある子育て環境の整った地域です。

各小学校区内に幼稚園、保育園、児童館、学童保育所がそれぞれ整備されていて、徒歩で通える範囲内にありますので共働きでも安心です。また、それぞれの小学校区内にある児童館は、ほかの地域に比べて数多く、利用しやすいのが特徴です。

買い物しやすい【滋賀県守山市】

滋賀県守山市は滋賀県の南側の位置にあり、電車でJRや京阪を利用すれば大阪市内や京都市内へ1時間ぐらいでいくことができる便利な場所です。24時間営業の西友や、9:30~21:00まで営業している平和堂などがありますので仕事帰りでも買い物ができます。

琵琶湖東詰にあるPIERI守山には、たくさんのファッションブランド、食料・日用品売場、飲食店などがあり、家族みんなの買い物を一気に済ませることができます。ほかにも、子どもに人気の「めっちゃさわれる動物園」や「kid is...」などがあり家族連れでにぎわっています。

市内には小児科がたくさんありますし、乳児福祉医療費給券があり小学校就学前までの子どもにかかる保険適用医療費が無料になる助成制度があります。

支援が手厚い【滋賀県草津市】

草津市では「草津子ども・子育て支援事業計画」を実施していて、幼児期や学校教育、保育、地域の子ども・子育て支援などを総合的に推進。幼稚園と保育所のよさを兼ね備えた「認定こども園」の普及や、待機児童を解消すること、地域のニーズに応じた放課後児童育成クラブの充実などに力を入れています。

子育てに関する課題や悩みを解消するさまざまな取り組みが行われており、草津市運営の子育て応援サイト「ぽかぽかタウン」でも、子育て支援制度やふれあいイベントなどのさまざまな情報を簡単に知ることができます。

たとえば、子育て制度では「妊娠中」「出産」「2歳」「手当て・助成」「相談」など、さまざまなカテゴリー分けされた制度の中から、利用できる制度を確認できます。

子育て世代に嬉しい!無料で遊べる施設

大型遊具がいっぱい【布引運動公園】

布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)の近くにあるスポーツ公園で、子ども広場では大型の複合遊具などを無料で楽しむことができます。駐車場も無料で利用できますので家族でのお出かけに便利。

大型の複合遊具には、いろいろな形のすべり台やローラータイプのすべり台、網になっている通路、小さなトンネル、階段などの組み合わせがたくさん。ママと一緒なら、小さな子どもでも楽しむことができますし、幼児向けに小型の複合遊具もあります。

子ども広場の隣には、広々とした芝生や散歩にぴったりな小道がありますので、お弁当やおやつを持ってピクニックに出かけるのもおすすめです。ほかにも、野鳥が見られる展望台、珍しい植物の生息地帯などがあり散策するだけでも楽しいです。

小さい子から楽しめる【じゅらくの里】

湖南市の自然に囲まれた場所にある施設で、子どもが楽しめる元気っこ広場やふれあい広場のほかに、パターゴルフが楽しめる健康増進広場、滝や水車小屋のあるせせらぎ広場、木工体験ができる建物などがあります。

ふれあい広場には子ども用の遊具が充実していて、大型遊具はすべり台やブランコ、鎖のはしごなどが合体しており、幼児~小学校低学年ぐらいまでは十分楽しむことができます。ほかにも、つかまり立ちができるぐらいでも遊ぶことができる小さい子向けの遊具や、通り抜けができるロープのトンネルなど楽しい遊具がいっぱい。

元気っ子広場には、広い芝生がありますので、ボール遊びにもおすすめです。ベンチがところどころにありますので、お茶を飲んで休憩する場所にも困りません。

小さな動物園【成田ふれあい牧場】

酪農業をメインでやっている牛乳生産牧場で、乳牛が約300頭、ヤギ、ポニー、豚、鶏、鴨、ウサギ、犬、猫などが飼われており、身近で触れ合うことができます。乳牛やヤギが草を食べている自然の姿を見ることができます。

ウサギやヤギなどにエサをあげることもできますので、動物好きの子どもに喜ばれますよ。牧場の入場料は無料で一般公開されていますので、1日中のんびりと遊んだりゆっくりしたりして過ごすことができます。

友人ママは、2歳の娘さんと行ったら、たくさんの牛にびっくりした様子で、ずっと友人ママの足にしがみついていたといっていました。でも、ウサギにエサをあげに行ったときは、ウサギをなでなでして喜んでいたそうです。

まとめ

滋賀県は自然が豊かで静かな街ですので、子育てにもおすすめの街だということが分かります。田舎ののどかな雰囲気を感じることができる滋賀県で、ゆっくり穏やかな子育てをすることで、きっとのびのびとした元気な子どもに成長してくれますよ。

無料で遊ぶことができる施設もたくさんありますし、家族みんなで楽しめるスポットもたくさんありますので、安心して暮らすことができます。子育て中で移住を考えてているパパ、ママは一度滋賀県を訪れてみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR