就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと住む家にマンション購入はあり?選ぶポイントやメリット

子どもと住む家にマンション購入はあり?選ぶポイントやメリット

子どもが生まれ、将来的なことを見据え、マイホームの購入を検討しはじめたママやパパもいることでしょう。戸建てとマンション、どちらがよいのか悩んでいるママもいるかもしれません。そこで今回は、マンションを選ぶ際のポイントやメリットなどについてお話しします。

マンションを選ぶポイントをチェックしよう

子ども自身に片づけの習慣がつく収納

マンションを選ぶ際に大切なポイントのひとつとして、備え付けの収納がどれだけあるかということが挙げられます。マンションは戸建てに比べ、室内の間取りも限られており、タンスなどの収納家具をたくさん置くことは難しいです。

さらにごちゃごちゃした収納だと、片づけも億劫になってしまい、常に散らかった部屋になってしまいます。子ども自身に片づけの習慣をつけさせるためにも、片づけのしやすい収納スペースがあるかどうかは大切です。

例えば玄関収納が大きい場合、靴だけでなくスコップやバケツなど、外遊びグッズも簡単に片づけることができます。外遊びから帰ってきた際、靴と一緒に外遊びグッズをその場で片づけられるようにすれば、室内に土や砂を持ち込むこともないでしょう。

お手伝いを促すオープンなキッチン

毎日の料理を頑張っているママにとって、キッチン選びは重要なポイントのひとつです。子どもがある程度大きくなったら、料理やテーブルのセッティングなどママのお手伝いをしてくれたら嬉しいですよね。

【オープンキッチン】
キッチンとリビングの間に仕切りが一切なく、料理をしながらダイニングにいる子どもの様子もわかり安心です。ママが料理を作っている様子を見て、子どもも「お手伝いしたい」と思ってくれるかもしれません。

【セミオープンキッチン】
キッチンとダイニングの間に、低い壁やつるし戸棚などを設けて一部空間を仕切りつつも、視界部分には仕切りがなく、ダイニングの様子を見渡すことができます。オープンキッチンと同じく、ダイニングにいる家族と会話しながら料理ができます。

成長に合わせた子ども部屋を用意できるか

子どもが小さいうちは、専用の子ども部屋がなくても大丈夫ですが、成長とともに子ども用のスペースを確保できることは大切です。幼いうちはおもちゃをリビングに広げ、キッチンで料理をしているママの目の届く範囲で遊ばせるほうが安心です。

小学生ぐらいになってくると、キッチンから目の届きやすい部屋に子ども用スペースを作り、勉強や遊びをキッチンから見守れるようにすると便利です。小学校高学年ぐらいになったら、部屋に鍵をかけないことを約束した上で、個室を子ども部屋にしてもよいでしょう。

このように子どもの成長に合わせて、子ども用スペースをどのように確保できるかを頭の中でシミュレーションしてみることが大切です。引き戸やドアでどのように部屋が仕切れるのかも考慮しましょう。

戸建よりマンションを選ぶメリットは?

オートロックがあるなどセキュリティが良い

マンションのメリットのひとつとして、オートロックなどセキュリティ面がしっかりしているということが挙げられます。自分の家の玄関の鍵以外にも、マンションの建物にオートロックがついているので関係者以外侵入しにくくなっているのが特徴です。

戸建てでも自分でセキュリティシステムを強化することは可能ですが、手間と設置工事の費用がかかります。マンションの場合は入居時からすでにセキュリティがしっかりしているので、自分で設置する必要はありません。

マンションによっては守衛も常駐していたり、防犯カメラもついていたりするので安心です。さらに宅配ボックスが郵便受けスペースに設けられているところも多いので、留守にしていても荷物が受け取れるので便利です。

近隣とのトラブルで管理人に対応を頼める

住まいを購入するとなると、賃貸と違い、気軽に引っ越しもできなくなるので、近隣とのトラブルは一層気になるところですよね。トラブルがあった場合、自分たちで隣人に注意しなければならないのかと億劫に感じているママも少なくありません。

マンションなら、トラブルの種類によっては管理人に対応をお願いすることも可能です。管理人の仕事は、マンションの共有部分の管理を通して、住人たちが気持ちよく生活できるように維持することであり、マンションの共有部分に関するトラブル処理も仕事のうちに入ります。

また、隣人の騒音に悩まされるなど、住人がマンションで定めたルールを守れない場合などにも、管理人はその隣人に注意を促してくれます。

コミュニティが形成しやすいこと

マンションの場合、近隣との距離も近いがゆえにコミュニティが形成しやすいのもメリットのひとつです。マンションの住人向けに季節ごとのイベントがあったり、近くの公園で一緒になったりと、子どもやママも気軽に友達を作ることができます。

公立の幼稚園や小学校に通う場合、学区も同じなので子どもも小さい頃から同じ仲間たちと一緒に通学し勉強することができます。子育てしているときは、身近に子育ての愚痴を言えるママ友がいるというだけでママもストレスも解消ができます。

子どもやママだけでなくパパにとってもメリットがあります。通勤電車が隣人と一緒になり意気投合して飲み仲間になったり、共通の趣味のパパ友を見つけたりなど、パパ友コミュニティが作りやすいようです。

マンション生活で気になる騒音について

どんな騒音に注意するべき?

戸建てと違い、集合住宅であるマンションでは、騒音が気になってしまうママも多いことでしょう。上階や両隣からの騒音はもちろんのこと、子どもが小さいうちは、注意しているにも関わらずうるさくしてしまい、周りの反応が気になるという話もよく聞きます。

隣人に迷惑になる騒音として以下のものが挙げられます。

・子どもの泣く声
・親の叱る声
・子どもの音楽番組の音
・子どもが練習するピアノなどの楽器の音
・部屋で飛び跳ねたり歩く音
・物を落とす音
・ドアをバタンと勢いよく閉める音
・イスをひく音

生活している以上、すべての騒音を消すことは不可能ですが、小さな心がけによって隣人への騒音被害を減らすことが可能です。

窓や壁から漏れる騒音の対策は?

窓や壁のインテリアに少し手を加えるだけで、隣人への騒音を少し防ぐことができます。

【窓】
音を立てそうなときは、窓は必ず閉めるように心がけましょう。二重サッシにするのもおすすめです。二重サッシを取り付けるリフォームは通常分譲マンションでは可能です。さらに厚手のカーテン、もしくは防音カーテンを利用しましょう。カーテンは窓の下枠よりもかなり下の方まで長くするとさらに効果がアップします。

【壁】
壁にはね返る音を減らすため、壁際に家具を置くだけでも音が分散されます。家具を置くのが難しい場合は、キルティング生地やカーペットなどの分厚い生地を壁に貼るのも防音効果があります。または少し厚めの吸音シートや防音シートを貼るのもおすすめです。

床から伝わる騒音の対策は?

階が違うため、顔を合わす頻度は少ないとはいえ、階下の人への騒音も気になりますよね。子どもの飛び跳ねる音やイスを引きずる音だけでなく、ママやパパの歩く音にも気をつけたいですね。

【床】
防音シートをひくと、階下へ音が響きにくくなります。最近ではジョイントタイプの防音シートも色々なメーカーから出ています。ジョイントタイプなら、子どもが汚して拭く場合もその部分だけ気軽に外して洗えるので便利です。また、イスを引きずる音防止用にイスの足にカバーをつけるのもよいでしょう。

【ドア】
ドアの上部にドアクローザーをつけると、ドアの開閉を調整できるほか、子どもが指を挟む事故も防ぐことができて一石二鳥です。もしくは扉が当たる部分に戸当りテープをつけるのもよいでしょう。

まとめ

今回はマンション選びのポイントやマンションを選ぶメリットについての記事でしたが、いかがでしたか?大切な我が子がこれから育っていく「我が家」、周囲の環境も含め、しっかりと調べてパパと吟味しながら決めたいですね。

マンションでは同じ世代の子どもを持つ家族と親しくなりやすく、いざとなったときお互いに助け合えるのは大きなメリットです。

これからその生活環境で子どもがどのように暮らし、成長していくのかを頭の中でシミュレーションしながら住居を選ぶようにしましょう。子どもがのびのびと暮らせる環境が一番です。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018