就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

水回りのリフォームがしたい!ローンを活用して理想のお家を作ろう

水回りのリフォームがしたい!ローンを活用して理想のお家を作ろう

住宅ローンに比べ高金利だが審査は緩め

リフォームローンの金利は住宅ローンよりも高いという話を聞いたことがあるママもいるかもしれません。

住宅ローンの金利は一般的に約1~2%であるのに比べ、リフォームローンの金利は約2~5%となっています。

しかしその分審査は緩めで、審査期間が住宅ローンのときよりも短いという利点があります。リフォームローンの場合、審査機関は最短で1~7日程度ですが、住宅ローンの場合は早くても2週間程度かかるとされています。

また、住宅ローン借り入れの場合は団体信用生命保険への加入が義務とされていることがほとんどですが、リフォームローンの場合は団体信用生命保険への加入が必須ではない商品もあるので、よく確認するようにしましょう。

リフォーム内容や借入条件によっては減税も

リフォームの工事代金の見積もりを立てたら、思っていたよりも高かったというママもいることでしょう。しかしリフォーム内容やローンの借入条件によっては減税制度利用ができるかもしれません。

たとえば5年以上のリフォームローンを組む場合、親と同居する目的でキッチンやお風呂場、トイレなどの増設をする工事を対象に、5年間総計で最大62.5万円が所得税から控除される可能性があります。

ほかにもバリアフリーリフォームとして、お風呂場やトイレなどを高齢者に使いやすく改修することを申請すると、5年間総計で最大62.5万円を控除してもらえるかもしれません。

もし、親と同居している、もしくはもうすぐ同居するのであれば、自分たちのケースが該当するか調べてみましょう。

まとめ

今回は、子育てママが検討したい水回りのリフォームや水回りのリフォームについての予備知識、リフォームローンを活用したい場合に知っておきたいことなどについてお話ししましたが、いかがでしたか?

出産前までは特に不満を感じなかった水回りも、子育てをしているうちに「キッチンをこうしたいな」というようにリフォームを考えることもあるかもしれません。

実際にどのようにリフォームしたいのか、パパとよく話し合ってからリフォーム業者に相談するようにしたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事