就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとマンション暮らし。マンションで子育てするメリットや注意点

子どもとマンション暮らし。マンションで子育てするメリットや注意点

「子育てをするなら、戸建てか?マンションか?」マイホームを検討しはじめるときに、どの家庭でも悩むポイントですよね。マンション住まいで子育てをするとどのようなメリットがあるのか、またどんなことに注意すべきなのかをご紹介していきたいと思います。

環境面でのマンション住まいのメリット

病院やスーパーなど生活施設が充実

マンションに住む最大のメリットとしてあげられるのが「駅から近い」ということです。駅から徒歩圏内にあるマンションは人気があり、価格も高くなっていますよね。

駅近くのマンションであれば、通勤や通学に便利であるだけでなく、駅の周りにあるスーパーや病院などにも行きやすいです。大型のマンションであれば、マンションにスーパーが併設されていたり、居住者優先の保育施設を設けていることもあったりするので大変便利です。

徒歩圏内でたいていの用事を済ませることができるということは、仕事と育児を両立するうえでうれしい環境ですよね。立地条件がよく生活施設が充実しているという点は住まいを検討するときに重要なポイントとなるのではないでしょうか。

同じ子育て世代の家庭と交流できる

子育て世帯をターゲットにしたマンションであれば、同じ年頃の子どもをもつ世帯が多く住むため、子ども世帯同士でのコミュニティができやすいというメリットがあります。

マンション近くの公園や敷地内のキッズスペースなどで、同じ年頃の子どもをもつママ同士が交流し、情報交換をすることができます。親同士が仲良くなり、家族ぐるみで付き合うこともよくあります。

核家族化が進み、実家や親類からの手助けが期待できない中で子育てをしていく場合には、困ったときに助け合える関係があるのは大変心強いですよね。

マンションによっては、自治会や子供会の行事など、子育て世帯向けのイベントが開催され、さらに交流を深める工夫がされている場合もありますよ。

虫が少なく風通しや日当たりが良い

マンションの立地や部屋の階数にもよりますが、マンションの高層階であれば一般的に日当たりや眺望がよく、部屋もワンフロアで風通しのよいことが多いです。

夏は窓を開ければ風が吹き抜けるので涼しく、冬は鉄筋造りのため気密性が高いので暖かいのです。エアコンなどの光熱費の節約も可能です。

戸建ての場合、庭で花や野菜を育て、自然と触れ合いながら生活できるのが魅力的だとされていますが、庭があれば虫も発生しますし、草刈りや剪定などの定期的な手入れが必要です。マンションの場合は、ベランダで簡易なガーデニングしかできませんが、手入れの労力は少なくて済みます。

マンションは全体的に乾燥しやすいため、戸建てに比べて虫が発生しにくいので、虫が苦手な方にはうれしいですよね。

経済的でより快適!家庭の空調に革命を起こす「愛北工務店」の家

PR

今年の夏も暑かったですね。小さい子どもが家にいるとエアコンを付けっぱなしにしていた家庭も多かったのでは?でも、そこで気になるのが光熱費。せっかくなら経済的でより快適に過ごせる家がよいですよね。そんなママの願いを叶えてくれるのが、愛知県岩倉市の「愛北工務店」なんです。マイホームを考えている人は必見!

育児においてのマンション住まいのメリット

子どもに同年代の友達ができる

マンション住まいは子育てをするうえで多くのメリットがあり、その1つに子どもが多いので友達をつくりやすいことが挙げられます。

同年代の子どもをもつ世帯同士が入居するため、共有スペースなどで交流が生まれます。同じ遊具や場所で遊ぶことを通して、子どもたちは遊びのルールや友達との関わり方を学び、人間関係を築く基礎を知ることができるのです。

小さいうちは雨の日に遊ばせる場所に困り、家に引きこもりがちになりやすいのですが、共有スペースに遊び場があると雨の日でも友達と遊べるので親子共にリフレッシュすることができますよ。

登下校も一緒にできるので防犯面でも安心ですね。学校の出欠や連絡帳のやりとりも、同じマンション内に友達がいればやりやすいですよ。

セキュリティがしっかりしていて安心できる

マンションは戸建てと比べてセキュリティ面が強化されていることもポイントです。オートロックはもちろん、玄関の防犯カメラ、モニター付きインターホン、玄関の二重ロックなど、多重にセキュリティ対策がされています。

管理人やコンシェルジュが常駐していたり、在宅していなくても荷物が受け取れる宅配ボックスがあったりと、厳重なセキュリティはマンション住まいのメリットです。マンションによっては、24時間体制のサポートサービス、セコムなどのホームセキュリティサービス、AEDの設備などもあります。

ワンフロアで目が行き届きやすいこと、バリアフリーで段差や階段がないことなど安全への配慮も、小さい子どもがいる家庭にとっては子育てしやすいポイントですよね。

専用の託児所やキッズルームがあり便利

小さい子供のいる子育て世帯にとってうれしい設備は、やはり「キッズスペース」なのではないでしょうか。子育て世帯をターゲットにした大型マンションでは、キッズルームやミニ公園、中庭などが採用されていて、子どもを安心して遊ばせることができるようになっています。

雨の日に小さい子どもが遊べる場所があると便利ですし、子ども同士のつながりができると、ママも情報交換ができて、コミュニティが広がります。室内で音を気にせず伸び伸び遊ばせたり、誕生日会やママ友ランチ会などのイベントをしたりすることにも使えますよ。

大規模なマンションでは、無料の託児所や保育園が設けられている場合もあり、小さい子どもがいる子育て世帯にとってはありがたいですね。

マンションでの子育てで注意すること

ベランダの危険性を認識させる

29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事