就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

分譲マンションは子どもを育てやすい?メリットと最適な家の探し方

分譲マンションは子どもを育てやすい?メリットと最適な家の探し方

子どもと新しく住むマンションは、どのようなところがよいか悩みますね。今回は分譲マンションについて、総戸数100戸以上の「大規模マンション」とそれより小さい「小規模マンション」のそれぞれのメリットや、家族にとって最適な分譲マンションの探し方などについて考えてみました。

大規模分譲マンションでの子育てのメリット

共用施設や敷地内公園などの充実

大規模マンションの魅力の一つは敷地内の設備が充実していることです。屋内には子どものためのプレイルームや、パーティールーム、防音のシアタールームなどが設備されているところもあります。

子どもたちには、いつでも元気に遊んでもらいたいですが、マンションの部屋の中では子どもの足音や飛び跳ねる音が騒音になってしまうこともあります。雨の日でも、屋内に子どもたちが思いっきり遊ぶことができる場所があるのは、とても嬉しいですよね。

敷地内の公園にも遊具が設置されていたり、走り回れるスペースがあったりすると、少しの時間でも遊ぶことができます。子どもが小学生になって1人で遊びに行くようになっても、敷地内であれば比較的安心ですね。

子育て世代が多く暮らしている

新築マンションを購入する人たちは、同じような年代の子育て世代が多く集まります。共用施設などで遊んでいると、子ども同士がお友達になったり、顔見知りやママ友ができたりしやすく、情報交換もできます。

地域の情報や、保育園・幼稚園・小学校の情報なども同じマンションにいるママ友からの情報だからこそ、自分にとっても有益なことが多いです。インターネットなどではわからないような細やかな情報はありがたいですね。

大規模マンションのなかには、サークル活動などのコミュニティー作りを積極的に行っているところもあります。パーティールームなどで行なわれる育児サークルや、趣味のサークルに参加したり、マンション住居者対象のイベントなどに参加したりするのもいいですね。

修繕費や管理費などが抑えられる

マンションでは、定期的に修繕費や管理費の支払いがあります。修繕費とは、建物全体にかかわる修繕工事に使うためのお金のことです。

マンションは耐久性が高いといわれますが、屋根や外壁、エレベーターなどのメンテナンスが定期的に必要になります。国土交通省では12年を目安に大規模修繕を行うことを推奨しています。大規模修繕には多額な金額がかかるため定期的に積み立てておきます。

管理費とは、共用設備の光熱費や維持管理にかかる費用、管理人の人件費など、マンションを快適な状態に保つために日常的にかかる費用のことです。

これらの費用は、大規模マンションの場合、戸数が多いため一戸あたりの費用が安くなるといわれています。

小規模分譲マンションでの子育てのメリット

静かな環境と住民の連帯感がある

小規模マンションは住人が少ないため、全体的に静かです。また、年代を超えて顔見知りになりやすいという特徴があります。エントランスや駐車場、駐輪場などで挨拶をしあったり、理事会総会や、住人の交流会などに出席したりすると、どのような人が住んでいるかだいたい把握できます。

顔見知りが多いと、不審者に気づきやすくなり防犯性が高くなるというメリットがあります。何か問題が発生したときにも、一致団結して解決に向かって進みやすいようです。

特に、赤ちゃんや小さい子を連れていると、子育てが終わった世代の方から声をかけてもらったり、かわいがってもらえたりすることも多くなります。子どもたちが地域に見守られて育つということもメリットの一つですね。

駐輪場やゴミ捨てなど生活動線が短く便利

一戸建てとは違い、マンションの場合は外出するためにエントランスを通らなくてはならなかったり、ごみ捨て場やポストまで少し歩かなくてはならなかったりと、生活に必要な場所までの距離が遠いことがあります。

大規模マンションは敷地が広く、家の場所によってはゴミ捨て場などまでかなり離れていることがあるので、おむつなどのたくさんのゴミや、段ボールなどの大きなゴミを捨てたいときは、特に大変だと感じるかもしれません。

それに比べると、敷地が狭い小規模マンションは生活動線が短くて便利だといえるでしょう。ゴミ捨て場までの距離も近いのですぐに捨てに行けますし、車に忘れ物をしたときでもさっと駐車場に行くことができます。

小規模なので角部屋になる確率が高い

子育て世代は、子どもの声などの音のトラブルを避けるために、隣の家に接する面が少ない「角部屋」を希望する方が多いようです。通常、数が少ない角部屋ですが、「中層型」の小規模マンションは角部屋が多い構造なので、その点ではかなり魅力的といえます。

「中高層型」の小規模マンションとは、建物が高く、比較的狭い敷地に建つマンションのことです。都心部や駅近くの立地に建つことが多く利便性がよいというメリットもあります。一方、高い建物を建てることができない地域に建つ小規模マンションを「低層型」といいます。

中高層型の小規模マンションは、一つのフロアの戸数が少なく、すべてが角部屋ということもあります。角部屋を希望する方には注目のマンションですね。

分譲マンションにかかる費用と考え方

分譲マンション購入の流れ

分譲マンションを購入すると決めた後の手続きの流れを紹介します。
  • 1.購入決定し担当スタッフに連絡
  • 2.住宅ローンの仮審査手続き
  • 3.部屋の申込手続き
  • 4.住宅ローンの仮承認
  • 5.正式契約手続き
購入を決めたら担当スタッフに連絡しましょう。部屋は抽選や先着順で決まっていきます。申込確定の条件は申込書の署名捺印や手付金の入金など、さまざまですので、担当スタッフに確認しましょう。

契約手続きの前に、住宅ローンの仮審査があります。モデルルームで各金融機関の住宅ローンの審査用紙に記入をして審査の申し込みをすることが多いようです。

申し込みには申込証拠金が必要な場合があります。申し込みには法的な拘束力がないので、もし申込撤回した場合でも返金されます。

分譲マンション購入にかかる費用

分譲マンションを購入するときにかかる費用を調べてみました。販売会社などによって多少違いますので、一例として参考にしてみてください。

申込契約時

  • 申込証拠金(10万円程度)、手付相当金(物件価格の20%)
  • 物件本体価格(ローンの場合は金融機関から支払い)
  • 印紙代(1万円程度)

変更工事発注

  • 変更工事代金

引渡し

  • 登記などの諸費用(新築の場合は物件価格の3%~7%)

入居

  • 引越し費用、家具家電費用、不動産取得税(かからないこともある)

毎月発生する

  • 住宅ローン返済、管理費、修繕積立金、駐車場代、設備利用料など

毎年発生する

  • 固定資産税、都市計画税

更新年のみ

  • 火災保険料

家族のライフスタイルに合う規模を選ぼう

大規模マンションと小規模マンションのメリットをみてきましたが、どんなマンションを購入するかは、希望するライフスタイルによっても変わります。

3LDKや4LDKの間取りの場合、子どもたちが独立した後は、広い家に夫婦二人で住むことになるかもしれません。子どもが実家に帰ってきたときのためにそのまま住みつづけるという方もいますし、小さな住宅に住みかえる方もいます。

長く住む予定の場合は、老後の生活も視野にいれてマンションの設備や立地条件なども検討することをおすすめします。

住みかえることを予定している場合は、賃貸にしやすかったり、売れやすかったりするような資産価値の高いマンションを選ぶほうがよいでしょう。

まとめ

大規模マンションも小規模マンションも、それぞれのよさがありますね。家族の好みや希望する生活スタイルに合わせて、どんなことを重視するかが変わります。いろいろな状況を考えて、居心地がよく、子育てがしやすい住居を選びたいですね。

また、マンション購入のときには多くの費用がかかるので、一般的な流れを確認して準備をしておきましょう。手続きの方法はマンション販売会社によって異なりますので、詳しくはマンション販売担当スタッフに確認してくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR