就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家でもできる子どものヘアカット。切り方のコツや男の子に人気の髪型

家でもできる子どものヘアカット。切り方のコツや男の子に人気の髪型

子どものヘアカットはひと苦労ですね。美容院に行くと5分もじっと座っていられなかったり、ときには嫌で大泣きしてしまったり。美容師さんや周りのお客さんに気を使いっ放しです。「できれば家で子どもの髪を切りたい」と思っているママも多いでしょう。そんなママに、お家でできるセルフカットのコツをお伝えします!

お家でセルフカット!準備するものと注意点

セルフカットに必要な道具

セルフカットに必要な基本的な道具はこちらになります。
  • はさみ(普通の髪切りばさみ、すきばさみ)
  • くし
  • ヘアーエプロンなど
はさみはまっすぐ切れるはさみと、すきばさみがあるといいです。前髪をパッツンにしたくないときや、髪の量を減らしたいときには、このすきばさみが大活躍します。子どもの散髪用に、刃の先が丸くなっているはさみも販売されているので安心ですね。

くしは目が細かいものの方が、髪を逃さずまっすぐに伸ばしてくれるので使いやすいですよ。

ヘアーエプロンは、カットして落ちる髪から子どもを守ってくれます。細かい髪は体にくっつくとチクチクして不快なので、嫌で動いてしまう子どもも多いのです。ヘアーエプロンがなければ、大きなゴミ袋に穴を開けて頭を出せば代用できますよ。

じっとしてもらうために用意しておくもの

子どもの散髪で一番の問題が、じっとしてくれないことですよね。髪を触られるのが嫌だったり、座るのが嫌になったりすると動き出してしまいます。

じっとさせるコツは、子どもを飽きさせないことです。ママが髪を切りながら「切ったらかっこよくなるよー」「耳の周り切ってるからね」など実況中継しながら常に話しかけると、今自分に何が起こっているのか分かりますし、我慢しやすいようです。大きな鏡を前において、カットの様子を見せたり、鏡の中の子どもに向かって話しかけたりするのもいいですよ。

最も簡単で効果的なのがアニメです。髪を切っているのを忘れて夢中に見入ってくれますので、さっさとカットできます。もしパパが家にいるなら、子どもの相手はパパに任せてしまうのもいいですね。

髪の毛がつかないようにあると便利なもの

ヘアカット中の子どもを不機嫌にしてしまう原因になる細かい髪の毛ですが、これが体につかないように、あると便利なものをあげてみます。

上に書いたヘアーエプロンは、周りがポケットになっていて、カットした髪がそこに入っていくので便利ですね。

首の周りに髪がついて嫌がる子には、ネックシャッターという便利な製品も販売されています。ヘアーエプロンの上に、更に首の周りに巻いて使うものですが、よりぴったり首に密着するように作られているので、髪が中に入りにくいのです。

顔につく髪は、チークブラシがあると払いのけることができます。肌触りがいいので子どもはチークブラシが好きみたいですよ。ガーゼハンカチやタオルで軽く拭くようにしても払いのけることができます。

初心者さんでも大丈夫!カットのコツ

きれいに切るためのブロッキング

髪を切る前に、どんな髪型にしたいのかをしっかり決めます。そのためには、どこをどのくらい切ればいいのか考えます。

そして髪を分けてクリップで留める作業、ブロッキングをします。たくさん切る部分とそうでない部分など、髪型に合わせてブロッキングしてみます。ブロッキングで髪を上にまとめると、邪魔にならず下の髪が切りやすいですよ。

そして一気にたくさん切るのではなく、ブロッキングしたパートごとに下から少しずつカットします。初めてのママは特に、少しずつ切って切り具合をみましょうね。

カットしながら時々後ろに下がって、全体のバランスをみましょう。左右対称になっているか、重くなりすぎている部分はないかなど、全体をみればどこを切ればいいのかわかりますよ。

ぱっつんヘアにならないためのすきばさみ

すきばさみは、セルフカットでとても役に立つはさみです。ぱっつんヘアは可愛らしいですが、あまり好きでないママには、このすきばさみがおすすめです。

前髪の場合は、したい長さに普通のはさみでカットした後、その上2センチくらいをすきばさみでカットします。髪がすかれて、自然な仕上がりになりますよ。

髪が重くなりやすい後頭部や耳の後ろあたりの髪は、すきばさみでカットすれば簡単に軽くできます。少し長めの髪なら、ざくざく適当に切るよりも、髪先のほうで1回、少し頭に近い方にずらしてもう1回カットすれば、よりきれいな仕上がりになります。

最後の仕上げに、カットラインがくっきりしていて気になるなら、すきばさみでラインにそってカットすればラインをぼかすことができますよ。

スピーディーに切れるバリカン

スピーディーにカットしたいママには、バリカンが便利です。髪を短く、きれいに同じ長さに揃えて切ることができます。

頭全体をバリカンでカットすると坊主頭風になります。とてもスッキリした髪型ですが、ツーブロックをしたいママには、下のブロックだけをバリカンで、上のブロックはすきばさみでカットするのがいいでしょう。

バリカンを使うと一気にたくさんの髪をカットしてしまうので、初心者のママにはちょっと注意が必要です。最初はアタッチメントを長めにセットして、短く切りすぎないようにしましょう。様子をみて、もっと短くしたいなら、アタッチメントを短かめにセットしなおして、再度カットすればいいです。最初から短めにセットしてしまうと、後戻りできませんので気をつけましょうね。

男の子に人気の髪型とカットのポイント

安定の人気!かっこいいソフトモヒカン

セルフカットに慣れていないママには難易度の高い髪型ではありますが、スポーティーでかっこいいので1度はやってみたい髪型です。どれくらい髪を残すかで仕上がりがまったく変わりますので、最初にしっかりできあがりをイメージしましょう。

まず耳の周りと後頭部の髪をバリカンで短くカットし、徐々に頭頂部に向けてカットしていきます。中間あたりの髪にある程度長さを残したいなら、バリカンのアタッチメントを長めにセットしたり、すきばさみでカットしたりします。

頭頂部の髪を立たせますが、きれいな形にするコツは最頂部の髪を長めに残し、立たせたときに1番高くなるようにすることです。どれくらい高く残すかによって髪型の印象はかなり変わってきますので、ママの腕の見せどころですよ。

一度はチャレンジしたい!テクノカット

テクノカットは、1980年代に人気だったテクノポップバンド「Y.M.O.(イエローマジックオーケストラ)」のメンバー3名が、この髪型をしていたことからそう呼ばれるようになったそうです。

もみあげが真っすぐ鋭角に剃り上げられ、後ろの襟足も短くそられ短くカットされているのですが、それとは対照的に、上の髪は長めに残して垂らしていてるのが特徴の髪型です。

カットするには、長く残したい上の部分と、刈り上げる下の部分のラインを決め、下は短く刈り上げて、上は長く残します。後ろの方は長めに残して刈り上げることもありますし、お好みで調節しながら刈り上げましょう。

刈り上げた部分はすぐに伸びるので、まめに刈り上げてスッキリさせてあげましょうね。

簡単でおしゃれに見える!アシンメトリー

アシンメトリーは左右対象でないのがおしゃれな髪型です。左右対称にするのに苦労することもあるので、アシンメトリーは有難い髪型ですね。

アシンメトリーに挑戦するなら、簡単な前髪からがいいでしょう。斜めになるように普通のはさみでカットします。ぱっつんアシンメトリーが似合う子もいますし、すきばさみですいて、ぼかしてあげてもいいですね。もっと変化をつけたいなら、はさみを縦に入れて切ればギザギザ感が出ます。

横髪をアシンメトリーにするには、片方を長く、もう片方を短くカットします。長かった髪をカットする途中に、片方だけカットした状態で前から見てみて、似合っているならそのままアシンメトリーにして、似合わないなら長いほうもカットしてシンメトリーにしてもいいですよね。

まとめ

セルフカットは、最初はうまくできなくても、慣れてくると色んな髪型に挑戦したり、楽しくなります。しかも美容院代が節約できますし、家で好きな時間にカットできます。子どもも、知らない人に髪を触られるより、ママに切ってもらった方が嬉しいみたいですよ。

ちょっと失敗したなと思っても、子どもらしい可愛い髪型に見えますし、しばらくすれば髪は伸びてしまいますので、それほど気にせず、まずはチャレンジしてみてくださいね!

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR