就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

両親や義両親との同居はストレス?ポイントを知って穏やかに過ごそう

両親や義両親との同居はストレス?ポイントを知って穏やかに過ごそう

親世帯との同居はメリットがある反面、デメリットもあります。一度こじれてしまうとなかなか元の関係に戻ることは難しく、相手の嫌な部分ばかりが目につくこともあるでしょう。この記事では、親世帯との同居によるメリットやデメリット、ストレスを溜めないための対策についてご紹介します。

両親や義両親との同居によるメリット

手が回らない家事や育児を手伝ってもらえる

結婚や出産など人生における大きなイベントと直面するとき、住まいをどうするか悩むこともありますよね。夫婦2人で暮らすのか、どちらかの両親と同居するのかなど、住まいに関する選択肢はいくつかあります。

同居を選択した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。実際に同居したことがあるママによると「手が回らない家事や育児を手伝ってもらえる」という意見が多くみられました。

子どもが生まれると、ママは子どもを軸にした生活を送ることになりますよね。子どもの年齢が低ければ低いほど手がかかりますし、家事まで手が回らないこともあるでしょう。同居の場合は育児や家事に協力してもらえるケースが多いので、ママの負担が少し減るかもしれませんね。

パパにはできない相談の相手になることも

両親と同居する場合、ママは甘えやすくゆったりとした気持ちで過ごすことができるでしょう。反対に義両親と同居する場合であっても、子どもだけでなくママに対しても実の両親より優しく接してくれるかもしれませんよ。

「同居=デメリットだらけ」というイメージを持たれがちですが、実際はパパにはできない悩みを相談することも可能です。特に育児に関しては一度は経験していますので、ママの心強い味方になるでしょう。

1人目の場合は、ママもパパも分からないことだらけですよね。赤ちゃんの動作一つに悩んだり困ったりすることもあるでしょう。そんなときにパパにはできない悩みを気軽に相談できる相手がいると、ママの不安が解消されるのではないでしょうか。

経済的に負担が少なくなることがある

同居をするメリットには「経済的に負担が少なくなる」という点が挙げられます。同居をする場合は単純に一つの家で生活することになりますので、それぞれの家庭が別々に暮らすよりも経済的な負担が減るようです。

両親の持ち家で同居する場合は新居を構える必要がなく、土地代や建築費用、維持費などがかかりません。各家庭の方針によりますが、生活費や食費、光熱費を一部負担するケースが多いようです。

新しく二世帯住宅を建てる場合は、両親が持っている家や土地にママ世帯が住宅ローンを組んで立て替えるパターンが多いようです。この場合だとママたちは土地購入をする必要がありませんし、両親も少ない自己資金で家を建てることができるでしょう。

両親や義両親との同居によるデメリット

育児や夫婦関係などに色々と口を出される

同居にはメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。デメリットとしてよく挙げられることといえば「育児や夫婦関係などに口出しされる」ということではないでしょうか。これは深刻化すると離婚に発展することが多いので、同居する際には注意が必要です。

夫婦の家庭生活や子どもの教育など、本来は夫婦のみで話し合って決めるべき内容に同居の家族が過干渉してくることも珍しくはありません。同居をしていると「育児は家族みんなでするもの」という意識が強まりますので、つい何か言いたくなるのかもしれませんね。

ママも手探りの状態で育児をしているのに、このように色々口出しされると嫌な気分になってしまいますよね。家族の過干渉は同居がうまくいかない原因の一つだといえるでしょう。

お互いの生活習慣が違うためストレスになる

いざ同居が始まると、生活習慣の違いに驚くママも多いです。ママにとっては当たり前のことであっても、義両親にとっては非常識だと思われるケースもあるでしょう。反対にパパの考え方とママの両親の常識とが異なる場合もあるかもしれません。

異なる生活習慣を持つ世帯が同じ家に暮らすとなると、お互いある程度は妥協する必要がありますよね。自分の融通ばかりを通そうとすると、同居はうまくいかないといわれています。かといって相手の生活スタイルに合わせ過ぎていると、息苦しく感じてしまうこともあるでしょう。

同居するまでは仲良くしていても、同居をきっかけに関係がこじれるケースも多いです。うまくいくためには、家族だからと甘え過ぎずお互いを思いやりながら生活する必要があるでしょう。

金銭が原因でトラブルに発展することも

同居のデメリットには、「金銭が原因でトラブルに発展する可能性がある」ということが挙げられます。金銭に関するトラブルは後に残りやすく離婚問題に発展することもありますので、同居を始めるときにはしっかりとルールを決めておくとよいでしょう。

生活費と一口にいっても、食費や光熱費、日用品費などがありますよね。各家庭で自分たち分を負担したり、毎月の固定額を決めて親世帯に渡したりなどの方法があります。ママが毎日全員分の食事を作るので子世帯が食費を管理し、親世帯は光熱費や通信費を負担するという家庭もあるそうですよ。

また同居後に親世帯の住宅ローンや借金が発覚したり、浪費癖があったりすると金銭トラブルになる可能性も高いので注意しましょう。

同居でストレスを溜めないための対策

両親や義両親と話し合ってルールを決める

同居を成功させるには、事前に親世帯と話し合いをしてある程度ルールを決めておくとよいでしょう。勢いだけで同居を始めてしまうと、生活習慣や価値観の違いからストレスを溜めこんでしまい同居が続かないこともあるので気をつけましょう。

一緒に住むまでは親世帯と比較的仲良く過ごせていても、同じ家で生活の一部を共有すると今まで見えてこなかった部分に気づく可能性もあります。少しでも気になることがあると、段々嫌な所ばかりが目についてきて関係がこじれるケースも珍しくありませんよ。

同居によるストレスを溜めないようにするために、生活費や住宅ローンなど金銭面や家事の分担、絶対に守ってほしいことなどはできるだけ細かく決めて、家族で共有しておきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC