就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと1LDKの賃貸で快適に!メリットや広く使うためのコツ

赤ちゃんと1LDKの賃貸で快適に!メリットや広く使うためのコツ

子どものいない夫婦2人での生活では不自由を感じていなかった1LDKの物件も、子どもが生まれると荷物も増えて途端に狭く感じてくることもあると思います。赤ちゃんとの生活は1LDKでも可能なのか、それとも引っ越したほうがよいのか悩んでいる…そんなママのために1LDKでの赤ちゃんとの生活について、紹介します。

1LDKで赤ちゃんと暮らすメリットとは

部屋が見渡せるので様子がわかって安心

1LDKは主に、一人暮らしや新婚などの大人2人向けの住まいとされており、赤ちゃんのいる家庭にとっては、少し狭く感じるかもしれませんね。しかし、赤ちゃんとの生活において、1LDKでの暮らしはそのコンパクトさゆえのメリットもあります。

生まれて間もない赤ちゃんは授乳やおむつ交換、抱っこなどで頻繁に泣いてママを呼びます。動けるようになると、今度はいたずらをしないか、危険はないかと目を離せなくなります。

1LDKであれば、リビングが日中を過ごす場所になるので、家事をしながらでも赤ちゃんの様子を見渡すことができるので安心です。また、対面式キッチンであれば、料理をしながらでも部屋を見渡すことができますよ。

小さいうちは子ども部屋は必要ない

寝室とリビングしかない1LDKの場合、子どもが遊ぶ部屋は主にリビングになります。寝室は、その名のとおり家族が寝る部屋であり、パパやママの書斎のような役割を果たす場合もあるようです。

家族が3人にたいして、個室が1部屋というのは少ないと感じるかもしれません。しかし、まだ1人で遊んだり寝たりもしない赤ちゃんの場合、子ども部屋があっても使わないというケースが多いようです。そのため、子どもが遊ぶスペースとしては、リビングで十分だといえます。

赤ちゃんと1LDKで生活する場合、大切なのは部屋の数よりも部屋の広さです。生活空間であり、赤ちゃんが遊ぶスペースでもあるので、少し広めのリビングであれば、リビングの中に赤ちゃんエリアを設けることもできます。

家賃が安く教育費や住宅資金が貯めやすい

1LDKで暮らすということは、2LDK~3LDKのファミリー向けの物件と比較して、家賃を安く抑えることができる点もメリットといえます。

子どもが小さいうちは、おむつ代やすぐにサイズアップする子ども服など、育児に関する出費が多くなります。思うように貯金ができないと感じるママもいるかもしれません。そんな時期に、1LDKで家賃を抑えることで、将来の教育費や住宅資金を貯めやすくなりますよ。

将来的に、子どもが成長して遊びまわるようになったり、子どもが増えたりして1LDKだと手狭だと感じるかもしれません。そのときのライフスタイルにあわせて、もう少し広い物件への引っ越しや住宅購入を検討し、今は貯金を優先する、というのも堅実な選択といえますね。

1LDKで赤ちゃんと暮らすデメリットとは

リビングがおもちゃで散らかりやすい

1LDK生活では、リビングが赤ちゃんにとっての遊ぶスペースになります。月齢が小さいうちは動きもあまりなく、困ることは少ないかもしれません。しかし大きくなるにつれておもちゃも増え、リビングが散らかりやすくなったという話もよく聞きます。

赤ちゃんにとっては、おもちゃを片っ端からだしてみるのも楽しい遊びの一つ。気が付くとリビングがおもちゃだらけ…なんてことも考えられますよね。そのため、こまめにお片づけをしないと足の踏み場がないということにもなりかねません。

ただし、部屋の広さにあわせておもちゃを買いすぎないように気をつけるようになり、こまめに整理整頓をする習慣がつくと考えると、これもメリットの一つかもしれませんね。

パパの寝場所がリビングになることも

生まれて数カ月のうちは夜間の授乳も頻回であったり、少し落ち着いたと思ったら夜泣きが始まったりと、子育て中はなかなかぐっすり眠れないですよね。ママは昼間に子どもと一緒にお昼寝ができますが、お仕事をしているパパはそうもいきません。

子育て中の家庭では、パパの睡眠を確保するために、パパだけが違う部屋で寝るという家庭も多いようです。1LDK物件の場合、そんなときにパパが寝る場所はリビングしかありません。

リビングで寝ようと思うと、ソファで寝ることになる場合もあり、睡眠の質を確保できずに疲労回復・寝不足解消が難しいかもしれません。また、夏や冬は冷暖房を両方の部屋で稼働させる場合もあり、電気代が高くなってしまう可能性もあります。

独身層が多いと子育ての理解が得られない

子どもとの生活は、平日も休日も関係なく朝早くから走り回ったり、夜中は夜泣きがあったりと、どうしても生活音が大きくなりがちです。そのため、生活音をめぐる隣人トラブルも発生しやすくなります。

そんなとき、2LDK~3LDKのファミリー向け物件であれば、周りに住む家庭も子育て家庭が多いため、お互い様の精神で比較的寛容に受け入れてもらえることもあります。しかし、1LDKの物件の場合、独身層や子どものいない夫婦が住んでいることが多く、子育てへの理解が得られにくいケースがあります。

部屋にはジョイントマットを敷いて足音がうるさくならないように気をつかったり、部屋の窓はすべて閉めたりと、隣人トラブルにならないように特に配慮が必要になることもあります。

1LDKを広く快適に使うためのコツ

大きな家具を置かないようにする

狭い1LDKを、赤ちゃんを含む3人の生活空間として快適に過ごせるようにするためには、物を減らすことが重要になります。まずは家具の必要性を見直し、最小限にすることで生活スペースを極力広く確保するようにしましょう。

まずは、場所をとる大きな家具について見直しをします。たとえば、ベッドを持たずに布団で寝るようにすると、日中は布団を畳めば省スペースになります。ほかにも、くつろぎスペースとしては重要なソファを持たないことも選択肢の一つです。かわりに、ビーズクッションなどで代用することもできます。

これらの家具は、赤ちゃんにとっては落下や転倒のリスクもあるものなので、物を持たない生活は、赤ちゃんの安全面でもメリットがあるといえます。

抜け感のある家具で置き方を工夫する

家具をなるべく少なくすることに加えて、家具の選び方や配置などの工夫によっても部屋を広く見せることができます。

たとえば、家具を選ぶときに、背が高く、色が濃く、質感の重い家具を選んでしまうと、それだけで圧迫感があり部屋が狭く感じられてしまいます。収納力は劣りますが、家具は背が低いものを選ぶをよいでしょう。どうしても背の高い家具を置きたい場合は、材質をガラスや薄い木目調のものにするなど、軽い質感のものを選ぶことをおすすめします。

ほかにも、入り口付近に背の高い家具を配置し、奥に背の低い家具を配置すると、遠近法の効果で奥行きを感じることができるなど、家具の配置の工夫によって部屋を広く見せることができます。

ジョイントマットでけがの予防や防音対策を

動き始めた赤ちゃんは、少し目を離したすきにすぐに転んでしまうなど、けがのリスクがつきものです。そこで、子どものいる家庭では、ジョイントマットを敷くことをおすすめします。やわらかいジョイントマットを敷くことで転倒時の衝撃を和らげ、けがの予防に役立てることができます。

ほかにも、ジョイントマットは走り回る子どもの足音を吸収してくれる効果もあります。独身層の多い1LDK物件では、騒音は隣人トラブルにつながりかねないので、防音対策はしっかりと行いましょう。

最近では、ジョイントマットも木目調のものや子どもの喜ぶカラフルなものなど、種類も豊富にあるので、お家のインテリアにあわせて選んでみてくださいね。

まとめ

1LDKで赤ちゃんと3人で暮らす場合、確かに家具や赤ちゃん用品をたくさん買って暮らすには少し手狭かもしれません。しかし、物の量の見直しや家具の選択、配置の工夫によって十分に快適に暮らすことができます。

将来のためにお金を貯めたい時期でもある子育て家庭にとっては、家賃も抑えられるので金銭的なメリットもあります。コンパクトな家で暮らすことで、自然と物も減り、整理整頓ができるようになるといったうれしい効果もありますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR