就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとのアパート生活!防音対策をして親子で快適に暮らそう

赤ちゃんとのアパート生活!防音対策をして親子で快適に暮らそう

赤ちゃんとアパートで暮らすことになったけれど、よく泣く赤ちゃんとアパートで生活するのは不安ですよね。そこでアパート探しのときに見るべき間取りなどの注意点から、アパートでもできる防音対策までまとめました。アパートでの赤ちゃんとの生活を、ストレスなく過ごすコツとアイデアです。

赤ちゃんと住みやすいアパートの選び方

可能なら1階角部屋を選ぼう

赤ちゃんとのアパート生活をイメージしてみて心配になるのは、やはり音でしょう。昼夜関係なく泣くのが赤ちゃんです。

そういうものだとわかっていても、赤ちゃんの泣き声は近隣の迷惑になってしまうのではないかと心配になってしまいますよね。また夜中にあやして歩き回ったりすることもあるかと思うと、足音も心配の種になります。

下の階からも物音は聞こえますが、通常ですと上階からの音のほうが下の階にはよく響くものです。さらに両側を違うお宅に挟まれた場所よりは、一方だけでも外と接している角部屋の方が気は楽になります。

そのほか上階にはつきものの転落したときの危険を考えると、やはり1階は安心です。可能であれば、1階角部屋を選択されるとよいでしょう。

子育て世帯が多い物件を選ぶとよい

アパート選びでぜひみてもらいたいのは、子育て世帯の入居がどれぐらいあるかです。特に同じぐらいの赤ちゃんがいれば今後話すきっかけにもなりますし、子ども同士も小さな頃からお友だちができて嬉しいものです。

人間関係がよくなればそもそものトラブルも少なくなります。誰しも人に迷惑はかけたくないもの。

かといって神経質になりすぎるのもつらいです。泣き声や物音も、お互い様だからと気になることが減ってくるでしょう。

さらに子育て世帯の入居が多い場合は、その物件は子ども連れにとって住みやすい理由があるということかもしれません。例えば、スーパーや小児科、公園、保育園などが近くにあると利便性がよいですよね。治安の面でも安心できるかもしれませんね。

音が響きにくい物件がベスト

いろいろと配慮していても、やはりアパートの構造自体で音が響きにくいことが肝心です。建物を建てるときに使用する素材は木や鉄骨、鉄筋コンクリートなどがあげられますが、鉄筋コンクリート造よりは木造のほうが音を通しやすくなっています。

また木造は古くなると気密性も低くなりますので、その点からも音が漏れやすく、逆に近隣の音が入ってきやすくもなりますね。次にアパートに多い鉄骨造ですが、骨組みが鉄骨であっても壁や床などに使われているのは木ですので、こちらも防音の点では少し頼りないところです。

鉄筋コンクリート造のアパートは、壁の薄さによっては音も通しますが防音という点ではほかの素材に比べると安心です。音が響きにくい素材を選ぶことも大切ですね。

赤ちゃんと住みやすいアパートの間取りとは

長く住むなら2LDK以上はほしい

今は小さな赤ちゃんで、日中あそんでいるのはリビング、夜寝るときにはパパやママと同じ部屋となれば、1LDKで十分かもしれません。

しかし転居を考えているのであれば、このタイミングで今後どれくらいの広さや空間が必要になってくるのかイメージしてみてください。アパートへの転居にもお金はかかりますから、よほどの理由がない限りそう何度も引っ越していられないのが現実です。

小学生になったら勉強のできる個室があったほうがよいかもしれません。中学生・高校生にもなれば部活のもの、習い事のもの、衣服なども次々と増えていき、大人顔負けの量になる可能性は十分あります。

長く住むのであればこそ、前もって少し部屋数にゆとりを持っておくこともよいでしょう。

リビング隣の和室は使い勝手がよい

赤ちゃん連れのアパート選びの際、リビングの隣に和室がある部屋を選ぶととても便利です。和室は赤ちゃんにぴったりの部屋なのです。

畳は転んでもそれほど痛くもないので危険は少なく、ハイハイや1人歩きなどもしやすい柔らかさ。また、動きだすようになればベッドよりも畳の上に布団を敷いて寝かせるのにもちょうどよいですよね。

ずっとそばにいてあげられたらよいですが、忙しいママとしては赤ちゃんが寝ている間に用事をいろいろと済ませたいものです。しかし寝ているからといって、赤ちゃんから目を離しすぎるのも心配ですよね。

赤ちゃんが眠る和室とママがいるリビングが近いと、お互いの気配を感じることもできますし、赤ちゃんの様子もすぐにみることができますよ。

充実した収納がのちのち重宝する

アパート選びの際、忘れるとあとあと大変になるのが収納スペースの量です。赤ちゃんは小さいですが、赤ちゃんグッズは大型でかさばるものがいっぱいですよね。

服も次々にサイズアウトしていってしまうため増える一方ですし、おもちゃなどもどんどん増えていきます。そんなときに収納スペースが無いと新たに買い足さなくてはいけません。

タンスや収納ケースなどもまたかさばってしまい、スペースを活かしきれなかったり、死角ができて目が行き届かなかったりします。またアパートは共用スペースに物を置くことができないところが多いです。

そうなるとベビーカーや三輪車、ゆくゆくは自転車など置き場に困るものも続々増えていきます。収納の量は重要ですね。

アパート暮らしを快適にする防音対策グッズ

隙間テープで音漏れを防ごう

アパートが決まったら次は防音対策について考えましょう。気持ちのよいご近所付き合いのためにもこちらの音は極力漏らさない工夫をし、さらに戸外の車や電車などの音を中にいれないことで赤ちゃんの健やかな日常を守ることができます。

賃貸のアパートですと、原状回復できる対策であるということが重要です。壁の素材などは変えられませんが、後付けできて、取り外しも簡単だとよいですよね。

そこでおすすめなのが、100均などでも手に入れることができる隙間テープです。これを窓などの音が漏れそうな隙間に貼っていきます。

音漏れは窓から、ということも多いのだそうです。両面テープが気になる方は、先にマスキングテープを貼った上に貼っていくとよいですよ。

防音カーテンの設置で簡単に防音対策

防音に役立つインテリアの中に、実はカーテンも含まれます。防音カーテンというものが実際に販売されており、効果を発揮してくれているそうです。

普通のカーテンと違う部分は、通常の布生地のほかに金属も使われているということ。金属には音を遮る効果があるそうで、窓の隙間から入った音、出ていく音を遮ってくれます。

布自体も音を吸収してくれるので、遮る・吸収するという二つの効果があるのです。もともとカーテンは部屋に設置するものですから、普通のカーテンから防音カーテンに変えるだけという作業の手軽さもよいですよね。

カーテンで窓をしっかりと覆う必要はありますが、先ほどの隙間テープとの合わせ技で利用すると、さらに高い効果が出るでしょう。

究極はレンタル防音室で音をシャットアウト

こちらの音を一時的にでも抑えたいのであれば、防音室を用意する方法があります。楽器メーカーなどからレンタルできる防音室もあり、広さもタイプもいろいろです。

なかにはエアコン付きのものもあり、暑い日でも寒い日でも快適に過ごす準備がされていて安心です。レンタル料金も様々な設定がされています。

赤ちゃんは泣くことが仕事だといわれるほど、しょっちゅう泣き声をあげるものです。本当はそんな赤ちゃんの声や成長をあたたかく見守ってほしいけれど、それは許されないのではないかと思わせる世の中に疲れてしまいますよね。

どうしても泣き止まない日はあります。そんなしんどい日に、近所を気にせずに付き合ってあげられる防音室はお守りのような存在になりそうです。

まとめ

どんどん成長していく赤ちゃんとのアパート生活。毎日が充実しているけれど、一度泣かれてしまうと近所の目が気になりますよね。

こちらも迷惑をかけたいわけではないけれど、周りからどう思われているかもわからないのが正直なところです。わからないなかでの憶測はつい悪い方に考えてしまいがちで、これでは楽しい子育てもしんどいものに変わってしまいます。

防音や間取りなど、前もって気を付けられるところは、できる対策も早めにしてしまいましょう。そうしてのびのびと子育てを楽しんでいけるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR