就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがいる家族の賃貸探し!おすすめ物件の条件を知り賢く探そう

赤ちゃんがいる家族の賃貸探し!おすすめ物件の条件を知り賢く探そう

赤ちゃんが生まれて引っ越しをすることになったら、賃貸物件を探すのは慎重にしたいですね。赤ちゃんがいると何かと周りに気を遣いそうですから、周りに気兼ねなく生活できる物件を探したいものです。赤ちゃんがいる家族におすすめの条件を知って、住みやすい物件を探しましょう。

乳児を育てる家庭の賃貸探しのポイント

防音性の高さは平和な暮らしの必須項目

赤ちゃんが夜泣きをしたら、赤ちゃんを泣きやまそうとママは頑張ると思いますが、同時に周りの人に迷惑になっていないかも気になりますよね。赤ちゃんの泣き声が周りに聞こえないか心配しなくてすむためには、防音性の高い物件を探しましょう。

防音性の高い部屋を探すには、相談している不動産担当者に希望を伝えて物件を教えてもらいましょう。紹介してもらった部屋を下見する際には、実際に壁に耳をつけて隣の部屋の物音が聞こえるか確認するのも一つの方法ですね。

角部屋は隣人が減りますから、角部屋を選ぶとより物音を気にしなくてすむかもしれません。希望とおりの物件が探せなければ、防音シートを壁に貼ることや、防音カーテンを利用する方法もありますよ。

1階を選んで騒音対策と利便性を確保

物件を選ぶ際に防犯のことを考えると、2階より上の階を選びたくなりますよね。赤ちゃんがいる場合は1階の部屋がおすすめですよ。

子どもが動くようになったら、毎日部屋の中で走り回ったり、飛び跳ねたりするでしょう。子どもが動き回ったら、下の階にかなり響きます。ですから、下の階を気にしなくてすむ1階はおすすめなのです。

ほかにも、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて移動するようになったら、1階は移動が楽ですし、赤ちゃんがベランダから落ちる心配もないので安心です。赤ちゃんの時期はおむつがありますからごみも多くなりますし、ごみ出しや買い物といった重い荷物を赤ちゃんと一緒に持つのも1階であれば簡単です。1階であればママの負担を最小限に抑えられるでしょう。

子育て世帯が多い物件を選ぼう

物件を選ぶ際には、自分たちと同じような子育て世帯が多く住んでいる物件を選ぶとよいですよ。子どもが多く住んでいる物件であれば、泣き声がうるさくても、走り回って騒音がしても、お互いさまと思えるでしょう。

周りの人に迷惑をかけていないかと心配することが少なくなるだけでも、ママは気が楽になりますね。同じくらいの年齢の子どもがいたら、ママ友も作りやすいですし、子どもにもお友だちができる可能性が高くなるでしょう。

子育てはわからないこと、心配なことがあるでしょうから、相談できる人が身近にいるのは心強いことです。子育て世帯がたくさん住んでいるのであれば、その場所は子育てしやすいということでしょうから、生活もしやすいでしょう。

赤ちゃん連れに最適な環境を選ぼう

病院や公園が近いと子育てしやすい

赤ちゃんと一緒に生活するなら、子育てしやすく生活しやすいところを選びたいですよね。赤ちゃんはすぐ熱を出したり、予防接種をしなくてはならなかったりしますから、小児科がある病院が近くにあると安心です。

夜間もあいている救急病院が近くにあると、さらに安心です。子どもは夜に熱を出しやすいですし、休日も関係なく体調を崩しますから、救急病院にかかることも考えておいたほうがよいでしょう。

また、赤ちゃんとずっと家の中で過ごしているわけにもいきませんし、ママも赤ちゃんを外で遊ばせたいですよね。そんなときに、赤ちゃんを連れて公園に行くとよいでしょう。

公園でほかのお友だちと遊ぶこともできますし、いろいろな人と出会う機会にもなりますよ。

将来に備えて保育園や学校の近さも調べよう

赤ちゃんが保育園や幼稚園、小学校に行くまで引っ越し先に住む予定があれば、保育園や幼稚園、小学校の近いところに住むと便利ですよ。ママが働く予定がある場合、保育園が近くにあれば送り迎えの時間が短くなりますし、ママや子どもにかかる負担も少し軽くなるでしょう。

また、ママがしばらく働く予定がなければ、幼稚園に通わせるかもしれません。幼稚園はママがどこに通わせるか選ぶことができますし、通わせたい幼稚園があって環境もよければ、その近くの家を選ぶことも一つですね。

小学校は子どもだけで歩いて通いますので、防犯を考えれば通学路は短いほうが安全です。子どもの通学路の距離や、周囲が危なくないかを調べておくのも大切ですね。

周囲の治安は事前にチェックしておこう

子どもに関する事件が毎日のようにあり、ママも心配になりますね。子どもが事件に巻き込まれないようにするためにも、周りの環境の治安がよい場所を選びたいですよね。

まずはママとパパで物件の周りを歩いてみましょう。実際に歩いてみて、ゴミが多く捨てられている場所があったり、落書きがされていたりする場所があれば、周りの住人が治安に関心がない可能性があります。

そのほかにも、車の交通量や危ない道がないかも見ておいたほうがよいでしょう。車の交通量が多い場所や大きな交差点がある場所は、交通事故が多い場所ともいわれています。

周囲の治安や交通状況を事前にチェックして、できるだけ危険がなく子どもが安全に過ごせる場所を探したいですね。

赤ちゃんがいるファミリーにベストな間取り

1人目なら2LDKあたりが理想的

賃貸を選ぶ際のポイントや理想的な環境がわかったら、あとは物件の間取りはどんなものがよいのかが気になりますよね。子育てに理想的な間取りとして、2LDKあたりが理想的ではないでしょうか。

広い部屋を借りられたらよいですが、家賃が高くなりますし、狭すぎると荷物さえも収まらなくなってしまうかもしれません。2LDKほどの部屋数があれば、赤ちゃんがいる家族でも過ごしやすいでしょう。

赤ちゃんの夜泣きでみんなが寝不足になっては大変ですから、赤ちゃんとママで眠り、パパは別室で眠られるだけの部屋があると理想的です。赤ちゃんのための荷物も増えますから、その荷物を置くスペースもほしいですね。赤ちゃんが安心して遊べるスペースも作れるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj