就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦の不調の原因はホルモン?体のしくみを知って穏やかに過ごそう

妊婦の不調の原因はホルモン?体のしくみを知って穏やかに過ごそう

趣味や運動でストレスを発散させよう

「お腹の赤ちゃんに会えることを楽しみに、おだやかな妊娠生活を送りたい」とは思っていても、小さなことが気になってイライラしてしまうこともあるでしょう。

ある程度ストレスが溜まってしまうことは仕方のないことかもしれませんが、マタニティーブルーを予防するためにも、ストレスの発散は大切です。

お風呂にゆったり浸かる、好きな音楽を聴く、ノンカフェイン飲料やハーブティーを飲んでリラックスする、体調のよい日には運動するなどして、心身を落ち着かせるとよいでしょう。

とくに適度な運動は、出産時に必要となる体力をつける上でも効果的です。医師の許可が出ているのであれば、マタニティピラティスやスイミングなど、体への負担の少ないものに取り組んでみてくださいね。

つらいときは我慢せずに受診しよう

出産や育児への不安、体の不調などを感じるママは多いですが、ついひとりで悩みを抱え込んでしまうケースは多々あります。恥ずかしがらずにパパや両親、親しい友人、先輩ママなどに悩みを打ち明け、不安を抱え込まないようにしましょう。

何気ない会話の中で解決の糸口が見つかることもありますし、人と会話することで気分転換をすることもできるかもしれません。気持ちにゆとりを持ちながら、妊娠生活を送れるとよいですよね。

ただし、症状が重い場合には無理せず病院を受診しましょう。マタニティーブルーは一過性のものですが、重症化してうつ病になることもあります。妊娠中でも服用できる薬を処方してもらったり、専門カウンセラーによる心理療法を受けたりできますよ。

まとめ

妊娠中は何かと精神的に不安定になったり、些細なことでもイライラしやすいもの。目に見える母体の変化や妊娠中のマイナートラブル、体重増加などへの対処なども確かに大切ですが、精神面を落ちつかせ、ゆとりを持って過ごすことも必要です。

ホルモンバランスの影響である程度情緒不安定になることは仕方のないことですが、記事を参考にホルモンバランスを整えるコツを知っていただき、快適な妊娠生活を送れるようにしてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND