就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産内祝いの準備をしよう!マナーや贈るシーン別おすすめの品ご紹介

出産内祝いの準備をしよう!マナーや贈るシーン別おすすめの品ご紹介

出産内祝いという言葉は聞いたことがあっても、いざ赤ちゃんが生まれることになると、出産内祝いとはどんなものなのか、出産内祝いを贈るために、なにを準備すればよいのかわからないという人も多いですよね。この記事では、内祝いを贈る際のマナーや、シーン別に喜ばれるおすすめの品物を紹介していきます。

出産内祝いとは?送る時期と金額の目安

出産内祝いとはどんなもの?

赤ちゃんが生まれたときは、出産祝いの現金やベビー用品などをいただくことも多いですよね。このような贈り物のお礼には、「出産内祝い」として品物をお返しすることが一般的です。

また、「出産内祝い」は出産祝いのお返しだけでなく、日ごろからお世話になっている方へ、赤ちゃんが生まれたことを報告するときに用いられることもあります。出産祝いをいただいたかどうかに関係なく、「赤ちゃんが生まれたので、これからどうぞよろしくお願いします」という気持ちを込めて出産内祝いをお贈りするのです。

では、出産内祝いはどのような時期に贈るのがよいのでしょうか?また金額はいくらくらいのものを選べばよいのでしょうか?次にわかりやすく紹介していきます。

贈るタイミングに気を付けよう

一般的なマナーでは、出産内祝いは赤ちゃんが生まれて約30日後までに贈ることになっています。生後1カ月ごろはお宮参りの時期なので、そのころを目安に贈ると覚えておくと忘れないでしょう。

しかし、産後は赤ちゃんへの授乳やおむつ替えなど、慣れない育児であっという間に1日が過ぎてしまうものです。妊娠中のようにゆっくりとした時間がもてないかもしれません。そのため、出産の報告をしたいと思っている相手には、妊娠中からある程度は品物を選んでおくとよいでしょう。

出産内祝いを送ろうと思っていても、準備ができず遅れてしまうこともあるかもしれません。もし遅れてしまった場合は、品物にお詫びのメッセージを添えるようにしましょう。

金額の目安はどのくらい?

出産内祝いで気になることは、お返しの金額だという人もいるのではないでしょうか?少な過ぎると印象が悪くなりそうだし、多過ぎるとかえって相手に失礼になる場合もあります。お返しとしての出産内祝いは、いただいた半分の金額を目安に贈るのが一般的です。

しかし、出産祝いをベビー服などの品物でいただくと、金額がわからないこともあります。そんなときは、ブランド名や包みから推測するしかないでしょう。常識の範囲内であれば金額についてとやかくいうものでないでしょうし、気持ちの方が大切です。

また、仲のよい友人たちが合同で贈り物をしてくれたときは、品物を統一してお返しをするようにしましょう。1人ずつの金額は少なくてもかわいいお菓子など喜んでくれそうなものを選びましょう。

出産内祝いで知っておきたいマナー三つ

熨斗(のし)・表書きに関するマナー

熨斗のかけかたには、包装紙の上から熨斗をかける「外熨斗」と、内側にかける「内熨斗」があります。外熨斗は、品物を包装紙で包み、その上から熨斗をする方法で、引っ越しの挨拶など名前がパッと見てわかるほうがよい場合に用います。内熨斗は品物に直接熨斗をかけ、包装紙で包む方法です。控えめな熨斗のかけかたです。地域の風習にもよりますが、一般的に出産祝いは内熨斗のほうが好まれるでしょう。

表書きは、熨斗の上段に「内祝い」とします。下段に「赤ちゃんの名前」を記入するのがマナーです。名前の横にふりがなを添えるとわかりやすく覚えやすいですね。水引は蝶結びを選びましょう。何度も結びなせることから、繰り返したいお祝いに用いられています。

手渡しで贈る際のマナー

出産内祝いを贈るときは、郵送でも問題はありませんが、日ごろからお世話になっている親しい方には手渡しで気持ちを伝えたいものです。いくら親しいとはいえ、約束なしに伺うのはマナー違反です。相手の都合を伺い、アポイントメントを取りましょう。

約束をしても忘れることもあるでしょう。約束の前日には「明日伺いますが、よろしいでしょうか?」と連絡をするようにしましょう。遅刻はよくありませんが、約束より早過ぎるのも迷惑です。ちょうどの時間か、数分遅れて訪問するように心がけましょう。

手渡しなら、品物に直接熨斗をかけて風呂敷で包んでもよいでしょう。「お返し」という言葉は使わず、「心ばかりですが」といいながら渡すようにしましょう。

郵送で贈る際のマナー

出産後は何かと忙しいものです。出産祝いを手渡ししたいと思っても、遠方や時間が合わない場合は郵送しても失礼にはなりません。郵送なら、相手も都合のよいときに受けとれるのでお互いに気を使わなくてよいですね。

カタログで品物を選べば、そのまま先方へ届けてくれるサービスもあります。熨斗に子どもの名前や写真も入れてくれるので記念になります。産後に外出ができるようなら、お店で気に入ったものを購入し、郵送するのもよいですね。熨斗のかけかたがわからない場合は、店員さんに聞いてみるのも方法です。

郵送なら、入院中や育児が忙しくても利用しやすいのでよいですね。遅くとも産後2か月以内には先方へ届けられるように送る手配をしておきましょう。

両親や親族に贈りたいおすすめの品3選

近しい人だからこそ!【名入れギフト】

家族や親戚、いつも連絡を取り合っている仲良しの友達には名前入りギフトがおすすめです。新しく家族になった赤ちゃんの名前を早く覚えてもらえるメリットがあります。

お酒好きな人には、ワインのラベルに名前を入れるのがおすすめです。ワインを飲み終わるまでボトルがテーブルにあれば、見ているうちに名前を覚えてくれるでしょう。ワインを飲み終わっても、おしゃれなビンなら記念に飾ってもらえそうですね。

もっとお祝いの雰囲気を出したいときは、赤白のワインセットがおすすめです。1本目のラベルに名前を入れ、もう1本に赤ちゃんの写真や生年月日を入れてもらうなどデザインの幅も広がりそうです。実家のご両親への贈り物にしても記念になるので喜ばれそうですね。

日常で使って欲しい【タオル】

タオルギフトは贈る相手を選びません。家族、親戚、目上の方や子どものいる友人まで、みんなが使ってくれることでしょう。タオルを送るなら、タオル美術館がおすすめです。

タオル美術館のHPは用途別にタオルを選べるようになっています。まず、出産祝いを選ぶと、次に送る相手や予算から選んでいけるので便利です。的確なものを簡単に選別できるようになっているので、どんなタオルを選んでよいかわからないママは試してみてくださいね。

送る相手によって色合いや素材を変えるのもよいですね。親戚や目上の方、年配のおじいちゃんおばあちゃんにはシンプルな落ち着いた色合いのタオルがよいでしょう。お子さんがいる家庭や若い独身の友人ならカラフルで明るい色がおすすめです

ちょっと贅沢な品【グルメ】

赤ちゃんの誕生は、家族や親戚にとっても特別な記念日です。特別な日のお祝いには、贅沢なグルメを贈るのも喜ばれそうですね。網目がきれいな高級メロンや、いつもは食べられない国産うなぎ、お祝いの鯛やふかひれも特別感があってよいですね。

夏なら冷たいスイーツも嬉しいですね。郵送ならクール便で自宅にアイスクリームやシャーベットを届けることもできます。スーパーでは販売されていないような、産地直送のフルーツジュースやアイスも喜んでもらえるでしょう。

お肉好きな相手なら、宮内庁御用達の老舗「松喜屋」の近江牛がおすすめです。10,000円~20,000円程度で高級肉をすき焼き、しゃぶしゃぶ、焼き肉用など好みに合わせて贈ることができます。

職場の人に贈りたいおすすめの品2選

上質な品を選ぶ【上司編】

職場の上司に出産祝いをもらうと、気にかけてもらえて嬉しい反面、お返しには頭を悩ませてしましますね。家族のいる上司なら、家庭に持って帰ったとき家族に喜んでもらえるものがおすすめです。有名店の焼き菓子で日持ちするクッキーやマドレーヌならご家族と一緒に食べてもらえそうですね。

また、上司の趣味のものも喜ばれるでしょう。お酒好きな上司なら、ワインや日本酒など好みに応じて選びましょう。忙しい職場で、日ごろから疲れがたまっているようなら、普段買わないような少しリッチな入浴剤やマッサージができる癒しグッズもおすすめです。

しきたりを重んじる上司には、ブランドの焼き物のお皿やタンブラーのセットなど記念に残るものを贈りましょう。また、上質なタオルなら、お返しとして一般的に用いられるものでも高級感がありますね。上司の好みがわからない場合には、カタログギフトがよいでしょう。必要なものを選んでもらえるのでおすすめです。

上司への出産内祝いは上質な品物を選び、失礼にならないよう早めに贈ることを心がけましょう。

みんなで分けられるお菓子がベスト【同僚編】

同僚がみんなで出産祝いをしてくれたら、出産内祝いとしてのお返しは会社で分けてもらえるものがよいですよね。休憩中、お弁当の後やおやつタイムにワイワイと食べてもらえるお菓子がおすすめです。休憩時間が決まっていない職場なら、個包装のお菓子がよいでしょう。それぞれの机に配っておくこともでき、好きなときに食べてもらえるので便利です。

焼き菓子の中でも、ラスクは見栄えもよく量も多いのでおすすめです。価格もおてごろなものが多く、個包装の数が多くても金額が抑えられます。そのほかに、焼きドーナツもおすすめです。ドーナツは好き嫌いが少ないだけでなく揚げずに焼いているのでヘルシーです。

年配の方が多い職場なら、まんじゅうやせんべいなどの和菓子もおすすめです。とくにせんべいは季節問わず、軽い食感で味わうことができます。暑い時期でも傷みにくいので安心ですね。

同僚への出産内祝いで、ちょうどよい数のギフトが見つからない場合は、自分でラッピングするのもおすすめです。数種類のお菓子を小さい袋に入れて、手作りのメッセージをつければ感謝の気持ちが伝わるでしょう。

友人に贈りたいおすすめの品3選

おしゃれで気が利いた品

友人から出産祝いをもらったら、出産内祝いとしてどんなものを贈ろうかと迷ってしまいますよね。大切な友人だからこそ、おしゃれで気が利いた品物を贈りたいですよね。

女性への贈り物で人気のものといえば、やはりスイーツではないでしょうか。記念に残る品物を贈りたい場合は、甘いお菓子に添えてフワフワのタオルなど、使ってもらえそうな品物を贈るのもおすすめです。

クッキーと焼き菓子がセットになったアンリ・シャルパンティエのプティ・タ・プティ・アソートは、バラエティー豊かでかわいいお菓子が楽しめるため人気です。一口サイズなのでちょっとしたティタイムに好きなものを食べることができます。そのほか、高級な紅茶や女子力UPの美容品などももらうと嬉しいですよね。

子どもがいる友人におすすめの品

子どもがいる家庭へのギフト選びは楽しいものです。明るい雰囲気で見た目がかわいいデザインの品物を贈りましょう。家族で使ってもらえるものなら、ボディソープなどのお風呂グッズがおすすめです。また、子どもがいるとタオルは何枚あっても助かるものです。小さい子どもなら、ディズニーやサンリオ、トーマスなどのキャラクター商品も喜ばれるでしょう。

また、家族で食べてもらえるものも喜ばれること間違いなしですね。自然素材の果汁100%ジュースや無添加の食品なら小さい子どもがいても安心して食べることができるでしょう。やわらかいバームクーヘンなどの焼き菓子や、冷やせるゼリーは小さい子どもでも食べやすいのでおすすめです。

カタログギフトでお好みの品を

相手の好みがわからず、贈り物選びに迷ってしまうときは、やっぱりカタログギフトが無難ですね。いくら親しい友達でも、遠慮してほしいものがいいづらい場合もありますよね。カタログギフトなら、好みの品を誰にも気を使うことなく選ぶことができます。

カタログギフトといってもいろいろな種類があります。親戚や仕事関係には無難なカタログを選んでも、友人にはおしゃれなものを贈りたいですよね。ママ友への贈り物ならディズニーカタログはいかがでしょうか?タオルや食器類などかわいい日用品も豊富です。

リンベルなら出産内祝いとして贈れるカタログが2,000~50,000円代で13種類もあります。値段や好みに合わせて選ぶことができるのでおすすめです。

まとめ

おすすめの出産内祝いを紹介してきましたがいかがでしたか?出産内祝いは、出産祝いをもらったお返しに贈る場合と、お祝いをもらわなくても赤ちゃんの名前を覚えてもらうために贈る場合がありあます。

お返しの場合は、いただいた半額程度の品物を選びましょう。値段がわからないときはおおよそで大丈夫です。金額よりも、お礼の気持ちを大切にしたいですね。家族や親戚、友人や仕事関係などシーン別に好みの喜んでもらえる出産内祝いを贈るようにしましょう。

産後は忙しくなるので妊娠中からおおまかに決めておくとよいでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018