就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

思わずうなずく育児あるある!twitterや笑えるマンガをご紹介

思わずうなずく育児あるある!twitterや笑えるマンガをご紹介

育児をしていると、ストレスを感じたり悩んだりしますよね。あなたが抱える育児の悩みは、実は育児あるあるかもしれません。ここではそんなママの悩みやストレスを共有し、育児の疲れや悩みを笑いに変えてくれる漫画やほっこりした気持ちになれるtwitterなどを紹介します。

ママが育児にストレスを感じる理由あるある

思いどおりにならない精神的な辛さ

子どもが小さいと「ちょっと待ってて」という言葉が通じません。ただでさえ「やりたいことはたくさんあるのに何もできない」とストレスを感じることが多い育児中ですが、どうしても手を離せないときや、トイレに行きたいときでさえ、容赦なく「ママ〜」と泣き叫ばれることが日常茶飯事です。

気がつけば育児に追われて部屋は散らかったまま、予定していた献立も結局作れず納豆と味噌汁なんて日もあると思います。ママだってやりたいことを我慢して一生懸命育児をしているのに、パパから「部屋汚いね」「ご飯これだけ?」などといわれてしまったら我慢も限界です。

急いでいるときに子どもが飲み物をこぼし、服を着替えさせ、床を拭いている間に待ち合わせに遅刻してしまうなんてこともあるあるですよね。

眠りたくても眠れない肉体的な辛さ

出産後、今までは当たり前だった1人でゆっくり朝まで寝るという習慣が、贅沢な時間になってしまいます。卒乳まで時間がかかったり、下の子がすぐに生まれたりすると、気がつけば朝までゆっくりと眠れたのがいつだったか思い出すことすらできないという状況になってしまったママもいることでしょう。

3時間ごとの授乳が終わったあとも、3歳くらいまでは夜中にグズつくこともよくあり、朝までゆっくり眠れない日もありますよね。そのほかにも布団を跳ねのけていないかなど、気になってゆっくり眠れないママも多いようです。

深夜にいつまでたっても泣き止んでくれない赤ちゃんを抱え、あやしたり、授乳をしたりしながら涙を流した経験があるというママもいるようです。

自分主体で行動できるパパへの不公平感

「今からちょっとランニングしてきていい?」「どうしても行かなくちゃいけない飲み会があるんだけど…」など、出産前は笑顔でOKしていたパパの行動にイライラしてしまうことがありませんか?

子どもが産まれると、ママは夜の飲み会やスポーツなどはもちろん、買い物に行くのすら難しい状況になります。みんな自分がやりたいことを我慢したり、後回しにして頑張っていますよね。

積極的に家事や育児を手伝ってくれるパパだとしても、基本的なパパの生活スタイルは大きく変わることはありません。ママが1人で出かけるとしたら、時間的制約や前々から綿密な計画を立てる必要もあります。しかし、パパは自分主体で行動できてしまうので、このことに不公平感を抱いてしまうのです。

ママが育児に疲れる理由あるある

子どもを預ける人がいないワンオペ育児

パパや実家の助けを受けられず、ママが1人で育児をするワンオペ育児は、心身ともに疲れてしまいますよね。

仕事をしているママは、「慌ただしい朝を切り抜け、ギリギリ出社時間に間に合ったものの、睡眠不足とストレスでミスを連発してさらに落ち込んでしまう」、「退社時間ギリギリに頼まれた仕事にヒヤヒヤしたり、子どもの急な発熱で保育園に迎えに行かなくちゃいけないのに、なかなか抜けられなかったり、顔には出さなくても心の中では泣きたい気持ちと戦っている」などということがありますよね。

専業主婦のママも、育児に息詰まったときに子どもを安心して預けられる所がないと、子どもから離れることができず、ストレスで頭がパンクしそうになることもあるでしょう。

育児が孤独に感じてしまう2人きりの世界

産後うつ、産後クライシスという言葉を聞いたことがありませんか?これは出産するとホルモンのバランスが変化し、孤独や不安を感じやすくなってしまうことが原因の一つといわれています。

また、昔と比べて現在は、地域の関わり合いも簡素化され、核家族化が進んでいます。ワンオペ育児をしているママは、我が子の成長が平均的な目安よりも発達が遅れていたり、何かトラブルがあったとき、本当はママは何も悪くないのに、ついつい「私のせいで…」と考えてしまったり、育児へのプレッシャーを感じてしまったりするものです。

周囲のサポートに恵まれていたとしても、育児への考え方は人それぞれなので、考え方の違いから「誰も分かってくれない」と孤独を感じることもあるでしょう。

子どもを守らないといけないプレッシャー

「子どもが風邪をひかないように」「事故にあわないように」愛する我が子を守るためにママが日常生活で気にかけなければいけないことがたくさんあります。その上、子どもを守らないといけないというプレッシャーが容赦なく肩にのしかかってきます。常にアンテナをはった状態でいると心身ともに疲れてしまいますよね。

「汗かいていないかな?」
「よだれで服が濡れていないかな?」
「寒くないかな?」
「ちゃんと栄養はとれているかな?」
「危ない物はないかな?」
「目の届く範囲にいるかな?」

これらは子どもを守るためにママが注意していることのほんの一部分で、気にかけなければならないポイントは多岐に及びます。本当に大変なお仕事ですよね。

twitterでみんなの育児をのぞこう

胸キュンアカウント!ハッピー子育て

「ハッピー子育て」は見ているだけでほっこり、気持ちが和むような写真が投稿されていたり、子育てに役立つ情報や、子育てに関する名言、かわいいキャラ弁や子ども部屋のアイディアなども紹介されていたりします。

以下はピックアップしたツイートの内容です。

『子どもは安心できる人の前でしかだだをこねません。グズるのはあなたを信頼しているからです。
親の前ではいい子なのに、保育園や幼稚園でだだをこねる子の方が心配です』

『おいしいホットケーキが食べたい!
①市販のホットケーキミックスの記載の分量から牛乳を20ccほどへらす
②溶かしバターとみりんを各大さじ1ずつ足す』

ママの心を解きほぐしてくれる一言や、暮らしを楽しくするちょっとしたヒントが嬉しいですね。

今話題!育児あるあるビンゴ

育児中ならやらずにはいられない!?育児あるあるビンゴがtwitterで話題になったのをご存知ですか?このビンゴは漫画家の横山了一さんと加藤マユミさん夫妻が、育児中によく思うことを25ますの中に書き入れたものです。

ますの中には、『頼むから寝てくれ』『だっこで腰痛い』『ティッシュ出すなや』『ゆっくり映画観たい』『じっくり買い物させて』など「あるある!」と共感できる言葉で埋め尽くされています。

あなたも育児あるあるビンゴで何列揃うか?やってみてはいかがでしょうか。ほかのパパやママの本音を知ることができ「育児中に◯◯と思っているのは私だけじゃないんだな」とほっとした気持ちになることができるかもしれませんよ。

笑える!途中から育児の話になるポエム

「途中から育児の話になるポエム」は育児のあるあるをおもしろおかしくポエムにしたツイートです。タイトルの通り、どこか聞き覚えのあるような美しいポエムで始まり、途中から育児のあるあるになるのですが、その展開に「そうきたか!」と思わず笑ってしまいます。

以下はピックアプしたツイートの内容です。

『君の瞳にこの景色は どんな風に映るのかな 目の前に広がる この色とりどりの景色 見えているかな こんなにたくさんおかず並んでいるのに ふりかけご飯しか見えてないのかな』

『僕の腕の中で 穏やかに眠る君 このまま二人 ずっと離れない そう思っていたのに 目を開けると君はいなくて 部屋の端まで転がっていた』

育児マンガで疲れを吹き飛ばそう

1人息子を育てるママのあるある漫画

子育て漫画を育児サイトや自身のインスタグラムに連載しているユキミさんは、1人息子を育てるママです。

ユキミさんが描くあるある漫画が人気を集めている理由は、「あるある」と共感しつつ笑えるからではないでしょうか。ユキミさんの育児中のエピソードをご自身の自虐ネタを交えながら紹介されており、イラストもおもしろく描かれています。

ユキミさんの漫画の中でもとくに「育児のこれが現実だシリーズ」が人気があり、育児に対するイメージとギャップの2コマ漫画です。例えば、首がすわったらおんぶして家事ができるよという話を聞き、期待に胸を膨らませてやってみたものの…現実はとても大変だったという様子が面白く描かれています。

兄弟を育てるママのあるある漫画

ぴーこさんも育児サイトや自身のブログやインスタグラムに漫画を連載している人気の漫画家です。2人の男の子を育てる、巻き髪とカラコンは欠かせないという、関西系のママです。

ぴーこさんの日々の育児のエピソードを綴った漫画を読んでいると、共感して笑える場面や、ときには温かい気持ちになるような場面がよくでてきます。そのほかにも、シュールに描かれたアンパンマンのパロディ漫画も面白いですよ。

男の子ならでは、兄弟を育てるママが共感できるあるあるエピソードもよく取り上げられています。笑えたり、泣けたり、「うちの子だけじゃなかったんだ」とほっとできることもあるかもしれません。男の子を育てているママはぜひ見てみてくださいね。

赤ちゃんの考えがわかるかも!バブンスキー

バブンスキーはまだ言葉を話すことができない赤ちゃんの目線を通した世界がコミカルに描かれている漫画です。育児漫画は女性が描くことが多いですが、バブンスキーの著者、ルノワール兄弟の上田さんと友近さんはなんと男性2人組のコンビというから驚きです。

2人ともイクメンパパのようで、おむつ替えをしたり保育園の集まりに参加したりしているようです。そんな2人のパパが描く漫画は設定も個性的で、バブンスキーという名前のスナックで赤ちゃんたちが集まり、パパやママへの本音を語り合うという内容です。

我が子のためと思い、ときに涙ぐましいまでの努力をするママ、子どもが喜ぶと思ってあやしているパパ、そんな姿を赤ちゃんがどう見ているかをおもしろく、ときに感動的に描かれています。

育児はママにしかわからない苦労がいっぱい

心の悩みをためこまずに吐きだそう

心の悩みは自分の中にしまっておいても、モヤモヤはなかなか消えてくれません。そのため意識的に吐き出すことが大切です。

今すぐにでもできることとしておすすめなのが、自分の気持ちを書きだしてみることです。自分の気持はちゃんと分かっているつもりでも、文字にして書きだしてみることで客観的に見つめなおすことができるといわれています。その結果、問題解決の糸口が見つかることもあるかもしれません。

育児について専門家の意見を聞いてみたいときは、全国各地にある子育て支援センターで相談することもできます。また、ママ友に悩みを打ち明けてみるのもよいでしょう。意外とみんな悩んでいることは同じだったりするものです。その事実を知るだけでも心が軽くなるかもしれませんよ。

大好きな漫画や本に没頭してみよう

あなたには大好きな本がありますか?もしあれば、すぐに取りだせるところに置いておきましょう。

ストレスや悩みでパンクしそうな頭をリフレッシュするために、お気に入りの漫画や本に没頭することが効果的だといわれています。イギリスのサセックス大学の実験によると、約7割の人が6分間の読書でストレスが軽減されたという結果があるようです。

すべてを忘れて楽しめる漫画や本を用意しておくとよいかもしれませんね。とはいうものの、育児中のママは大忙しです。「読書を優雅に楽しんでいる時間なんてない」かもしれません。そのような場合は、お気に入りのページにしおりを挟んでおきましょう。ほんの数分間でも、笑ったり、文章を味わったりすることができ、よい気分転換になりますよ。

自分なりのストレス解消法を見つけよう

ストレスはできればすぐに解消したいものですよね。カラオケで大声で歌う、寝る、運動をする、好きなものを食べる、などなど…世の中にはストレス解消法といわれるものがたくさん存在します。

しかし、育児中はランニングなど外での活動は難しく、新たにストレス解消方法を発見しなければならないこともあるでしょう。そこでポイントとなるのが「何をしていると心が軽くなるか」です。人それぞれ性格が違うので、何がストレス解消になるのか分かりませんよね。

また、ストレスの原因をよく考えてみましょう。育児以外にも「部屋が汚い」など小さな要因が隠れていることがあります。その場合、掃除が嫌いでもちょっとだけ頑張ればストレスが緩和されるかもしれませんよ。

まとめ

育児に悩みやストレスはつきものですよね。あなたも共感できるエピソードを見つけることができたでしょうか?

育児をしていると、自分だけが悩んでいたり、ほかのママが立派に見えたりすることもあるでしょう。しかし、隣の畑が青く見えるのと同じ!みんなあなたと同じように悩んだり、ストレスを抱えたりしながら育児をしているはずです。

辛いときは、笑える育児漫画を読んだり、だれかに相談してみたりするとよいでしょう。きっと心が軽くなると思いますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018