就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠すると保育園はどうなる?上の子、お腹の子の対応について

妊娠すると保育園はどうなる?上の子、お腹の子の対応について

2人目以降の妊娠がわかると、上の子をどうすればよいかと心配になるママも多いものです。保育園によっては、産休をとると上の子は退園になってしまうこともあるでしょう。この記事では、下の子を妊娠した場合に続けて保育園を利用できるのかどうか、激戦区でお腹の子の保育園を予約するタイミングについて紹介します。

妊娠した場合、上の子の保育園利用は?

産前、産後は保育園の利用ができる

上の子と年が離れずに下の子の妊娠がわかれば、専業主婦でも活発な上の子に一日中つき合うことは一苦労ですよね。妊娠中はつわりでしんどいだけでなく、精神的にも不安定になりがちです。

共働きや特別な理由がなければ保育園には預けられない、と思っているママも多いのですが、産前産後は上の子を保育園で預かってもらえる市区町村もあるのです。ホームページの保育に関するページでは産前産後の保育について記載がない場合もありますが、保育園の案内には「母親の出産などの理由は保育が必要と認められる」といった内容が書かれていることもあるでしょう。

預けることができる期間やそのほかの条件は、預け先によって異なるため、保育園に確認してみてくださいね。

切迫流産、切迫早産だった場合

妊娠が順調なら時間をかけて上の子の預け先を探すことができても、切迫流産や切迫早産など即入院しなければならない事態になってしまったら、いったいどうすればよいのでしょうか?

妊婦健診で「早産の危険があるので、今日入院してください」といわれることも珍しくありません。入院したから、すぐに子どもを預かってほしいと保育園に申し出ても、手続きや先方の事情で受け入れてもらえないでしょう。

切迫流産や切迫早産など入院が必要になる可能性があれば、早めに医師の診断書を書いてもらいましょう。申請すれば、通常の保育期間を延長してもらえる場合があります。市区町村によって保育期間や申請方法が違うので、早産が心配なママは確認しておくようにしましょう。

保育園が無理なら一時保育を検討

妊娠中に上の子を保育園に預けたいと思っていていても、保育の認定がおりる条件に当てはまらないことや、定員がいっぱいで受け入れてもらえない場合もありますよね。そんなときは、保育園の「一時保育」を検討してみてはいかがでしょうか?

一時保育とは、保護者の病気や出産、看護、冠婚葬祭などやむを得ない事情がある場合、一時的に保育園で子どもを預かってもらえる制度です。通常の定員がいっぱいでも、一時預かりの枠が空いている日があれば受け入れてもらえるでしょう。

保育園の一時保育は、1日2,000~3,000円程度で預かってもらえる園がほとんどです。保育園によって料金が違っているので問い合わせてみるとよいですね。

妊娠発覚後に上の子が在園中のときの対応

保育園に妊娠報告するタイミング

保育園に下の子の妊娠を伝えるタイミングは、安定期に入ってからというママが多いようです。無事に生まれる確率が高くなってから伝えたい、先生にも余計な気をつかわせたくないとの思いがあるならよいタイミングですね。

妊娠がわかれば、上の子に「もうすぐお兄ちゃんになるね」という声かけをする家庭もあるでしょう。上の子はパパやママの前ではいつもと変わらないように見えても、不安を感じ情緒不安定になっている場合があります。保育園で急に乱暴になったり泣き出したりすることもあるかもしれません。

早くから先生に「ここだけの話ですけど…」と妊娠を報告しておくのも方法です。上の子の変化に気づいたら、適切な言葉かけや対応をしてくれることでしょう。

妊娠を理由に退職する場合

妊娠がわかると、それをきっかけに退職を決断するママもいますね。上の子を保育園に預けている場合は、退職したことを先生へ報告するようにしましょう。保育園は共働きでなければ預かってもらえないと思っているママも多いかもしれませんが、退職しても求職している場合や出産のために引き続き預かってもらえることがほとんどです。

退職を伝えて、退園させられたらどうしようかと不安になり、退職を伝えられなくても年に1度の就労状況を提出するときにわかってしまいます。どうしても保育園に通わせたい場合は、退職する前に、退職したら上の子はどうなるかを担任の先生に聞いておくと安心ですね。

市区町村によって、保育の条件が違っているので調べてから退職を決断しましょう。

ママが育休をとった場合

育休を取って家庭で子育てができる状況でも、すぐに上の子が退園になるということではないようです。保育の条件に産前産後や出産のためという記載があると思います。近くに子どもを預かってもらえる人がいないために、保育園を利用しているのであるから、もちろん出産時も預かってはもらえないということになりますね。

妊娠中や産後は、ママが就学前の子どもの世話を1人でするのは大変ですし、無理をすると母子ともに危険な状態になります。そのために保育園で預かってもらうことができるようになっていることが多いでしょう。

しかし保育園で預かってもらえる基準は、市区町村によって違っているので住んでいる自治体に問い合わせてみてくださいね。

妊娠中からお腹の子の保育園予約はできる?

0歳児の保活は妊娠中がおすすめ

0歳児から保育園に預けて働きたいと思っているママは、妊娠中に保育園選びをするのがよいでしょう。妊娠中なら赤ちゃんがお腹の中にいるので、産後よりは時間を気にせず自由に動くことができます。市区町村の窓口で保育の説明を聞いたり、申請用紙の受け取りにも行きやすいメリットがあります。

どの保育園に通わせるか、実際に見て決めたいと思うママも多いでしょう。保育園の見学や説明を聞きに行くのも、妊娠中なら時間が取りやすいですよね。保育園は、通わせたいと思っても即日から預かってもらうことはできないものです。書類のやり取りや、お互いに話をした上で入園が決まります。

もっと早くから聞いておけばよかった…とならないためにも、妊娠中から調べておきましょう。

出産前から保育園の申し込みが可能

0歳から保育園に通わせるということは、生まれてからの申請では入れるかどうかもわからないし、慣れない子育てをしながらの手続きは大変ですよね。そこで、妊娠中から入園の仮予約ができる自治体も増えてきています。

2月に生まれた子どもが4月からの入園を希望する場合は、出産から入園まで日数が少ないですよね。そのため、妊娠中の1月ごろまでに仮申し込みをしておけば、枠が確保されるというわけです。無事に出産を終えたら、改めて申し込みをするという自治体もあります。

子どもが生まれた後に正式な申し込みをしなければ、自動的にキャンセルになってしまうこともあります。自治体によって日程や条件などが違っているので、よく調べておきましょう。

上の子が在園中だと保育園は入りやすい

保育が必要と認められる条件はいろいろあります。

・夫婦共働き
・父子家庭または母子家庭
・認可外の保育施設に通っている
・生活保護の対象世帯
・特別な支援を要する子ども
・兄弟が在園中である

入園の条件は市区町村によってさまざまで、上記のほかにも条件がありますが、より多くの条件を満たす子どもが、保育所に入園しやすいという地域が多いでしょう。例えば、同じ共働きの世帯で条件がそろった場合は、兄弟が在園中のほうが入りやすいとなることもあります。兄弟が在園中で加点対象になれば、2人目以降は入園しやすい場合が多いのです。

共働き世帯の多い激戦区では、このように条件の数が入園のポイントになることもあるので、事前に調べておくようにしましょう。

まとめ

妊娠がわかると上の子の預け先が心配になってきますね。産休や育休をとったり子どものことを考えて退職という決断をしても、出産のためならそのまま保育園を利用できる場合があるので助かりますね。

産後に赤ちゃんを連れて保育園の見学に行くのは大変です。妊娠中なら時間を気にせずでかけることができるため、産前に市区町村の窓口で説明を聞いたり申請書をもらってくるという方法もあります。

もっと早くから聞いておけばよかった…とならないためにも、激戦区の場合は特に早めに行動して、後悔のないようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018